登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
尾瀬ヶ原(燧ケ岳及び至仏山) 燧ケ岳 至仏山(関東)
img

記録したユーザー

renge さん

この登山記録の行程

【1日目】
鳩待峠(10:00)・・・横田代・・・アヤメ平・・・富士見小屋・・・富士見峠・・・白尾山・・・富士見峠・・・富士見小屋・・・富士見峠・・・八木沢橋・・・見晴(下田代十字路)(15:30)

【2日目】
見晴(下田代十字路)(05:50)・・・燧ヶ岳分岐・・・柴安嵓(08:54)[休憩 66分]・・・俎嵓(10:14)・・・ナデッ窪道分岐・・・浅湖湿原・・・尾瀬沼東岸(12:17)

【3日目】
尾瀬沼東岸(06:10)・・・三平下・・・皿伏山分岐・・・白砂峠・・・燧ヶ岳分岐・・・見晴(下田代十字路)(08:57)[休憩 113分]・・・竜宮十字路(11:12)・・・牛首分岐(尾瀬ヶ原三又)(11:45)[休憩 5分]・・・牛首・・・山ノ鼻(12:28)

【4日目】
山ノ鼻(05:00)・・・至仏山(07:34)[休憩 60分]・・・小至仏山(08:52)・・・オヤマ沢田代・・・鳩待峠(10:10)

総距離 約46.6km 累積標高差 上り:約2,679m
下り:約2,679m
コースタイム 標準:20時間45分
自己:19時間21分
コースタイム倍率 0.93
 全般的に湿っているため、至仏山もしくは燧ケ岳に登る場合はスパッツは必須です。また、近々に雨が降った後は登山道が川のようになっている箇所もありますので、靴等の防水はしっかりして行った方が良いと思います。
 初日は鳩待峠から皿伏山経由で尾瀬沼に行こうと思いましたが、すれ違った方に途中けっこう深い川になっている箇所があると助言をうけ、目的地を見晴キャンプ場に変更しました。見晴キャンプ場はカレー、焼肉定食等が食べられます。店主さんと少しお話しして山の状況の情報を得ました。お風呂も入れます。結構狭いので周りの状況を見て入った方が良いと感じました。テント場の近くに無料休憩場があり非常に助かりました。トイレも様式で結構きれいでした。
 翌日、燧ケ岳に向け出発。昨夜から朝にかけて雨が降ったので、木道がかなり滑りました。山頂までほとんどが森の中で景色がよく見えず、かつ道が川のようになっており結構精神的に辛かったです。大きな石が現れるあたりから景色がひらけてきます。山頂は尾瀬ヶ原から至仏山が見通すことができ、登ってよかったーと思える景色が見れます。結構広いので、お湯を沸かして昼食にしました。下山も下の方になるとまた道がぬかるんでおりかつ樹林帯なので精神的にきつかったです。尾瀬沼ヒュッテのテント場は下が木になっており非常に使いやすかったです。結構早くついたので、濡れたものとその木の上で乾かしたりできました。裏に沢があり、裏道を通ってそこまで到達できました。色々冷やすのにいいかも。お風呂も入れて風呂上がりのビールが最高でした。結構気の利く、柔道をやってそうな若いバイトの店員さんがいました。またこの日の夜も雨が降りました。
 3日目、山の鼻に向け出発。途中、見晴で焼肉定食とビールを注文しました。この辺から結構登山者ではなく観光客の方々が増えてきました。日陰が何もないのでかなり焼けました。ずっと平らなので非常に楽チンでした。山の鼻のキャンプ場についたら、ちょうど関西かどっかの登山(?)サークルの団体が出発するところでした。あと1日ずれていたらこの人たちと同じ場所で寝なければならなかったと思うと、ほんと危なかった。ここには20:30までやってるバーがありました。オススメのおつまみなんですか?と聞いたところ、タコの唐揚げとのことでした。なんで群馬の山の中で海産物?と思いましたが注文したところ、確かにプリプリしていて美味しかったです。また、夜になると雨が降りました。深夜、トイレに行くとカエル(ヒキガエル?)が2匹ほど木道の上を歩いていました。
 4日目、至仏山に向け出発。天候はあまりぱっとしませんでしたが、雨は降っていなかったので予定通り登ることにしました。途中、雲が少しなくなると、幻想的な情景が観れました。しかし、山頂は雲の中で1時間ほど粘りましたが晴れず、下山しました。蛇紋岩が下りの経路にかなりあり、本当にすごく滑るので閉口氏ならが降りました。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、ナイフ、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、テント、シュラフ、テントマット、マット(個人用)、ライター、コッヘル、カトラリー・武器
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

rengeさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

renge さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年3月29日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
NEW 冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」
冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回はエクスペドの「ビビィブーティ」をテスト! その使い勝手は…
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...