登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
裏銀座縦走 烏帽子岳・野口五郎岳・三俣蓮華岳・双六岳・槍ヶ岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

サトシ さん

この登山記録の行程

【1日目】
高瀬ダム(06:00)・・・ブナ立尾根登山口(06:26)・・・三角点(09:51)[休憩 5分]・・・烏帽子小屋(11:40)[休憩 100分]・・・山頂分岐(13:55)・・・烏帽子岳(14:24)[休憩 10分]・・・山頂分岐(14:45)・・・烏帽子小屋(15:20)

【2日目】
烏帽子小屋(04:50)・・・三ッ岳北峰(06:20)[休憩 5分]・・・野口五郎小屋(07:40)[休憩 10分]・・・竹村新道分岐(08:35)・・・東沢乗越(09:44)[休憩 5分]・・・水晶小屋(10:40)[休憩 10分]・・・ワリモ北分岐(11:24)・・・岩苔乗越(11:33)・・・徒渉点(12:38)[休憩 5分]・・・三俣山荘(14:10)

【3日目】
三俣山荘(05:20)・・・三俣蓮華岳(06:15)[休憩 5分]・・・双六岳(07:43)[休憩 5分]・・・双六小屋(08:35)[休憩 10分]・・・硫黄乗越(09:56)・・・千丈沢乗越(12:03)・・・槍ヶ岳山荘(13:40)[休憩 30分]・・・槍ヶ岳(14:37)[休憩 5分]・・・槍ヶ岳山荘(15:06)

【4日目】
槍ヶ岳山荘(05:50)・・・槍ヶ岳殺生ヒュッテ(06:20)・・・グリーンバンド(06:50)・・・天狗原分岐(07:09)・・・水俣乗越分岐(07:39)・・・ババ平(07:56)・・・槍沢ロッヂ(08:15)[休憩 10分]・・・一ノ俣(08:53)・・・横尾(09:34)[休憩 10分]・・・徳沢(10:36)[休憩 25分]・・・明神(11:42)・・・河童橋(12:23)[休憩 30分]・・・上高地バスターミナル(13:00)

総距離 約49.6km 累積標高差 上り:約4,897m
下り:約4,665m
コースタイム 標準:32時間25分
自己:30時間56分
コースタイム倍率 0.95
ブナ立尾根はきついですが、ゆっくり上れば問題ない。
烏帽子岳は山頂付近が岩場のため面白い。
烏帽子小屋のスタッフさんはみんな親切で笑顔が気持ち良い。
テント場は小屋から少し遠い。
烏帽子小屋から野口五郎岳を経て水晶小屋まで気持ち良い稜線が続く。
水晶小屋手前の登りが若干つらい。
水晶小屋からワリモ北までまた気持ち良い稜線。
ワリモ北分岐で失敗、鷲羽岳方面に行けばよかった。
三俣山荘はきれいで水が豊富なので人気がある、とても混雑していた。
テント場と小屋は少し距離があるが、テント場にも水場があり冷たくておいしい水が無料。
小川でお酒を冷やしている人もいて、うらやましかった。
三俣蓮華岳は有名な山々が見渡せるのでとてもよかった、晴れていれば最高だと思う。
双六岳から双六小屋までの広くて緩やかな稜線はおすすめ。
双六小屋もとてもきれいです。私は利用していませんが水は無料でした。
双六小屋から千丈乗越までは見通しが悪かったのと、何度も上り下りを繰り返していたので、途中で飽きてきた。途中鎖が数か所出てくるが、1か所だけ危ないところがあった。
千丈乗越から槍ヶ岳山荘までは急登、終盤のためかなりきつい。
槍ヶ岳はあいにく見通しが悪く何も見えなかったが空いていた。快晴だと混んでいたのでしょう。どっちが良いのでしょうか。
槍ヶ岳山荘のスタッフさんはあまり気持ちの良い接客とは言えませんでした。
私の前にチェックインした人は怒って文句言ってました。
私はお世話になるのである程度はがまんすればよいのにと思いますが。
槍ヶ岳から上高地まではとにかく長い、横尾あたりからほぼ平坦な道が続く。
今度からは違うところに降りようと思う。

登山中の画像
登山画像
1日目朝七倉山荘前でタクシー待ち
登山画像
タクシー車内から高瀬ダム格好良い
登山画像
高瀬ダムここから登山開始
登山画像
不動沢トンネル入口
登山画像
トンネル内を歩く
登山画像
トンネルを出てすぐ不動沢吊橋を渡る
登山画像
しばらく砂道を歩く
登山画像
濁沢キャンプ場
登山画像
ブナ立尾根登山口 12番ここから急登開始
登山画像
ごんだ落し 9番
登山画像
中休み 6番
登山画像
三角点 4番
登山画像
やっと烏帽子小屋 0番とりあえずテント設営後に…
登山画像
ニセ烏帽子岳
登山画像
本物の烏帽子岳
登山画像
烏帽子岳の一番高い岩(近すぎ)
登山画像
烏帽子岳を下山途中に高瀬ダムとダム湖が見えた…
登山画像
2日目朝烏帽子小屋付近から餓鬼岳方面
登山画像
今回の山行で唯一のご来光
登山画像
すごくきれいでした
登山画像
ここで槍ヶ岳登場明日あのてっぺんに立っている(…
登山画像
三ツ岳西峰
登山画像
三ツ岳西峰から烏帽子岳方面立山や鹿島槍も
登山画像
赤牛岳と
登山画像
水晶岳
登山画像
野口五郎小屋
登山画像
野口五郎岳山頂
登山画像
これから進む稜線真砂岳と赤岳の上に水晶小屋そ…
登山画像
真砂分岐
登山画像
槍ヶ岳の北側荒々しい
登山画像
東沢乗越
登山画像
野口五郎岳を見返す
登山画像
黒部湖も少し見える
登山画像
水晶小屋を通過し水晶岳への分岐水晶岳は来年目…
登山画像
薬師岳が見える
登山画像
ワリモ北分岐を岩苔乗越方面へ鷲羽岳も来年に
登山画像
岩苔乗越を三俣山荘方面へここからかなり下る
登山画像
三俣蓮華岳
登山画像
西側から見る鷲羽岳
登山画像
黒部川水源地標ここから上り返すこのルート時短…
登山画像
三俣山荘のテント場ここで2日目終了自分のテント…
登山画像
3日目の朝は曇りテント場を出発三俣山荘と鷲羽岳…
登山画像
三俣蓮華岳への途中本日の目的地の槍ヶ岳が見える
登山画像
三俣峠双六小屋への巻道との分岐ここからガスが…
登山画像
三俣蓮華岳山頂に到着槍ヶ岳方面ガスで景色があ…
登山画像
鷲羽岳、水晶岳、祖父岳
登山画像
雲ノ平の向こうに薬師岳
登山画像
黒部五郎岳撮影場所が悪かった
登山画像
双六岳への途中丸山から再度黒部五郎岳山頂が雲…
登山画像
中道ルートへの分岐見通しが良くなる
登山画像
来た道を振り返る鷲羽岳の右は野口五郎岳でしょ…
登山画像
双六岳山頂に到着やっと黒部五郎岳が撮れたでき…
登山画像
笠ヶ岳きれいな稜線が続いている
登山画像
気持ちの良い稜線が槍ヶ岳に向いて続いている
登山画像
中道ルートと合流
登山画像
巻道ルートと合流
登山画像
双六小屋に到着
登山画像
双六小屋を出て振り返る
登山画像
最後の鷲羽岳稜線の左下には本日出発した三俣山…
登山画像
樅沢岳山頂鷲羽岳まだ見えました
登山画像
この辺りからまたガスに包まれる
登山画像
槍が全く見えない中を登ったり下ったり
登山画像
見えるのは標識だけ硫黄乗越
登山画像
山は見えない中を登ったり下ったり
登山画像
標識は見える左俣乗越
登山画像
山は見えない中を登ったり下ったり
登山画像
標識は見えるようやく千丈乗越で、ここからが想…
登山画像
槍っぽいが槍ではない
登山画像
槍っぽいが槍ではない
登山画像
もはやどれが槍かわからないと、ようやく本物の…
登山画像
槍ヶ岳肩
登山画像
槍ヶ岳山荘に到着
登山画像
山荘側から振り返ると見慣れた形の槍ヶ岳
登山画像
予想通りテント場は満席なので本日は小屋泊手続…
登山画像
槍ヶ岳山頂空いていたのであっという間だけど景…
登山画像
景色が見えないのですぐ下りる下りは若干怖いこ…
登山画像
4日目朝完全にガスに覆われ槍ヶ岳もぼんやり
登山画像
上高地まで下山開始本日のメインは標識の写真
登山画像
槍ヶ岳分岐
登山画像
殺生分岐
登山画像
播隆窟
登山画像
ヒュッテ大槍への分岐名称が撮れていない
登山画像
雪解け水が冷たい
登山画像
天狗原分岐
登山画像
この辺りからは視界が良くなるが山は見えない
登山画像
巨大な石が雪の上に乗っかっているどこから飛ん…
登山画像
大曲
登山画像
山の写真はやはり撮れない
登山画像
ババ平
登山画像
槍沢ロッヂ
登山画像
北アルプスの案内板4日で上から下まで歩いた
登山画像
二の俣
登山画像
一の俣
登山画像
きれいな滝iPhoneではうまく撮れない一眼レフと…
登山画像
横尾に到着穂高の山々は雲の中
登山画像
新村橋
登山画像
徳沢に到着徳澤園西側の小川がきれいでもiPhone…
登山画像
明神に到着山が全く見えない
登山画像
終点上高地に到着これで4日目終了
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、テント、シュラフ、マット(個人用)、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

サトシさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    初氷観測。稜線草紅葉色づいてます。めっきり寒くなり秋山装備で(ダウンや手袋、帽子も)
    20年09月24日(木)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    双六岳周辺や黒部五郎岳カール、弓折岳周辺では、 9月下旬~10月上旬頃が紅葉の見ごろと予想しています
    20年09月24日(木)
  • 燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    日に日に変わってゆく山肌の色。秋山を楽しむためにしっかりとした装備を
    20年09月24日(木)
    太郎平小屋~薬師岳・雲ノ平・高天原
    太郎平小屋
    朝の気温は10℃を下回る日も出てきました。もう夏の気候ではなくなっています
    20年09月02日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

サトシ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年9月28日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
秋田白神 紅葉の森の魅力
秋田白神 紅葉の森の魅力 世界遺産にも認定された白神山地。藤里駒ヶ岳、二ッ岳、小岳など秋田白神の自然の魅力を紹介します。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...