登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
1年越しの奥穂高登山とテント泊 奥穂高(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

山達人 さん

この登山記録の行程

【1日目】
上高地バスターミナル(06:05)・・・河童橋(06:10)・・・岳沢小屋(07:45)[休憩 10分]・・・岳沢パノラマ(09:30)[休憩 5分]・・・紀美子平(10:35)[休憩 25分]・・・最低コル(11:35)[休憩 5分]・・・奥穂高岳(13:00)[休憩 30分]・・・穂高岳山荘(14:30)

【2日目】
穂高岳山荘(04:30)・・・涸沢岳(05:00)[休憩 30分]・・・穂高岳山荘(06:00)[休憩 70分]・・・ザイテングラート取付(07:30)・・・涸沢(09:05)[休憩 35分]・・・本谷橋(10:40)・・・横尾(11:25)[休憩 5分]・・・徳沢(12:15)[休憩 90分]・・・明神・・・河童橋(15:00)・・・上高地バスターミナル(15:05)

総距離 約26.0km 累積標高差 上り:約2,393m
下り:約2,393m
コースタイム 標準:15時間30分
自己:13時間55分
コースタイム倍率 0.90
1泊2日の奥穂高登山で
去年計画していたが雨と台風で2度の計画変更から断念。。。
今年こそと、期待に胸を膨らませていたが台風発生によりころころと
変わる週間お天気、、、そして出発前日まで台風がそれ始めて
どの天気予報も信州から西は晴れの予報!!!
いざ出発!!初めての重太郎新道!!
初めての吊尾根!!初めての奥穂高3,190m!!初めてのテント泊

①上高地~岳沢小屋(1.6H)
 樹林帯を抜けて快調に到着!ペース配分の3分の2程度で来れた。
 急ぐことはなかったけどアドレナリンが出ていたようだ。
②岳沢~岳沢パノラマ~雷鳥広場~紀美子平(3H)
 名物はしご、鎖、岩場の連続。ココに来てテント装備が重く肩にのしかかる。
 ペース配分がガクンと落ちる、、、(足を止めず、ゆっくり確実に上る)
 とはいえ、地図上の時間通りに足を進めることができた。
 今振り返るとこの区間が一番の正念場だったと思う。
(終始、先頭を歩いてくれた相棒に感謝!!)
③紀美子平~吊尾根~奥穂高山頂(2H)
 小休止後に前穂高へ行くか考えたが予想以上の疲労に
 今回はパスし奥穂高を目指すことにする。
 気を抜けない吊尾根の道幅&高度感に恐怖心が
 勝ってしまい相棒との間隔が空く、、、
 下山する人、追いついて来た人に道を譲りながら
 あせらず自分のペースで確実に進むことを心に決める。
 山頂手前でも待たせてしまったがお互い山頂への記録動画を撮影しながら
 健闘を称える。
 ザックをスペースにデポして再度、祠へアタック!!
 一通り、撮影したところで山荘方面から団体客が来たので山荘へ向かう。
④奥穂高山頂~穂高山荘(1H)
 ガレ岩が多く、誤って踏まないよう確実に降りる。
 途中、雷鳥2羽に遭遇!!
 山荘にはコースタイムより若干かかったが重太郎新道での疲労を
 考えると順調であったといえる。
⑤穂高山荘~涸沢岳(3,110m)朝焼鑑賞~穂高山荘
 心が現れるような日の出と穂高連邦のモルゲンロートだった。
 涸沢から見上げていたあのモルゲンロートの中に入ると思うと涙すらした。
⑥山荘出発~ザイテングラード~涸沢ヒュッテ
 涸沢から制覇した吊尾根-奥穂高-ザイテングラードを見上る。
⑦涸沢~横尾~徳沢~明神~上高地
 疲労&2年前に通過していることもありパノラマコースは断念。
 徳沢まで一気に駆け下り、昼食&ソフトクリーム休憩で
 2日間の余韻に浸りながら何も言えねぇ!!状態でした。

1日目-2日目の感想
 天候が読めずギリギリまで悩んだ結果で
 見事、晴れ渡る初秋の登山日和となって
 雲海(全工程)・青い空・サンセット(テント場)・
 ブロッケン現象(山荘前)・サンライズ(涸沢岳)を
 コレでもか!!!という位堪能できた。
 後はテント泊とはいえ、荷物が重すぎたことを反省。



 
 

登山中の画像
登山画像
吊尾根
登山画像
奥穂高からのジャンダルム
登山画像
山頂渋滞中
登山画像
人生発の雷鳥
登山画像
穂高山荘テント場
登山画像
2017/9/2夕暮れ(テント場にて)
登山画像
2017/9/3朝日(涸沢岳にて)
登山画像
2017/9/3朝日(涸沢岳にて)
登山画像
2017/9/3朝日モルゲンロート(奥穂高方面)
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テント、シュラフ、テントマット、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

山達人さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    ロープウェイ~西穂山荘間は全て冬季ルートに。積雪は160〜180cm
    19年01月24日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

山達人 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年2月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。