登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
1年越しの奥穂高登山とテント泊 奥穂高(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

山達人 さん

この登山記録の行程

【1日目】
上高地バスターミナル(06:05)・・・河童橋(06:10)・・・岳沢小屋(07:45)[休憩 10分]・・・岳沢パノラマ(09:30)[休憩 5分]・・・紀美子平(10:35)[休憩 25分]・・・最低コル(11:35)[休憩 5分]・・・奥穂高岳(13:00)[休憩 30分]・・・穂高岳山荘(14:30)

【2日目】
穂高岳山荘(04:30)・・・涸沢岳(05:00)[休憩 30分]・・・穂高岳山荘(06:00)[休憩 70分]・・・ザイテングラート取付(07:30)・・・涸沢(09:05)[休憩 35分]・・・本谷橋(10:40)・・・横尾(11:25)[休憩 5分]・・・徳沢(12:15)[休憩 90分]・・・明神・・・河童橋(15:00)・・・上高地バスターミナル(15:05)

総距離 約26.0km 累積標高差 上り:約2,393m
下り:約2,393m
コースタイム 標準:15時間30分
自己:13時間55分
コースタイム倍率 0.90
1泊2日の奥穂高登山で
去年計画していたが雨と台風で2度の計画変更から断念。。。
今年こそと、期待に胸を膨らませていたが台風発生によりころころと
変わる週間お天気、、、そして出発前日まで台風がそれ始めて
どの天気予報も信州から西は晴れの予報!!!
いざ出発!!初めての重太郎新道!!
初めての吊尾根!!初めての奥穂高3,190m!!初めてのテント泊

①上高地~岳沢小屋(1.6H)
 樹林帯を抜けて快調に到着!ペース配分の3分の2程度で来れた。
 急ぐことはなかったけどアドレナリンが出ていたようだ。
②岳沢~岳沢パノラマ~雷鳥広場~紀美子平(3H)
 名物はしご、鎖、岩場の連続。ココに来てテント装備が重く肩にのしかかる。
 ペース配分がガクンと落ちる、、、(足を止めず、ゆっくり確実に上る)
 とはいえ、地図上の時間通りに足を進めることができた。
 今振り返るとこの区間が一番の正念場だったと思う。
(終始、先頭を歩いてくれた相棒に感謝!!)
③紀美子平~吊尾根~奥穂高山頂(2H)
 小休止後に前穂高へ行くか考えたが予想以上の疲労に
 今回はパスし奥穂高を目指すことにする。
 気を抜けない吊尾根の道幅&高度感に恐怖心が
 勝ってしまい相棒との間隔が空く、、、
 下山する人、追いついて来た人に道を譲りながら
 あせらず自分のペースで確実に進むことを心に決める。
 山頂手前でも待たせてしまったがお互い山頂への記録動画を撮影しながら
 健闘を称える。
 ザックをスペースにデポして再度、祠へアタック!!
 一通り、撮影したところで山荘方面から団体客が来たので山荘へ向かう。
④奥穂高山頂~穂高山荘(1H)
 ガレ岩が多く、誤って踏まないよう確実に降りる。
 途中、雷鳥2羽に遭遇!!
 山荘にはコースタイムより若干かかったが重太郎新道での疲労を
 考えると順調であったといえる。
⑤穂高山荘~涸沢岳(3,110m)朝焼鑑賞~穂高山荘
 心が現れるような日の出と穂高連邦のモルゲンロートだった。
 涸沢から見上げていたあのモルゲンロートの中に入ると思うと涙すらした。
⑥山荘出発~ザイテングラード~涸沢ヒュッテ
 涸沢から制覇した吊尾根-奥穂高-ザイテングラードを見上る。
⑦涸沢~横尾~徳沢~明神~上高地
 疲労&2年前に通過していることもありパノラマコースは断念。
 徳沢まで一気に駆け下り、昼食&ソフトクリーム休憩で
 2日間の余韻に浸りながら何も言えねぇ!!状態でした。

1日目-2日目の感想
 天候が読めずギリギリまで悩んだ結果で
 見事、晴れ渡る初秋の登山日和となって
 雲海(全工程)・青い空・サンセット(テント場)・
 ブロッケン現象(山荘前)・サンライズ(涸沢岳)を
 コレでもか!!!という位堪能できた。
 後はテント泊とはいえ、荷物が重すぎたことを反省。



 
 

登山中の画像
登山画像
吊尾根
登山画像
奥穂高からのジャンダルム
登山画像
山頂渋滞中
登山画像
人生発の雷鳥
登山画像
穂高山荘テント場
登山画像
2017/9/2夕暮れ(テント場にて)
登山画像
2017/9/3朝日(涸沢岳にて)
登山画像
2017/9/3朝日(涸沢岳にて)
登山画像
2017/9/3朝日モルゲンロート(奥穂高方面)
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テント、シュラフ、テントマット、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

山達人さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    2019年の営業は4/27(土) ~。小屋前積雪例年並み。槍沢は多め、飛騨側は雪多く要注意
    19年04月24日(水)
    涸沢ヒュッテ ~涸沢
    涸沢ヒュッテ
    2019年の営業は4/27~。涸沢の積雪は約5mで例年並み。雪質が柔らかくズボスボ潜ります
    19年04月24日(水)
  • 西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    冬も終盤、診療所まわりの除雪作業はじまる。もうしばらくは冬山装備で
    19年04月17日(水)
    穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    2019年の営業4月27日~11月3日の宿泊まで。個室予約は4/20~
    19年04月11日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

山達人 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年4月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!