登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
八ヶ岳(権現岳)2017 権現岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

はにわ さん

この登山記録の行程

天女山登山口(05:30)・・・天ノ河原(05:40)[休憩 5分]・・・海抜1800mの石柱(06:20)・・・前三ツ頭(08:00)[休憩 10分]・・・三ツ頭(08:50)[休憩 15分]・・・権現岳(09:50)[休憩 60分]・・・三ツ頭(11:30)[休憩 30分]・・・前三ツ頭(12:20)[休憩 10分]・・・海抜1800mの石柱(13:20)・・・天ノ河原(13:50)・・・天女山登山口(14:00)

総距離 約10.2km 累積標高差 上り:約1,272m
下り:約1,272m
コースタイム 標準:8時間5分
自己:6時間20分
コースタイム倍率 0.78
上野村から越えていく夜更けの峠道。
峠付近の林の開けた場所にライトを消して車を止める。
車を降りて気温6度の夜空を見上げた。
澄み切った満天の星空が天の川を中心に輝いている。
そして頭上にオリオン座流星群には少々早いが流れ星が消えて行く。
今日も天気が良さそうだ。

薄暗い5時前に天女山駐車場に到着。
ヘッドランプをつけて天女山展望台へ。
木々の隙間から東の空に明けの明星が朝焼けに煌々と光っている。
もうじき夜が明ける。綺麗だな。
車に戻って5時半登山開始。
10分ほど登った天の河原から明るくなり始めた雲海の向こうに富士を望む。
鳳凰山を始めとする北アルプスの峰々の稜線が手に届きそうなところに見えている。
観音岳から見た八ヶ岳は凄く遠い場所に思えたが空気が澄んでいるとこんなにも違うのかと驚くばかり。
今日登る山塊も朝日にあたって黄金色に染まる唐松林の向こうに遠望。
最初の一時間ほどは緩やかに登って行く。
途中から本コース一番の登り。
どんどん標高を上げていき8時に前三ツ頭に到着。
ここからの眺めも素晴らしい。
そもそもこのコースを選んだのは編笠山経由より眺望が良いという事で太陽と富士山を背に何度も小休止をしては後ろを振り返りスマホのシャッターを押す。
9時前三ツ頭まで来ると目の前に大迫力の赤岳、阿弥陀岳、権現岳が姿を現す。
頂上眼下の鎖の岩場を登り終えやっとこさ権現岳の山標発見。
と思ったらまだ先が。
どうやら大きな大きな岩の上が頂上見たいということで攀じ登る。
一人がやっと居られる場所からは360度の大展望。
うおー凄いな。
北に目を向けると赤岳、横岳、阿弥陀岳、硫黄岳そしてその先に蓼科山が。
左の遠望から火打山の山域、白馬岳から続く北アルプスの稜線。
ぐるっとまわって乗鞍岳、御嶽山、中央アルプス、南アルプス、富士山、奥秩父、遠くに赤城山も。
いったい日本百名山が幾つ見えるのだろう。
他の登山者の方が今日他の山を登った人も皆がハッピーだねと言っていたが本当に登ってきてよかった。
昨年登った赤岳がガスの中で何も見えなったので余計に感動。
1時間ほど山頂付近をうろちょろする。
キレットに降りる梯子付近、権現小屋、あれ!?先ほどへばりついていた岩の上に立っている人が!足元は断崖絶壁なのに怖くないのかな。
そうこうしているうちに雲が下から湧いてきたので後ろ髪を引かれる思いで下山開始。
11時半三ツ頭で富士山見ながら昼食。
前三ツ頭からは雲の中。
斜面を風に乗って霧が流れていく。
登山道にはマツムシソウ、トリカブトの花がまだ咲いていた。
14時天女山駐車場に到着。
下界はすっかり雲の下で山見えず。
天女の湯にて汗を流して帰宅。

親父が戦後間もない高校生の時に友人数名と小渕沢の駅から編笠山、権現岳経由で赤岳を越え南八ヶ岳縦走の話を聞いていた。
テントを担ぎ頂上で食べようとスイカを丸々1個順番に抱え、それを赤岳頂上で食べ美味かったと。
硫黄岳からガスで迷ってしまい、いつの間にか2組に分かれて親父たちは松原湖へ。
もう1組は反対の渋の湯方面を下って大変だったなあと。
帰宅後親父に写真を見せると懐かしがっていた。



参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    クロユリやミツバオウレンが咲いています。雨で気温が低くなっているので、フリースなど保温具の携行を
    18年06月15日(金)
    硫黄岳山荘~硫黄岳・横岳
    硫黄岳山荘
    気温がやや低めですが冷たい風が気持ちいい気候です。横岳、硫黄岳、天狗岳などでさまざまな花が開花し、見頃です。
    18年06月15日(金)
  • 赤岳鉱泉~八ヶ岳・赤岳
    赤岳鉱泉
    主ルート支障なし。鉱泉から上は浮石+落石注意。防寒と紫外線対策など装備に注意。稜線でオヤマノエンドウ開花。
    18年06月13日(水)
    高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    梅雨に入り、これから苔が一気に成長します。朝晩は冷える日もあります、フリースなど保温着は忘れずに
    18年06月08日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

はにわ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年6月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「雨の山を楽しむ」GORE-TEX特集の第一弾公開!
「雨の山を楽しむ」GORE-TEX特集の第一弾公開! 横尾山荘 山田直さんが語る「GORE-TEX」。モンベルのストームクルーザーを愛用する山田さんに語っていただきました!
NEW 日本百名山・谷川岳はイベント盛りだくさん
日本百名山・谷川岳はイベント盛りだくさん 山麓のみなかみ町は、ラフティングやキャンプが満喫できるアウトドアの町。夏、開山祭ほかイベントが盛りだくさんの谷川岳へ!
NEW 日帰りの山で重宝するデイパックをテスト
日帰りの山で重宝するデイパックをテスト 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はグレゴリーの「サルボ24」を毛無山の日帰り山行でテスト! 詳しくはこちら
NEW デニム風のレインジャケット…本当に雨具なの?
デニム風のレインジャケット…本当に雨具なの? デニムをまとってハイキングへ! 登山の常識をくつがえすコロンビアのデニムシリーズ。ドクターデニムこと、本澤裕治氏とのコラ...
NEW 「夏の西穂高プレゼントキャンペーン」が開催
「夏の西穂高プレゼントキャンペーン」が開催 L.L.Beanで使えるクーポン券がもれなく当たる! 100年以上の歴史を誇るアウトドアブランドL.L.Bean特集!
NEW 飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト
飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト 笠・双六・槍・西穂・乗鞍ほか北アルプスを登った時の写真を大募集! 奥飛騨温泉郷の宿泊券やロープウェー乗車券が当たる!
NEW 岩場に強いだけではない! モンチュラ登山靴
岩場に強いだけではない! モンチュラ登山靴 夏山登山で活躍すること間違いなし。「ヤルテクノGTX」の機能性と履き心地をモニターの方に試していただきました。ハイキング...
NEW 小林千穂さんと登る残雪の八ヶ岳・北横岳
小林千穂さんと登る残雪の八ヶ岳・北横岳 モンチュラのウェア・シューズの中から、標高2000m以上の山を登る時におすすめしたいアイテムを千穂さんがご紹介!
グレゴリーの“あの”大型ザック、新モデル登場!
グレゴリーの“あの”大型ザック、新モデル登場! 【モニター募集中!】新たな「バルトロ / ディバ」の“極上の背負い心地”を体験できるチャンス!
最新スマートウォッチを筑波山で体験!
最新スマートウォッチを筑波山で体験! シンガーソングハイカー加賀谷はつみさんのTrek&Liveツアーで、参加者全員がスマートウォッチを体験! その使...
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ 誰でも歩けて、自然の素晴らしさを感じられる尾瀬のシーズンが始まります。イベント、特典も盛りだくさんの尾瀬をご案内!
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山シーズンに向けたアウトドアソックス特集!
登山シーズンに向けたアウトドアソックス特集! 「自分の足に合った登山用の靴下はどうやって選んだらいいの…?」そんな疑問をお持ちの方のための特集です!