登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
白峰三山~笹山2017 (南アルプス)
img

記録したユーザー

KEI さん
  • 日程

    2017年10月3日(火)~2017年10月5日(木)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:芦安駐車場から広河原までバス。帰路は奈良田からバスで広河原経由で芦安駐車場

  • 天候

    1日目:晴れ後雨 夕方晴れ  2日目:曇りのち晴れ  3日目:晴れ
    [2017年10月03日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
広河原(06:25)・・・大樺沢二俣(08:45)[休憩 16分]・・・八本歯のコル(11:35)[休憩 21分]・・・吊尾根分岐(13:14)[休憩 15分]・・・北岳(13:51)[休憩 10分]・・・北岳山荘(15:10)

【2日目】
北岳山荘(05:31)・・・中白峰(06:06)[休憩 4分]・・・間ノ岳(07:07)[休憩 16分]・・・農鳥小屋(08:21)[休憩 24分]・・・西農鳥岳(09:42)[休憩 8分]・・・農鳥岳(10:35)[休憩 19分]・・・大門沢下降点(11:43)[休憩 4分]・・・広河内岳(12:15)[休憩 3分]・・・大籠岳(14:03)[休憩 12分]・・・白河内岳(15:11)・・・野営地(15:52)

【3日目】
野営地(06:23)・・・笹山北峰(07:22)[休憩 9分]・・・笹山南峰(07:48)・・・[途中休憩 14分]・・・2256峰(09:11)・・・水場入口(10:29)[休憩 11分]・・・登山口(11:59)・・・奈良田(12:23)


総距離 約26.7km 累積標高差 上り:約3,089m
下り:約3,776m
今回の目的は白峰三山と、その先の広河内岳・白河内岳・笹山を縦走すること。農鳥小屋から先には宿がないので、当然テント泊となる。それぞれの山頂には新しい標柱があるが、それ以外は案内板等はなく、笹山までは小さなケルンと先人の踏み跡だけが頼りだ。また見晴らしのいい尾根道なので、先に見える道を目標に歩くような所もある。しかし逆にガスって見通しのきかない場合はコースから外れる危険性があるので、天候によっては縦走を断念すべきだ。ケルンも拳大の石を2つ3つ積んだ程度の小さな物が多いので、ガスっていなくても見落とす危険性がある。それと笹山から奈良田までは勾配がきつく、泥や木の根っこで滑りやすい。雨天は不可。雨の翌日も何度か転倒すると思っていた方がいい。この間には4ヶ所に案内表示があるが、倒木を乗り越えたり潜ったり、またルートが不明瞭な箇所も多く、よくテープを確認して歩かないと危険だ。テン泊は大籠岳手前・白河内岳手前・笹山手前(私が泊まった所)・笹山南峰・笹山からの下りの林の中に数ヶ所に先人のテン泊跡がある。笹山北峰から南峰の間に平坦でまっすぐな道がある。ここは西側が大きく落ち込み木々の間から塩見岳が見えるが、左の山側から突き出た太い根っこに激突し、左腿が手のひら大に腫れて数日間あぐらがかけなくなってしまった。よそ見をしているとそうなる恐れがあるので要注意。
ルートについては、大門沢下降点から5分登ると笹山に続く尾根に出る。そこから先は、途中ハイマツの根っこの上を綱渡りのように歩く所もあるが、概ね周囲の視界が開け気持ちのいい山歩きができる。また笹山北峰までの各山頂も周囲が開けていて360度の展望がある。しかしコースも山頂も風や日射を遮るものがない。日焼け止めと防風対策は必要だ。木陰に入るのは笹山に近くなってからだ。広河内岳からは今まで来た道を90度左に降りる感じ。大籠岳・白河内岳・笹山北峰は来た道をそのまま直進する感じ。笹山南峰は樹木に囲まれた山頂の奥の藪に「奈良田」の看板があり、それに従って下る。奈良田まではほぼずっと林の中で、1箇所だけ鳳凰三山方面が見える所があるだけだ。

登山中の画像
登山画像
広河原の吊り橋付近でも紅葉が進んでいた
登山画像
白根御池への道と分かれて大樺沢に沿って進む
登山画像
大樺沢上流はいい感じで紅葉している
登山画像
二俣からはストックを使うといい
登山画像
二俣から2時間でハシゴが登場。ここからハシゴが…
登山画像
八本歯のコルの先もハシゴが続き、途中岩がゴロ…
登山画像
強風の吊尾根分岐にリュックを置いて北岳を目指す
登山画像
北岳山頂はガスって景色はナシ
登山画像
北岳山荘手前辺りから天気が回復し南アルプス市…
登山画像
北岳山荘に到着
登山画像
テント場からは眼下に南アルプス市、正面に富士…
登山画像
青空が回復し中白峰山方面がよく見えるようにな…
登山画像
振り返ると北岳
登山画像
富士山にかかっていた雲もなくなった
登山画像
2日目、強風と濃霧の中、中白峰山に到着
登山画像
尾根の東側から湧き上がる雲が西風で戻される
登山画像
次第に濃霧に包まれ、間ノ岳では展望ナシ
登山画像
間ノ岳からの下りは途中からきつくなる
登山画像
霧が薄くなり前を行く人の姿が突然見えた
登山画像
農鳥小屋に到着すると急激に天気が回復
登山画像
農鳥小屋の前からは鳳凰三山がバッチリ
登山画像
小屋を出発して振り返ると間ノ岳がバッチリ
登山画像
小屋から50分登ると西農鳥岳はもう一息だ
登山画像
西農鳥岳も山頂に着いたらこんな感じ
登山画像
農鳥岳へ向けて更に道が続く
登山画像
再び霧が晴れ、農鳥岳がすぐそこに見える
登山画像
なだらかな西側に対して東側は切り立った絶壁に…
登山画像
東側の谷底では紅葉していた
登山画像
農鳥岳山頂。東側は風を避けられて日当たりも良…
登山画像
農鳥岳から先、更に尾根の上に続く道が見えるが…
登山画像
大門坂降下点に向けて下る
登山画像
大門沢降下点を左に曲がらず直進
登山画像
降下点から5分程登り尾根に出ると広河内岳はすぐ…
登山画像
広河内岳から農鳥岳
登山画像
広河内岳から塩見岳
登山画像
尾根を真っ直ぐ行きたいところだが、広河内岳か…
登山画像
ケルンを辿っていったらハイマツ帯に突入
登山画像
向こうに見える道を目指して何とかハイマツ帯を…
登山画像
ここから再びハイマツ帯に入ってしまった
登山画像
この看板に騙されてしまったが、ここはハイマツ…
登山画像
ハイマツと巨岩を抜けると、気持ち様さそうな尾…
登山画像
大籠岳の手前にテン泊の跡があった。6~8張イケ…
登山画像
朝からの強風が収まらないので、大籠岳山頂手前…
登山画像
大籠岳から広河内岳方面
登山画像
先人の薄い踏み跡をたどっていく
登山画像
またまたハイマツ帯に突入
登山画像
岩場はケルンが頼りだ
登山画像
向こうのなだらかな丘の上が白河内岳山頂だ
登山画像
白河内岳山頂はゆったりしているが、ここも強風…
登山画像
白河内岳から広河内岳・農鳥岳方面
登山画像
塩見岳・荒川岳方面
登山画像
塩見岳方面
登山画像
北荒川岳方面
登山画像
広河内岳・農鳥岳方面
登山画像
一旦大きく下る
登山画像
そこら中にケルンがあって、どちらに行けばいい…
登山画像
岩場を越えてハイマツ帯の東側に出た所を今晩の…
登山画像
強風を避けてハイマツ帯のすぐ東側にテント設営…
登山画像
テントから這い出ると富士山がお出迎え
登山画像
ハイマツを乗り越えて樹林帯に入る
登山画像
両側から覆い被さる枝を払って進んでいく
登山画像
またハイマツの根っこの上をバランスを取りなが…
登山画像
ハイマツ帯を抜けると辺りが急に開けた
登山画像
再び樹林帯に入ると急登だ
登山画像
樹林帯を抜けると笹山が見えた
登山画像
笹山北峰から360度の展望
登山画像
標柱の向こうに塩見岳
登山画像
鳳凰三山
登山画像
来た道をそのまま直進して南峰へ
登山画像
南峰山頂は樹木に囲まれ展望はない。山梨百名山…
登山画像
山頂の向こう側に奈良田への下り口がある
登山画像
奈良田方面の案内が出ている
登山画像
いきなり深い藪
登山画像
道は不明瞭な所もあり、その都度立ち止まってテ…
登山画像
倒れた木がちょうど一人分のベンチになっていた
登山画像
倒木を乗り越えていく
登山画像
右っぽいけど正しいルートは左
登山画像
森の中に焚き火の跡。不届き者もいるようだ
登山画像
標高2256mの表示が掛けてある
登山画像
2256m地点から少し下ると左側が開ける
登山画像
鳳凰三山
登山画像
向こうに尖っているのが北岳か
登山画像
滑りやすい急坂が続く
登山画像
この標識の周辺は道がわかりにくい。標識通り左…
登山画像
水場入口。丸太に腰掛けて休憩。先の小さなピー…
登山画像
最後の「奈良田」の表示。ここまでくればあとは…
登山画像
木材を運ぶためと思われるワイヤーがあり、コン…
登山画像
発電施設が見えてきた
登山画像
施設から先は手すりが続くが、ちょっと使いづらい
登山画像
笹山登山口に到着
登山画像
登山口の表示も小さい
登山画像
登山口から轍に従って行く
登山画像
奈良田湖
登山画像
吊り橋
登山画像
奈良田バス停
登山画像
奈良田の里温泉はボディソープやシャンプーもあ…
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

KEIさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

KEI さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

雨のち晴
(日本気象協会提供:2018年12月10日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは?
軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは? 「山の道具研究者所 アウトドアソックス編」をリニューアル! 今回は登山スタイルに合わせた靴下の選び方を特集します。第一弾...
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す
細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。北海道・十勝岳で、凝った作りの寝袋、ニーモの「ラムジー15」をチェック!
NEW 年末年始は山小屋で過ごしませんか?
年末年始は山小屋で過ごしませんか? 冬季・年末年始の山小屋営業情報をピックアップ! 年末年始を年越しで過ごしたい登山者のみなさま、ぜひご活用ください!
NEW 2017年の年越しを山小屋で過ごしました
2017年の年越しを山小屋で過ごしました ライターの小野泰子さんが山小屋の年越しイベントを初体験! 年末年始の赤岳鉱泉と行者小屋の模様をレポートしました。
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ―― 紅葉シーズンは残り僅か。秋を堪能した人は、その美しい山の情景を紅葉写真コンテストにご応募ください!
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!
雪山の学び場、八ヶ岳へ
雪山の学び場、八ヶ岳へ バラエティに富んだコース、アルペンムード漂う山々、そして営業小屋。雪山を学ぶなら八ヶ岳がオススメだ。