登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
雲取山 嵐の中の還暦登山 メタボ登山2017 雲取山(関東)
img

記録したユーザー

野良耕筰 さん
  • 日程

    2017年10月28日(土)

  • パーティ

    3人 (野良耕筰 さん 、ほか2名)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:鴨沢BS(台風22号接近中)

  • 天候

    28朝雲、昼小雨、午後雨&冷気。 29日台風22号影響。朝雨、山頂は雨風、午後雨強くなる中を下山
    [2017年10月28日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

鴨沢(06:50)・・・小袖乗越(07:25)・・・堂所(09:48)・・・七ツ石小屋(10:42)・・・上の巻道・・・ブナ坂(13:32)・・・雲取奥多摩小屋(14:26)・・・小雲取山(15:30)・・・東の巻道・・・雲取山荘(16:29/宿泊)・・・雲取山荘(06:24)出発・・・雲取山(07:06)・・・雲取奥多摩小屋(07:44)・・・ブナ坂(08:57)・・・堂所(10:22)・・・小袖乗越(12:21)・・・鴨沢(12:55)


総距離 約24.9km 累積標高差 上り:約2,227m
下り:約2,224m
途中なので後日変更予定(2017.11.02.PM)

全国メタボ隊ファン3名の皆様。台風接近中なのにメタボ隊3名「雲取還暦山行」行ってまいりました。Windy.comでは28日午後から小雨、夕方雨。29日は台風前線の雨から15時頃大雨、その後17時小雨、夜は晴の予報でした。気温は28日の午前中が5℃で一番寒く。29日は10℃少し下の予報。天候の変化も楽しみにしていました。結果としては予報通りの雨、寒気、大雨、強風。29日の雲取山山頂では、雨と風の洗礼を受けました。男の還暦60は厄年なので、これで厄落としが出来ると思い耐えました、苦行!「2017年今年の山と還暦と酉年」の三つが重ならければキャンセルしたと思います。

雲取山荘の予約は八月末頃にしたので、部屋は1-1号室でした。初めての山荘の相部屋は楽しい経験でした。同室の埼玉の「バッカスさんと山青年」が気さくな方だったからだと思います。赤ワインで一緒に還暦祝いをしてくれてありがとうございました。すごく楽しかったです。確かに山での赤ワインは気持ちよく酔える様です勉強になりました。「北アルプス」の話もされていましたが、還暦メタボ隊は「森林限界を超えない&電車日帰り」を基本としているのですが「谷川岳」だけは誘惑に負けそうです。いつか森林限界の山域でお会いしましたらよろしくお願いします。

それでは山行記録へ。
今の時期の注意点は「雲取山の東の巻道は熊笹でヤブコギ状態なので行っては駄目」。①熊笹で道が見えない。②熊笹にポールが引っかかる。③見えない道に木の根や岩がある。④クマが出てきそうな雰囲気。雲取山荘でも「巻道は使わないように!」と朝食時に注意していました。メタボ隊は事前情報があるにも関わらす体力の関係と時間が遅くなり、山荘に早く着くと思い、初日に行ってしましました。ヤブコギ30分は雲取山を経由した方が楽です。そのあとの道も同じくらい距離があります。小雨が降っていたら絶対に巻道は駄目です。

28日は青梅線の始発で奥多摩駅へ、まだ曇り空。台風の影響もあり?鴨沢行きのバスは余裕で全員座れて行けました。水根で先頭の席が空いたので移動。鴨沢までのバス行を楽しみました。雲取日帰り組は、基本的には小袖の駐車場を使うのかな?

堂所へ着く前に空模様が雨に変わりそうなのでレインカバーを装着したら、5分も経たずに雨が降り出しました。天気予報の情報通り!そうすると尾根の気温は5℃と風で体感0℃くらいかと考えると戻りたくなりました。雨の中をメタボ隊の何時もの速度で堂所へ、大体予定通りの1.3倍。マムシ岩から右側の道を選択したら予定より遅れて七ツ石小屋に到着。雨の所為か、高度の所為か、メタボ体形は・・。少し休憩して再出発したら山の上から冷気が下りてきて、今回の山行で一番の寒さを経験体感3℃で一瞬下山しようかと思った。

七ツ石山頂は冷気と雨と風があると予想し巻道を選択。巻道の一番南の曲がりで昼食。冷たい南風を背に受け暖かい玉子スープとおにぎり。やっぱり食事は体温を上げますね。ブナ坂まであと一息。

ブナ坂に着くと、下の巻道を来た数グループと出会いました。雨模様なので初めから七ツ石をあきらめればよかったと反省。ブナ坂からは道がしっかり踏み固められていて軟弱な所はほとんどなし。ただし水たまりもしっかりしたのがありますが。ダンシングツリーにヘリポート、奥多摩小屋で小休止。小雲取山までの道がきつかった、六ツ石のトオノクボからすぐの地味な直登を思わせるキツさでした。ここで山荘到着が遅くなると予想し東の
巻道へ突入!事前情報では「巻道に行くなら、山頂経由にするべし」とあったのですが・・・。やはり情報は正確でした。巻道には熊笹ヤブコギ30分が待っていました。靴は短スパッツを付けていたのでギリギリ防水性がありましたが。雨具は笹にこすれ異常に濡れました(ずっと雨の中でしたが)。NHKで放送してた「ヒカリゴケ」を見つける余裕もなく、約1時間の巻道でした。笹に隠れた岩や木の根、倒木に段差。笹が無くなるまで絶対行かない方がよいと思います。

雲取山荘は定員200人の満室状態。台風22号接近するのに今年の山だから登るなんて。なんて御馬&鹿なんでしょう・・・メタボ隊も含まれてしまいました(笑)
  (無事下山出来たから笑えるんだぞ!と、天の声が聞こえそうです。)
初めての山荘は想像より快適で、特に今回の荒天では天国でした。夕食朝食で御飯のお代わりをしなかったのですが2杯目が美味かった様です。メタボ体形でも一度に沢山食べられないマラソン型なのを悔やみました。6時全員夕食、9時消灯、5時全員朝食は楽しかった。食事は前日夕食と同じ席、隣の席はうら若き山姫様3名!還暦にしてこの幸運!山荘は最高だ!寝る前の赤ワインも最高です。万歳!雲取山荘!
2017年記念バッチをもらいました。

星空も見えず、赤ワインで還暦を祝ってもらいながら、なんだかんだ炬燵を取り囲んで5人就寝・・、寝付けないのを気にせずいると何時の間にか夢の中へ。台風の風も強くなく朝となりました。布団は揚げずに畳んだままにしました?山小屋のプロに任せました。

5時の朝食が終り、出発は団体さんが出た後の6時半。雨支度をしっかりして出発!
北側の樹林帯から登るので山頂までほとんど風なし&雨も強くない。雲取山頂もこんな感じかなと・・・・。
雲取山頂では東側?からの風と雨の洗礼を受けました。記念撮影をしたらすぐに下山開始。友にサプライズでもって行った「還暦 雲取山2017」の赤Tシャツは全容を見せることなく中途半端にお披露目。61歳になる前に再度挑戦する理由は出来ましたが・・・。

避難小屋で少し休み、前日から宿泊している仙人様としばし情報交換。避難小屋は水が無いので水は多めに必要だろうとのこと勉強なりました。
午後15時頃が一番「強風、大雨」の予想の為、早々に下山。避難小屋気温は8℃でほぼ予想通り。ということは15時が土砂降りか。七ツ石は下の巻道ルートで下山とこのとき決定。

避難小屋から小雲取までの下りの間に風は無くなり、樹林帯のありがたさを感じました。あとは午後15時の大雨の前に鴨沢バス停着を目指し下山。目標時間午後13時半のため昼食なし行動食のみ。「奥多摩駅に着いたら温泉行こうな!」を合言葉に頑張った・・。

ブナ坂で小休止してから下の巻道コースで下山開始、雨粒が大きくなり始めていた。七ツ石小屋への上の巻道を通過、下の巻道へ。途中、滝が出現!台風や大雨の時だけみられる滝なのかな?かなりの水量でした。

マムシ岩辺りから雨は大粒になり、雨量も多くなってきました。この辺りより下になると植林地帯も混在するので本当の雨量が分からなくなります。堂所では木陰での小休止雨宿り。登山口看板まで来ると本格的な大雨。小袖の駐車場には登山者の車は無く、トイレで少し雨宿り。手袋はびしょびしょ、靴は両方とも水が入り、ポールで曲げていた肘部分に水が溜まり。鳩目の穴のないザックカバーは水をため、ザックの底が水没(バス乗って気が付いた)。プラ袋に入れていた衣類だけが濡れず他は全部湿っていた。デジカメの電池も濡れていたけど端子部のみセーフ。万歩計、3DS、定期入れは外が濡れ。小銭入れはアウト。こうなると「温泉へ行こう!」「奥多摩VCへ行こう!」という気が無くなり。電車でGo!の帰宅となりました。当然、反省会もなし。11月の大岳山で2倍の反省会することにしたメタボ隊でした。

還暦の60歳は厄年。雲取山頂の風と雨で「厄落とし」は出来たと考えています。でも山頂から「飛龍山」見たかった!日の出も見たかった!富士山も見たかった!煩悩だらけの還暦メタボでした。

これからは寒さに注意して、東の巻道に行かなければ、楽しい晩秋の雲取山が楽しめると思います。11月の連休はクマ鈴持って「雲取山へ行きましょう!」。

入口の看板の「雲」が割れていました、台風でどうなったかな?

登山中の画像
登山画像
271648 27夕方JR河辺駅より。 天気良いな!
登山画像
280601 JR奥多摩駅
登山画像
280622 小河内ダム
登山画像
280631 橋
登山画像
280640 西東京バス 何時もありがと!
登山画像
280641 鴨沢BS
登山画像
280645 登山計画書投函
登山画像
280651 メタボ隊 何時もの殿
登山画像
280701 小袖駐車場への山道分岐
登山画像
280724 駐車場直下
登山画像
280726 小袖駐車場 さすがに少ない
登山画像
280746 雲取山登山口
登山画像
280801 登り始めは緑
登山画像
280801-1 少し紅葉&時々雨
登山画像
280815 無事の山行を
登山画像
280840 NHKで見た 藤が巻いてる木
登山画像
280844 倒木 通過時注意です。いきなり動く可…
登山画像
280917 雨が強くなる前にザックカバー
登山画像
280920 ありがたい注意書き
登山画像
280948 堂所 道標
登山画像
280954 堂所の道標の丘 紅葉&塩羊羹補給
登山画像
281015 堂所 広場?
登山画像
281016 堂所 説明版
登山画像
281017 ホワイトバランス曇天 色はこちらの方…
登山画像
281035 少し登ると最初の富士見ポイントらしい
登山画像
281057 マムシ岩
登山画像
281101 マムシ岩の分岐右へ
登山画像
281104 籠を編む熊笹?
登山画像
281140 七つ石小屋直下
登山画像
281142 右側道より小屋へ
登山画像
281158 七つ石小屋テント場
登山画像
281209 七つ石分岐 左の上の巻道へ。上から冷…
登山画像
281212 上の巻道
登山画像
281228 上の巻道の一番南で昼食 風が超冷たい
登山画像
281315 上下巻道の分岐
登山画像
281320 巻道の黄葉
登山画像
281327 富士山見えない
登山画像
281331 ブナ坂分岐
登山画像
281334 ブナ坂から少し上
登山画像
281335 小雨の中、頑張るメタボ隊
登山画像
281340 この位は見えた 富士山はどこ?野良雲…
登山画像
281351 ハローウイン仕様のダンシングツリー
登山画像
281357 飛龍方向かな?
登山画像
281359 雨だけど意外に楽しい。風なし
登山画像
281421 ♪雨のヘリポート~♪ 違うか
登山画像
281423 ヘビと思いびっくり!
登山画像
281426 奥多摩小屋の木陰で雨宿り
登山画像
281438 雲取山荘まきみち 地図には巻道がない…
登山画像
281438-1 標識36-030 怪しい
登山画像
281450 台風21号の爪痕?
登山画像
281526 小雲取山 ついたど~!
登山画像
281527
登山画像
281528 小雲取山 標識撮影のみ
登山画像
281534 東の巻道標識 発見!
登山画像
281534-1 山頂へ行くと山荘着が遅くなる!と東…
登山画像
281536 東の巻道入口付近 このあと熊笹が密集…
登山画像
281601 北面は笹なし
登山画像
281605 東面は笹あり 歩行困難
登山画像
281626 メタボ隊の足だと約1時間
登山画像
281627 雲取山荘手前の道標
登山画像
281628 雨の雲取山荘
登山画像
281629一階の一番奥 部屋番1-1
登山画像
281638 雨具やカバーはこの小屋へ
登山画像
281713 1-1から受付方向
登山画像
281807 夕食 美味しく頂きました。
登山画像
290549 朝の準備 外は本格的に雨
登山画像
290623 雨装備して発進!
登山画像
290624 団体さんが出た後を行く
登山画像
290625 レリーフ
登山画像
290626 さあ!雲取山の頂上へ
登山画像
290637 台風22号で雲取ダム
登山画像
290650 足場注意
登山画像
290657 雨も風も少ない
登山画像
290701 ソフトバンクが一瞬つながるが・・・
登山画像
290705 雲取山の山頂が見えた
登山画像
290706 山頂には姫様達が待っていましたが、風…
登山画像
290710 雨具の下に「還暦 雲取山2017」の赤いT…
登山画像
290711 タッチ!即、撤退!
登山画像
290711-1 風と雨が強い
登山画像
290714 避難小屋へ
登山画像
290715 8℃ 台風風だから暖かい?
登山画像
290717 避難小屋で
登山画像
290727 下山開始
登山画像
290732 雨と風に笑うしかない
登山画像
290733 木に風が遮られ快適。だけど雨が
登山画像
290739 雨の中、楽しそうな親
登山画像
290741 雨でもドロドロしない
登山画像
290750 つま先が微妙になってきている親
登山画像
290758 時々雨が強くなる
登山画像
290806 斜度はあるんだけど
登山画像
290815 奥多摩小屋付近
登山画像
290818 ナナカマドの赤い実
登山画像
290829 奥多摩小屋 発進!
登山画像
290829-1 発進!
登山画像
290832 雨、溜りました
登山画像
290835 紅葉
登山画像
290843 腰掛け岩
登山画像
290847-1 雨のダンシングは辛いよね
登山画像
290850 下山
登山画像
290855 ひたすら雨の中の下山
登山画像
290856 雨のブナ坂
登山画像
290902 巻道
登山画像
290911 巻道分岐 下の道へ
登山画像
290923 雨が時々強い
登山画像
290931 滝があるなんて聞いてない
登山画像
290932 すごい水量です
登山画像
290935 小屋下の案内
登山画像
290947 大雨のマムシ岩
登山画像
291008 やっぱり富士山見えない
登山画像
291021 雨の中の紅葉を一枚
登山画像
291022 堂所
登山画像
291049 雨が強くなってきた
登山画像
291055 きれいにヒノキが並んでいた
登山画像
291138 無事下山で御賽銭。ありがとうございま…
登山画像
291139 無事下山の御礼姿
登山画像
291202 道が見えた!
登山画像
291207 春菜じゃねえから!
登山画像
291208親と擁護係の子供
登山画像
291214 小袖駐車場は空いてます
登山画像
291230 靴の中はびしょびしょ
登山画像
291239 あと少し
登山画像
291241 無事下山! 大雨です
登山画像
291244 子はスタスタ
登山画像
291250 親は・・・
登山画像
291252 あと少しでバス停
登山画像
291255 青が鴨沢BS、茶がトイレ
登山画像
291308 鴨沢BSの「ねこぱん」
登山画像
291419 奥多摩VC
登山画像
291421 奥多摩駅に到着
登山画像
291421-1 雨の、JR奥多摩駅
登山画像
301110 雲取山荘で頂いたバッジ
登山画像
301505 西武線拝島駅より雲取方向。 台風ファ…
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

野良耕筰さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

野良耕筰 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年4月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!