登山記録詳細

ハイキング
参考になった 5
石老山(日帰り) 石老山(関東)
img

記録したユーザー

マウンテンヴギ さん
  • 日程

    2017年11月16日(木)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:津田沼0454発総武線快速・・・東京0524着・0612発中央特快高尾行・・・立川0652着・0654発中央線普通・・・相模湖0721着・0735発神奈川中央交通バス・・・石老山入口0742着
    復路:プレジャーフォレスト前1423発神奈川中央交通バス・・・相模湖1435着・1442発中央線普通・・・高尾1452着・1501発中央特快東京行・・・三鷹1535着・1545発中央線普通・・・津田沼1701着

  • 天候

    晴れ
    [2017年11月16日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

石老山入口バス停(07:55)車道・・・登山口・相模湖病院わき(08:09)登山道・・・滝不動(08:14)・・・顕鏡寺(08:23)[休憩 2分]礫岩帯・・・蓮華岩(08:30)・・・八方岩ルート分岐(08:47)さくら道・・・桜台展望台(08:36)・・・八方岩ルート合流(08:47)・・・融合平見晴台(08:54)・・・尾根出合・ベンチ(09:07)・・・小ピーク「あと3分」標識(09:17)・・・石老山(09:20)[休憩 30分]急・小ピーク×6・・・大明神山(10:17)・・・大明神展望台(10:23)[休憩 60分]急・礫岩帯・・・林道出合(11:50)林道・・・キャンプ場下(11:56)・・・道路出合・蓑石橋(11:58)車道・・・プレジャーフォレスト前バス停(12:15)・・・相模湖温泉うるり(12:20)  <実動2時間53分>

総距離 約7.0km 累積標高差 上り:約675m
下り:約647m
コースタイム 標準:3時間35分
自己:2時間48分
コースタイム倍率 0.78
石老山礫岩(せきろうざんれきがん)という地質学的に興味深い岩石でできている山があります。地学好きにとっては登っておきたい山、ということで高尾山からちょっと足を延ばして、石老山に行ってきました。
登山口のバス停からぐるっと回って3時間から4時間と、日の短い秋にはちょうどいい日帰りコースです。日帰り温泉もあるので下山後の楽しみもありますしね(笑)。

<コース状況>
特に危険な個所はありませんが、積み重なった礫岩の登山道にはちょっと苦労させられるかもしれません。登り前半と、大明神見晴台からの下りは急なこともあり要注意です。
八方岩分岐から右へさくら道を選択すると石老山までは比較的楽に登れます。また尾根に出れば明るい尾根歩きが楽しめます。
石老山から大明神山までの尾根道は、尾根上のコブをきちんと超えていくので上り下りがあります。高低差はそんなにありませんが、急な坂もあるのであせらずに歩くことです。

展望は、石老山からは富士山方向(西南西)が開けています。丹沢山系の大室山ごしに見る富士山はなかなかですよ。
大明神展望台は北側と東側が開けています。相模湖と奥高尾の稜線が望めます。ベンチもあるので絶好の休憩ポイントですの。
また桜台は相模湖と東側の展望、融合平は相模湖が望めます。

登山中の画像
登山画像
相模湖駅が今回の山歩きのスタート地点です と…
登山画像
バスを降りて登山道入口は大きな看板が目印です
登山画像
味のある石柱です
登山画像
車道を歩いて案内に従って右側の石段を上がります
登山画像
登山道の登りはじめはこんな感じ 丸石が敷いて…
登山画像
30分ほどで顕鏡寺到着
登山画像
お寺の山号が山の名前になっています
登山画像
お坊さんが住んでいたという岩窟 夏はいいけど…
登山画像
奥の鳥居をくぐって石老山をめざします
登山画像
蓮華岩という名前がついていました ほかにもい…
登山画像
礫岩の岩の間を歩いていきます
登山画像
八方岩ルートとの分岐 今回は右へ楽なさくら道…
登山画像
桜台展望台 相模湖が見えます
登山画像
その先にある融合平展望台
登山画像
ここからも相模湖です
登山画像
気持ちのいい尾根道を歩いて・・・
登山画像
石老山到着です
登山画像
今回はあまり出番がないのでちょっとムクれてま…
登山画像
石老山から富士山 左の三角形は大室山です
登山画像
大明神山は展望がありません
登山画像
大明神展望台からも・・・相模湖です(笑)
登山画像
こちらは奥高尾の稜線でしょうか
登山画像
下りも礫岩の道です
登山画像
石老山礫岩(せきろうざんれきがん)
登山画像
おまけにコケとシダ
登山画像
プレジャーフォレストの紅葉です
登山画像
石老山は下から見ると穏やかな山でした
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
【その他】 昼食(カップラーメン、クラッカー)・水500ml
行動食:500mlボトル(シリアル・ドライフルーツ・ナッツ・チョコレート)、スポーツようかん、塩飴
非常食:シリアルバー×2
チビけんた・ミニけんた
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マウンテンヴギさんの登山記録についてコメントする
  • トマトとケチャップ さん

    マウンテンヴギさん、こんにちは。
    ワンコを連れて楽しそうです。
    石老山の石、太平洋の海底のものとか、興味深いです。
    山の上で、ツルツルした小石が固まていたので、以前から不思議に思っていました。

  • マウンテンヴギ さん
    トマトとケチャップさん
    コメントありがとうございます。
    チビけんたとミニけんたは、亡き愛犬に似ていたヌイグルミです。
    なかなか山には連れていけなかったので今はその代わりに山歩きを楽しんでいます(笑)。
    石老山礫岩もそうですが、奥多摩あたりはチャート(放散虫などの殻が積み重なった堆積岩)ですから、山の成り立ちなんかを考えると面白いです。

関連する現地最新情報

  • 高尾ビジターセンター ~高尾山
    高尾ビジターセンター
    山頂でアセビ、1号路でヤマルリソウ開花。寒暖差があるので防寒は必要です。3号路は通行止め
    20年02月19日(水)
    蛭ヶ岳山荘 ~丹沢
    蛭ヶ岳山荘
    先週-8℃を観測しましたが立春すぎて暖かい日も増えました。ほぼ融雪ですがアイゼンは必要
    20年02月18日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

マウンテンヴギ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?