登山記録詳細

雪山登山
参考になった 2
2018年初登り 西穂丸山(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

ヤマちゃん さん
  • 日程

    2018年1月7日(日)

  • パーティ

    2人 (ヤマちゃん さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:新名神~東名阪~名二環~国6~名神~東海北陸自動車道~国道・県道

  • 天候

    快晴
    [2018年01月07日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

西穂高口駅(10:20)・・・西穂山荘(11:37)[休憩 67分]・・・丸山(13:02)[休憩 21分]・・・西穂山荘(13:34)[休憩 12分]・・・西穂高口駅(14:38)

総距離 約3.6km 累積標高差 上り:約349m
下り:約349m
コースタイム 標準:2時間45分
自己:1時間50分
コースタイム倍率 0.67
初登りはどこにするか? と嫁さんと相談して、最初は雪の無い山域を考えてたが、3連休の中日は天気が良さげだったので、いっそのことロープウェイで登れる雪山にしようと新穂高ロープウェイで丸山まで行ってきた。

朝4時に家を出て8時過ぎに駐車場に着いた。
途中 高速は問題なかったが、高山から平湯への山道は道路が雪まみれで、スタッドレスを履いてるとはいえFFでは車のスリップサイン出まくりで、結構 気をつかう運転となった。
準備をして9時始発のロープウェイに乗車し、しらかば平で2階建ロープウェイに乗り継ぐ。
しばらくすると左手に槍ヶ岳が望める。

槍は勾配がキツいので雪の乗りが悪く、白銀の世界では逆によく目立つ。
9時25分に西穂高口駅に到着。
気温はマイナス10℃である。

展望デッキに出てみると雲一つない快晴に360°の絶景がひろがっている。
去年は天候に見放されていたが、今年は絶好のスタートである!!
今回がデビューとなる、年末に買ったCANON EOS M100で、テンションあがりまくりで撮りまくった。
いや~ ホントに絶景である。
30分ぐらいデッキにいたらさすがに寒くなったので、食堂でコーヒーを飲みながら登山準備をして、10時20分にまずは西穂山荘に向けて出発。
さすがに雪深く、途中でアイゼンを装着。
去年は装着し難い4本爪だったが、今年は簡単装着の6本爪を買ったので雪道途中でも楽々取り付け
山荘までは楽勝だろうと思っていたが、後半は結構な急勾配になり前爪がないので苦労した。
基本的にはしらびその樹林帯を進んでいくのであまり眺望はないが、所々で開けたところがあり、遥か先に白山が望める。

11時半過ぎに西穂山荘到着。
大っきな雪だるまが迎えてくれた。
テント場には冬季にもかかわらず、20張ほどテントが張られていた。
憧れるなぁ~。
今年こそはテントデビューしたいものだ
ちょうどお昼時間帯なので名物 西穂ラーメンのみそ味と嫁さんは山菜うどんを頂いた(もちろんビールも!!)。
今回はこれを食べに来たようなものである。
スープにからむちぢれ麺がなんか懐かしい味である。
冷えたからだに有難い

1時間程休憩をして、バッジを買って、ザックはデポさせてもらって、丸山に向けて出発。
雪だるまの奥に見える急勾配を登っていく。
ここからは森林限界を超えているので、展望を楽しみながら登っていけるのが嬉しい。
さすがにこのくらいの登りになると、前爪のあるアイゼンでないと滑って登れない。
滑りながらも15分ほどで西穂丸山に到着。

快晴の中 ここでの360°の眺望は日本中の山が見渡せている感覚になるほど素晴らしかった。
西穂、前穂、八ヶ岳、富士山、明神岳、霞沢岳、焼岳、乗鞍、白山、笠ヶ岳・・・。
去年10月に行った上高地も綺麗に見えた。
独標まで行けば更なる展望が望めるが、積雪期における今の我々の装備・技術ではここで引き返さざるを得ない・・・。
残念だが今シーズンに技術を高めて次回は是非。
下りは登り以上にアイゼンが効かずに半分滑りながら山荘に戻って、下山準備をして山荘をあとにした。
丸山からの下りと同様にほぼ滑りながら、バランスを取りながら14時半過ぎに西穂高口駅に着いた。
下りのロープウェイは登りほど混まずに比較的ゆったりと乗車できた。

15時半に下山完了。
道路の雪は結構溶けており安心して運転できそう。
帰りはひるがの高原SAで晩ごはんを食べて、スマートICから一旦降りて直ぐの牧歌の里 牧華で温泉に浸かって21時45分に帰宅した。

今回は久しぶりに天候に恵まれて、北アルプスと周辺の山々の眺望が満喫できた。
やはり積雪期の山域の展望は格別である。
モヤモヤしてた心がちょっと浄化されたかも
反面、装備・技術面では本格的冬季登山にはまだまだであると実感させられた初登りであった。

登山中の画像
登山画像
西穂高口駅・・・マイナス10度
登山画像
西穂高岳
登山画像
笠ヶ岳
登山画像
焼岳
登山画像
登山道
登山画像
遥か先に白山
登山画像
西穂山荘テント場
登山画像
雪だるまがお出迎え
登山画像
名物 西穂ラーメン
登山画像
西穂丸山
登山画像
西穂から南への眺望
登山画像
焼岳・乗鞍から北への眺望
登山画像
上高地
登山画像
2階建てロープウェイ
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 涸沢ヒュッテ ~涸沢
    涸沢ヒュッテ
    綠は本谷まで。涸沢はまだ雪。本谷~涸沢アイゼン+ストック推奨。涸沢から上は前爪アイゼン+ピッケル。
    18年06月20日(水)
    穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    小屋までまだ残雪装備必須(前爪アイゼン+ピッケル+ヘルメット+サングラスなど)。日々状況変化のため最新情報得て。
    18年06月19日(火)
  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    残雪あり山荘までは前爪アイゼン+ピッケル+紫外線対策がまだ必要です。槍沢ロッジ周辺は緑となりました。
    18年06月15日(金)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    6/10より営業を開始しました。今年は例年に比べ非常に雪が少なめですが、秩父沢から先は残雪あり
    18年06月14日(木)

関連する登山記録

もっと見る

ヤマちゃん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年6月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス
遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス 万が一、登山者が動けなくなっても、発信される電波から位置を特定する会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”。詳細はこちら
NEW 「雨の山を楽しむ」GORE-TEX特集の第一弾公開!
「雨の山を楽しむ」GORE-TEX特集の第一弾公開! 横尾山荘 山田直さんが語る「GORE-TEX」。モンベルのストームクルーザーを愛用する山田さんに語っていただきました!
NEW 日本百名山・谷川岳はイベント盛りだくさん
日本百名山・谷川岳はイベント盛りだくさん 山麓のみなかみ町は、ラフティングやキャンプが満喫できるアウトドアの町。夏、開山祭ほかイベントが盛りだくさんの谷川岳へ!
NEW 日帰りの山で重宝するデイパックをテスト
日帰りの山で重宝するデイパックをテスト 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はグレゴリーの「サルボ24」を毛無山の日帰り山行でテスト! 詳しくはこちら
NEW 遊び心あふれる、デニム柄のバックパック
遊び心あふれる、デニム柄のバックパック デニムをまとってハイキングへ! 登山の常識をくつがえすコロンビアのデニムシリーズ。ドクターデニムこと、本澤裕治氏とのコラ...
NEW 「夏の西穂高プレゼントキャンペーン」が開催
「夏の西穂高プレゼントキャンペーン」が開催 L.L.Beanで使えるクーポン券がもれなく当たる! 100年以上の歴史を誇るアウトドアブランドL.L.Bean特集!
NEW 飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト
飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト 笠・双六・槍・西穂・乗鞍ほか北アルプスを登った時の写真を大募集! 奥飛騨温泉郷の宿泊券やロープウェー乗車券が当たる!
NEW 小林千穂さんと登る残雪の八ヶ岳・北横岳
小林千穂さんと登る残雪の八ヶ岳・北横岳 モンチュラのウェア・シューズの中から、標高2000m以上の山を登る時におすすめしたいアイテムを千穂さんがご紹介!
グレゴリーの“あの”大型ザック、新モデル登場!
グレゴリーの“あの”大型ザック、新モデル登場! 【モニター募集中!】新たな「バルトロ / ディバ」の“極上の背負い心地”を体験できるチャンス!
最新スマートウォッチを筑波山で体験!
最新スマートウォッチを筑波山で体験! シンガーソングハイカー加賀谷はつみさんのTrek&Liveツアーで、参加者全員がスマートウォッチを体験! その使...
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ 誰でも歩けて、自然の素晴らしさを感じられる尾瀬のシーズンが始まります。イベント、特典も盛りだくさんの尾瀬をご案内!
高山植物の女王に会える山へ
高山植物の女王に会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山シーズンに向けたアウトドアソックス特集!
登山シーズンに向けたアウトドアソックス特集! 「自分の足に合った登山用の靴下はどうやって選んだらいいの…?」そんな疑問をお持ちの方のための特集です!