登山記録詳細

雪山登山
参考になった 6
厳冬期の八ヶ岳 赤岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

yasuhiro さん
  • 日程

    2018年1月28日(日)

  • 利用した登山口

    美濃戸口   美濃戸  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:美濃戸口の八ヶ岳山荘まで自家用車

  • 天候

    曇り、暴風

この登山記録の行程

美濃戸口(06:00)・・・美濃戸(07:00)・・・行者小屋(09:10)[休憩 40分]・・・赤岳(11:50)[休憩 10分]・・・赤岳天望荘(13:00)・・・行者小屋(14:10)・・・美濃戸(16:10)・・・美濃戸口(17:00)

総距離 約16.5km 累積標高差 上り:約1,619m
下り:約1,619m
コースタイム 標準:9時間10分
自己:10時間10分
コースタイム倍率 1.11
赤岳に登りました。八ヶ岳は本格的な厳冬期を迎えています。積雪は一段と増えています。この日は曇りで、稜線ではとにかく風が強かったです。未熟な私は、稜線で何度か飛ばされそうになりました。

この日も美濃戸口の八ヶ岳山荘から出発。八ヶ岳山荘は朝の5時からやっていました。まだ真っ暗な午前6時から歩き始めましたが、多くの人がすでに歩き始めていました。美濃戸までの林道は積雪が増えていましたが、果敢に入っていく車も結構いました。チェーンをまかない車もありましたが、チェーンはあったほうがいい感じです。

南沢の登山道は、最初からしっかり積雪があります。前回は最初の急斜面まではほとんどありませんでした。アイゼンは行者小屋ではきましたが、帰りは脚力がしっかり残っていない人ははいたまま下山したほうがいいでしょう。

行者小屋には午前9時過ぎに着きましたが、これから登る人よりも下山したきた人のほうが圧倒的に多かったです。テントは数張り。行者小屋はお正月の営業は終わっていますが、中には入れます。すでに雪煙が舞い上がるほど強風が吹いています。空には薄い雲がかかり、日差しは届いていません。ここで水分補給と食事をしましたが、サンドイッチは具が凍っていました。

今回は文三郎道を登り、地蔵尾根を下山しましたが、自分としては正解だっと思っています。雪がとても多く、地蔵尾根の急斜面は相当大変な感じでした。行者小屋では下山してきた人が、(地蔵の急斜面は)ラッセルのようで死ぬほど疲れた、と言っていました。逆に滑りながらの下りは超楽しかったですよ。

文三郎も、階段はほとんど雪に埋没しています。最初の鉄製の階段もぜんぜん気がつきませんでした。しかし基本的にこちらは激しい急斜面はないので、雪が多いことによる歩くにくさというのはそれほどではありません。
森林限界を超えると激しい風が吹き付けてきましたが、中岳からの斜面と合流した尾根ではさらに強くなりました。ザラメの雪が顔に激しく当たり、そうとう痛いです。正面から吹き付けると息ができません。
その尾根を登りキレット分岐まで行っても、思ったほど和らぎませんでした。そこからの岩場も雪に埋まっています。前回はこのあたりでは雪が少なく岩が露出していましたが、完全に雪に埋まっているほうが歩きやすいです。

この日は雲が多く、遠くの視界はイマイチでした。山頂からは八ヶ岳全体と諏訪湖は見えました。阿弥陀岳は荘厳そのもの。

地蔵の頭までの稜線は、超大変でした。風が強く、何度も体が飛ばされそうになりました。ピッケルを雪に刺してそのまま動けない状態に何度もなりました。少し前から調子悪かったのですが、地蔵の頭ではカメラがまったく動かず、そこからの赤岳の写真は撮れませんでした。予備のバッテリーはカイロを入れた袋に密封して保温用のバッグに入れてあったのですが、カイロは氷のように冷たく、バッテリーは全て使えませんでした。カメラそのものも正常に作動しませんでした。帰ってからは正常に動いたので、寒さのためかと思われます。

上述したとおり、地蔵尾根の急斜面は雪の量が半端なく、下りは超楽しかったです。

帰りは雲が厚くなり、最後のほうは雪が降って来ました。美濃戸に着いたころは本降りになっていましたが、気温が低くサラサラの雪なので体がぬれるという感覚はまったくありません。前回・前々回は道が凍っていて何度かすっころんでしまいましたが、今回は積雪がしっかりしており、大丈夫でした。八ヶ岳山荘の駐車場はほとんど車は残っておらず、私がほとんど最後のようでした。

登山中の画像
登山画像
午前6時に八ヶ岳山荘を出発し午前7時に美濃戸…
登山画像
登山道は最初から積雪。ここは南沢歩き始めにあ…
登山画像
積雪は一段と増えています。
登山画像
ここは、夏は枯れた沢を上る場所。岩をよじ登る…
登山画像
横岳。岩の雪はこないだとそんなに変わらないよ…
登山画像
赤岳。天気が良くありませんね。予報は曇り。あ…
登山画像
行者小屋に着いたときは数人が準備していました…
登山画像
小屋は半分雪に埋まっています。営業はしていま…
登山画像
文三郎道と中岳コルとの分岐。赤岳から阿弥陀岳…
登山画像
階段地獄が終わり中岳方面からの道と合流した場…
登山画像
山頂でもゆっくりできず、皆さん写真をパチパチ…
登山画像
ガスがかかっているわけではないので、近くはよ…
登山画像
横岳と硫黄岳。
登山画像
北八ッも天狗岳~蓼科山までしっかり見えます。
登山画像
阿弥陀岳。このとき一瞬ですが日差しが覗き、阿…
登山画像
精鋭たち。私も彼らと一緒に地蔵の頭まで行き、…
登山画像
その後稜線でカメラが動かなくなり、ここまで写…
参考になった 6

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

yasuhiroさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    17日の降雪で、森の中や日陰に残っています。軽アイゼンまたはチェーンスパイク必携で。今シーズンは10月31日泊まで
    20年10月22日(木)
    高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    先週末に初雪が降り25cmほど積もりました。現在はほとんど解けましたが樹林帯には雪が残る箇所があります
    20年10月21日(水)
  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    初雪が降りました。小屋周辺の積雪量は現在25〜30cmほどです
    20年10月19日(月)
    北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    ヒュッテ付近の紅葉シーズンは終盤を迎えましたが双子池や雨池はこれからが見頃のピーク。防寒対策は必須です
    20年10月08日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

yasuhiro さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 6

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...