登山記録詳細

ハイキング
参考になった 5
筑波山梅林~林道コース~ 男体山~薬王院コース~あけの元気館 筑波山梅林、筑波山、男体山、坊主山、椎尾山、つくしこ、あけの元気館(関東)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2018年3月3日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:目黒4:54→山手線→秋葉原5:17~30→つくばエクスプレス→つくば6:28~55→つくバス北部シャトル→筑波山口7:35

    復路:あけの元気館入口14:27→筑西市広域連携バス→筑波山口14:50~55→つくバス北部シャトル→つくば15:41~55→つくばエクスプレス→秋葉原16:40~50→山手線→目黒17:14

  • 天候

    晴れ
    [2018年03月03日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

筑波山口バス停7:35→筑波山梅林8:00→林道コース入口8:23→T字上535m8:50→ケルン(猿田彦コース分岐?)約710m9:06→自然研究路合流9:26→男体山山頂871m9:32→東屋9:39~45→大石重ね9:51→薬王院コース分岐坊9:52→坊主山709.7m9:58→林道10:→椎尾山256m10:25→薬王院10:31~50→つくしこ調整池11:04→あけの元気館11:57

合計4時間22分


総距離 約15.4km 累積標高差 上り:約947m
下り:約940m
3月3日(土)は、筑波山梅林から何本か上っている男体山直登バリエーションルートの中で、一番の地元以外の部外者でも登れそうな「林道コース」にチャレンジして来ました!

帰りは、最近久しく行ってない「薬王院(椎尾山)コース」を下り、ついでに
「あけの元気館」に寄って来ました!

林道コースはかなりはっきりした踏み跡があり、岩場を鎖やロープで強引によじ登るような危険箇所も無いので、上り限定なら誰でも行けます。(※下りは傾斜が急なのでお薦めしかねます)

薬王院コースは、昔行ったの、バスが廃止される前だから20年ぶりぐらいになるんだけれど、やたら階段だらけの道になってしまった。昔はあそこまで階段無かった気がする。

あけの元気館は、筑西市の日帰り温泉施設で、桜川市のバスの路線と離れたところにあるので少し行きにくいですが、椎尾山に下山したついでに寄ることが出来ます。往きは、上大嶋バス停からバスでも行けますが、本数があまり無いので歩いた方が早いです。帰りは上がる時間を合わせて、筑西市のバスで筑波山口か下館に出れば良い。(※あけの元気館入口経由の便がない場合は、明野支所前まで7~8分歩く)

ということで、今日も筑波山口バス停を、ちょっと早く着いたので、7時35分スタート!梅林経由でとりつくので、筑波山神社へ行く道ではなく、1本車道寄りの道を行きます。

そしてその車道に戻って、ひと登りで、筑波山梅林に着きました。昼になると駐車場に停めるの難儀するせいか、すでに駐車場にはたくさんの車!

それを横目で見ながら梅林の中の道を上がって行きます。ちなみにここの梅林は入場料無料です。駐車場は500円。

まだ5~6分といった感じの梅の写真を撮りながら登って行くと、さっき一度離れた林道に再びぶつかるので、左折して梅林を離れ奥に進みます。

そして砂防ダムの前を横切ります、林道が一番高いところまで上ったところが林道コースの取り付きです。8時23分、筑波山口から約50分で到着。と言っても梅林でダラダラしてたから参考にはなりません。

ハイキングの標識(※同じような物が手前にもう1つあるので注意)と、ゴミ捨てるなの標識と、車の待避所にベンチがあります。でもバリエーションルートなので林道コースの標識はありません。

しかし、適当な登り易そうなところから取り付くと、すぐに踏み跡っていうか、ほとんど登山道が出てきます。この道を登ります。

標識は皆無ですが、尾根道だし、水色のテープと岩に赤いペンキて描かれた印と、ナンバー入りの境界標が頻繁に出てくるので迷うことはまずありません。

あと急坂ですが、手を使ってよじ登るような箇所はほとんど無いので、トレッキングポールを持っていった方が楽で登りやすいと思います。

最初のうち、ここは千葉県かよーと思うほど、タブとかスダジイなどの照葉樹の林が続きます。そういえば帰りに寄る椎尾山もスダジイが有名なので、この辺は他より暖かいのかも知れません。

そんな感じで登って行くと、突然マテバシイの幹に「T字上535m」という意味不明の標識が出てきます。別にT字路になってるわけでもないし、何だろうと思いながらさらに進むと、この辺りから岩が多くなり、その間を縫って進むようになります。

そして、600m手前でテラス状になった休憩するのに良い岩があり、さらにその先、700mを少し越えた辺りで、たぶん間違いはないだろうと思うんだけど、上級者コースの「猿田彦コース」の分岐を示すケルンがあります。林道コースを下る場合、左手の踏み跡に入らないように注意!

そしてこのケルンの辺りから、千葉県の山みたいな南国風の照葉樹の林は鳴りを潜め、辺りは一気に明るい落葉樹の林に変わり、一気に中級山岳の体をなして来ます。ブナの巨木とか出てきます。

そんな中をさらに岩の間を縫って進むと、一旦アバウトになっていた踏み跡がまたしっかりしてきて、男体山の周囲を一周している自然研究路にぶつかります。9時26分到着。出たところに迷わないように「警告 入山禁止」の標識がありました。

今日はわりとゆっくり、道を見落とさないように登って来たので、ちょうど1時間ぐらいかかりました。体力的には御幸ヶ原コースより楽なので、通常は40~50分あれば十分だと思います。

それで、その出たところにのすぐ横に見晴らしの良い露岩があって、おじさんがその上で休憩していたので、行ってみました。

つくばの平地が一望出来ます。空気が澄んでいれば、富士山とか丹沢とかも良く見えそうです。雪を被った日光の山はうっすらと見えたんだけど、写真には写らず…。

景色を見たら、次は男体山山頂を目指します。研究路は南側をまわる道が通行止めになっていて、迂回路を登って行くと、電波施設の裏に出て、そのまま9時32分、男体山山頂の神社に着きました。展望とかはいつもの通り。

休憩して行こうかとも思ったけれど、人がドヤドヤ登って来そうな気がしたので、来る途中にあった東屋まで戻って休憩。

休憩後、自然研究路を通って薬王院コースの分岐を目指します。自然研究路この辺りは山頂直下の日当たりの悪い北西斜面になっているため、一部凍結した雪が残っていましたが、アイゼン無しで問題のないレベル。

そして大石重ねの願いが書かれた小石がたくさん積み重ねられた場所を過ぎると、1分で薬王院分岐に。ここから最初にも書いたやたら階段だらけになってしまった道を下ります。

下りはじめてすぐ、坊主山山頂を往復する道が分岐するのでついでに寄って行きます。坊主山山頂は標識も何も無い場所ですが、この間雪で行けなかった男川沿いに下る道の踏み跡はしっかりしたものがありました。

薬王院コースに戻り、再び階段を下ります。薬王院コースはあまり人が行かないマイナーな道という印象があったんですが、思いの外、たくさんの登って来る人に会いました。筑波山神社の方に行くと、駐車場代が高いからかな?

そして、コース中間地点の林道を過ぎると、傾斜が緩んで階段はほとんど無くなり、俄然下りやすくなります。椎尾山山頂は、さっきの坊主山と同じく、途中から分かれてピストン往復ということだったので、標高300mぐらいから右手に注意しながら下るようにしていると、標高250mと書かれた柱のところから入る道があったので入って行ってみると、軽く上りきった左手の林の中に、手書きの小さな山頂標識がありました。

再び薬王院コースに戻ると、すぐに薬王院横の舗装道路に出て、右に100mほど進むと山門に到着。薬王院分岐から坊主山と椎尾山の山頂に行って、約40分で下りきることが出来ました。思ってたより遥かに近かった!

せっかく来たので薬王院の境内を散策して、お参りもして行きます。なんかここ、三重の塔が有名らしいですね。それから最初の方にも書いたけど、スダジイなどの照葉樹の林。

あとお寺で、ここは真壁じゃないけど真壁のひなつりもやってました。同じ桜川市民ってことで友情演出かな?

薬王院で休憩後、舗装道路で下に下ろうと思ったら、「近道」の標識があったので行ってみたら、凄いやぶで難儀したので、ここの近道は入らない方が良いです。

なんとか舗装道路に戻ったら、次はついでのついでにつくしこ調整池にも寄って行きます。つくしこは割りと高い場所に灌漑用に人工に作られたダム湖で、桜の名所らしいです。

つくしこから下のバス通りに下りたら、今日の最終目的地「あけの元気館」をめざして、ここ距離ありすぎて歩くとかったるいので、いつものようにスロージョギングで向かいます。

広い田んぼの中の道を進み、桜川の橋を越え、突き当たったら右折し、あとはひたすら一直線の交通量の多い道を進んで行くと、農協の先に筑西市役所の明野支所があるので、この辺まで来たらあと少しなので、ジョギングを歩きに変えて足を休めます。

そして真新しい巨大な図書館と公民館が出てきたら、あけの元気館はその横の信号を渡ったすぐ先です。11時57分、ギリギリ12時前に着きました!今日は目標12時半だったから30分早いです。

あけの元気館は、筑西市の公共の日帰り温泉で、公民館の隣という立地条件から推測出来る通りの、温水プールや軽い運動施設なとが併設された複合施設です。そのせいか、駐車場に車が多いわりに温泉は比較的すいています。

料金は700円で泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉、いわゆる塩泉系な訳ですが、あまり塩分が濃くないのでサラっとした感じです。お湯も無色透明で、湯の花みたいなのも無し。でも露天風呂もサウナも公共の温泉では省かれていることが多い水風呂もちゃんとあります。

あと食堂もちゃんとあって、ビールも飲めます。

ここで湯上がり後、カツカレーを食べ、グラスビールを飲みました。味は市役所の食堂レベルなんだけど、周りに何も無いところなんであるだけ助かります。

帰りは筑西市のバスで筑波山口に戻ったのですが、バス停が温泉から少し離れた変な場所(ヒント:砂利道の彼方)にあるので、来る時に位置を確認できなかった場合は、温泉の従業員の人に聞いた方が良いです。でないと焦って探す羽目になります。

筑波山まるかじり
http://tsukubasan2983.web.fc2.com/

筑波山の登山コース・概要説明 - DTI
http://www.jade.dti.ne.jp/hyakuzan/ntsukuba/route.html

つくバス北部 シャトル 時刻表
http://www.aokiya-hotel.com/images/access/tsukubus-hokubu.pdf

筑西広域連携バス-チラシ
http://www.city.chikusei.lg.jp/data/doc/1506942607_doc_41_0.pdf

あけの元気館
http://akenogenkikan.jp/

登山中の画像
登山画像
バスの車窓からの筑波山。中央左の白っぽい尾根…
登山画像
今朝も筑波山口スタート!
登山画像
まずは筑波山梅林に行く。
登山画像
白梅♪
登山画像
紅梅♪
登山画像
梅のトンネルの中を行く。
登山画像
梅林上部からの眺め♪
登山画像
梅林を離れて林道を奥へ。
登山画像
砂防ダムを1つ横切る。
登山画像
そして林道が一番高く上ったところからとりつく。
登山画像
取りつき地点にある関係ない標識。同じものが手…
登山画像
それから車の退避場の横にゴミ捨てるなの標識も…
登山画像
林道コースはこの周辺のバリエーションルートで…
登山画像
そして岩に赤いペンキで印がつけられている。
登山画像
さらに空色のテープもあり。
登山画像
コースの下の方は千葉県を思い起こさせるスダジ…
登山画像
「T字上535」の意味不明の標識があった!下がっ…
登山画像
この標識のあたりから岩が多くなってきて、その…
登山画像
たぶん猿田彦コース分岐のケルン。標高700m前後…
登山画像
横向き人面岩発見!
登山画像
人面の部分拡大!!きっとエロ坊主が仏の怒りに…
登山画像
山頂が近づいてくるとブナの巨木とかが出て来て…
登山画像
林道コースの出口です。わかりやすいように「警…
登山画像
その出口のすぐそばにある見晴らしの良い露岩!…
登山画像
見晴らしの良い露岩から見た下界の眺め。
登山画像
宝篋山と霞ヶ浦!
登山画像
自然研究路に合流。
登山画像
自然研究路は崩落防止のためにコンクリートの道…
登山画像
電波塔の横に出た。
登山画像
男体山山頂到着!
登山画像
今日は行かない女体山。
登山画像
男体山山頂から、富士山は見えないので、今日上…
登山画像
来た途中にあった東屋まで戻って休憩。
登山画像
この東屋の前がV字谷コースの出口なのかな〜??
登山画像
ほんの少し雪の残る自然研究路を行く。当然アイ…
登山画像
大石重ね着いた!小石ばっかなんですけどー!
登山画像
薬王院コース分岐に到着。
登山画像
ひたすら続く長い階段の始まり!
登山画像
その前に、坊主山に寄って行く。
登山画像
中間地点の林道に着いた。
登山画像
さらに下り、椎尾山山頂へは標高250mの分岐を右…
登山画像
手書きの小さなプレートしかない椎尾山山頂です。
登山画像
薬王院の山門に着いた!奥武蔵の子ノ権現で見た…
登山画像
スダジイの巨木のある階段を上って本堂へ。
登山画像
薬王院本堂!
登山画像
有名らしい三重の塔!
登山画像
3月3日なのでここでも真壁のひなまつりやって…
登山画像
薬王院から下のつくしこへ下る!
登山画像
さらに下ってバス通りへ。
登山画像
田んぼの真中から筑波山。右の山頂が男体山、左…
登山画像
桜川を橋で渡る。
登山画像
筑西市に入ったー!
登山画像
この辺からバスに乗ってもいいのだが、もう半分…
登山画像
あけの元気館の看板が出て来た!
登山画像
あけの元気館到着。来る時、隣の公民館に間違っ…
登山画像
風呂上がりのビール。
登山画像
今日の昼飯はカツカレー。
登山画像
サラダつきです。
登山画像
山梨県北杜市方面で聴いたことのあるような明野…
登山画像
帰りは筑西市のバスで筑波山口に戻ります!
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年9月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開中
カリマー「クーガー」モニターレポート公開中 25kgの荷物を5〜6時間背負っても疲労感が少なくフィッティングの良さを実感したという、もりちかさんのレポート公開!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて大町市に移住した2つの家族。移住の経緯や大町暮らしの魅力を聞いた。移住体験会では参加者を募集中!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。