登山記録詳細

雪山登山
参考になった 3
赤城地蔵岳・長七郎山を周回~春山気分を味わう。熊に注意~ 赤城地蔵岳・長七郎岳(上信越)
img

記録したユーザー

モーちゃん さん
  • 日程

    2018年3月13日(火)

  • パーティ

    2人 (モーちゃん さん 、妻 さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:地蔵岳登山口のある八丁峠駐車場を目指す。関越道駒寄ETCを出て上毛大橋を渡り荒牧町北を直進。新しくできた上武道路を右折し赤城道路(県道4号線)に入る。ビジターセンターの先、鳥居峠の手前を右折し、大胡赤城線(県道16号線)に入るとアイスバーン。スタッドレスタイヤが必要。八丁峠⇔赤城温泉は毎年冬季通行止め(12月19日~4月9日)。

  • 天候

    晴れ。気温八丁峠P8:30 4℃、小沼P13:10 11℃。暖かく、弱い南風。
    [2018年03月13日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

自宅(所沢市)6:10・・・駒寄ETC・・・8:21大洞駐車場(トイレ)8:25・・・8:30八丁峠駐車場(登山口)8:52・・・9:40地蔵岳(休憩の後アイゼンを付ける)10:15・・・10:45八丁峠駐車場(アイゼンを外す)11:01・・(車移動)・・11:03小沼駐車場11:10・・・12:00長七郎山(昼食)12:30・・・12:50小沼水門12:52・・・13:08小沼駐車場13:20・・・駒寄ETC・・・15:45自宅。

 春山を歩きたいと考え、積雪量が少なく、車でアプローチの良い、赤城山へ行きました。先に八丁峠から地蔵岳を往復。車を移動し、小沼駐車場から時計回りに小沼の外輪山(長七郎山)を巡りました。

 眺望は、春霞が広がって、遠景はぼやけていました。それでも、肉眼で武尊山・谷川岳・日光白根山・皇海山・至仏等が目視できました。黒檜山や駒ヶ岳は、目の前で眺めることができ、うれしかったです。

 雪が陽射しや気温の上昇と共にシャーベット状になっている箇所が多かったです。圧雪され、凍結している箇所も少しはありました。つばが広い帽子をかぶり、サングラスをかけ、シャツ2枚になって歩きました。軽アイゼンは、地蔵岳の下りだけ使用しました。

 出会った登山者は、たったの7名でした。「今日は、暖かいですね。」と挨拶を交わしました。昼食は、長七郎山の広場で摂りました。コンビニおにぎりが冷たくなく、美味しかったです。サーモス水筒に入れて来た湯で、コーヒーを入れて飲みました。

(参考にしていただきたいこと)
○ トイレは、小沼駐車場・ビジターセンターは冬季閉鎖。スキー場前の大洞駐車場が使用できます。売店・食堂があるおの駐車場も使用可。
○ 大沼では、ワカサギ釣りのテントがたくさん見え、釣り人がいました。小沼は、氷が融けて、うすい場所がいくつもあるようです。危険ですので、小沼を横断するのはやめた方が良いです。
○ 熊の新しい足跡を発見しました。八丁峠で工事をしていた人に教わりました。今朝見つけたそうです。地蔵岳山手前でもありました。冬眠から覚めた熊が活動し始めたようです。念のため、熊鈴を鳴らして歩きましょう。

登山中の画像
  • 八丁峠駐車場(県道脇)の様子。登山口は右斜めにある。
  • 災害復旧工事のため通行止め。
  • 八丁峠から赤城温泉間は冬季閉鎖。期間は毎年12月19日~4月9日。
  • 熊の新しい足跡が八丁峠近辺と地蔵岳山頂前にあった。要注意だ。
  • 駐車場は県道脇の他にも登山口前にもあるが積雪があり、ぬかるんでいるので、避けた方が良い。
  • ここは、積雪が融け始め、木製の階段が出ている。アイゼンをつけず、山頂まで歩いた。
  • 一方、雪に埋もれている箇所も多い。階段と階段の間を踏み抜かないように注意。
  • 九十九折の山道。表面はシャーベット状だが、その下は圧雪されて凍結している。下りは滑るので、山頂で軽アイゼンを付けた。
  • トラバース道は、積雪がやや多い。ここは絶景ポイント。
  • 小沼と外輪山。左は小地蔵岳、右は長七郎山。
  • ズームする。向こう側は長七郎山。
  • 熊の足跡。山頂付近も歩いているようだ。冬眠から覚めたもよう。
  • 地蔵岳山頂に到着。
  • 中央の奥は黒檜山、右は駒ヶ岳。麓は大沼。
  • 左は見晴山。遠景は谷川連峰。
  • 地蔵岳の標識。山頂部はアンテナだらけ。「アンテナ山」とも呼ばれている。工事関係者が10名位点検のため、登って来た。
  • 三角点。
  • 八丁峠に下山し、車を小沼駐車場へ移動させる。
  • 小沼の説明板。
  • 時計回りに外輪山を歩く。アイゼンは結局付けずに周回してみた。
  • 説明板。
  • 大沼と小沼についての説明。
  • 右奥は黒檜山、重なるように手前は駒ヶ岳。
  • ズーム。
  • 登山道はふきだまりになっていて積雪が多い。
  • 南西斜面には雪がみられず、笹が茂っている。
  • 融雪が進んでいる場所には全く雪がない。泥濘が酷いので、閉口してしまう。
  • 遠景は春霞の中。目を凝らすと左に日光白根山や皇海山が見えて感激。
  • 左には雪庇ができているので、要注意だ。足跡は登山者ではなく、小動物だ。雪庇には絶対に乗らないこと。
  • 長七郎山頂の様子。
  • 積雪がある場所と全くない場所。岩石の上で昼食。コーヒータイム。
  • 荒山。
  • 長七郎山広場から見た地蔵岳。
  • もう一枚。雪が融けて、凍結した箇所もあったが、アイゼンを付けずに歩けた。
  • 小沼水門に到着。陽射しが一段と強くなり、暖かい風が吹いていた。
  • 小沼の様子。よく見ると所々融けているので、立ち入らない方が良い。表面は雪に覆われている。
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モーちゃんさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モーちゃん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2018年12月15日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは?
軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは? 「山の道具研究者所 アウトドアソックス編」をリニューアル! 今回は登山スタイルに合わせた靴下の選び方を特集します。第一弾...
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す
細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。北海道・十勝岳で、凝った作りの寝袋、ニーモの「ラムジー15」をチェック!
NEW 年末年始は山小屋で過ごしませんか?
年末年始は山小屋で過ごしませんか? 冬季・年末年始の山小屋営業情報をピックアップ! 年末年始を年越しで過ごしたい登山者のみなさま、ぜひご活用ください!
NEW 年末年始の山小屋は・・・? 体験ルポ掲載中!
年末年始の山小屋は・・・? 体験ルポ掲載中! ライターの小野泰子さんが山小屋の年越しイベントを初体験! 年末年始の赤岳鉱泉と行者小屋の模様をレポートしました。
NEW 富士登山についてのアンケート
富士登山についてのアンケート 富士登山についてアンケートのお願いです。抽選で富士山グッズをプレゼント! 富士山未経験の方もぜひご参加ください。
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ―― 紅葉シーズンは残り僅か。秋を堪能した人は、その美しい山の情景を紅葉写真コンテストにご応募ください!
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!