登山記録詳細

トレイルランニング
参考になった 3
武蔵五日市駅から高尾山口駅まで縦走してみた 今熊山、刈寄山、市道山、醍醐丸、陣馬山、堂所山、景信山、城山、中沢山、草戸山(関東)
img

記録したユーザー

モリゾー さん

この登山記録の行程

武蔵五日市駅(08:03)・・・今熊神社遥拝殿・・・今熊山(09:00)・・・刈寄山(09:38)・・・入山峠(09:44)・・・市道山(10:52)[休憩 10分]・・・醍醐丸(11:39)・・・和田峠(11:56)・・・陣馬山(陣場山)(12:12)[休憩 10分]・・・奈良子峠(12:31)・・・明王峠(12:36)・・・底沢峠(12:39)・・・堂所山(12:50)・・・景信山(13:16)・・・城山(小仏城山)(13:48)・・・大垂水峠分岐・・・大垂水峠(14:11)[休憩 7分]・・・大洞山(14:38)[休憩 5分]・・・中沢山(14:57)・・・西山峠(15:18)・・・三沢峠(15:35)・・・草戸山(15:54)[休憩 8分]・・・四辻(16:47)・・・高尾山口駅(16:56)

総距離 約38.1km 累積標高差 上り:約3,406m
下り:約3,401m
コースタイム 標準:15時間55分
自己:8時間13分
コースタイム倍率 0.52
 昨年、奥多摩駅から武蔵五日市駅まで縦走した際に、駅から駅まで(特に終点駅同士)の縦走の面白さとその利便性の良さから、車を使わない旅というのもまた良いものだなぁと思えたのもあって、その後この計画を立てていました。車の良さは自由度の高さと寝泊りできるという点だと思っていますが、疲れていて今すぐ休みたいと思っていても自分で運転して帰らないといけないという点はちょっと…(b´∀`)ネッ。んで来月は毎年恒例の行事があるので、ある程度体は作っておかねばということもあったので、この度実行してみました。

 武蔵五日市駅の朝は私が想像していたよりも賑やかでした。ハイカーさんは分かるとしても、トレイルランナーの方々が多かったです。何でかと思っていたら来月ハセツネ30Kがあるそうで、それが原因のようです。とは言え戸倉地区の山はランナー以外にはちょぼちょぼハイカーさんがいるくらいで静かなものでした。道は基本的には良く整備されており、登りやすいと思います。和田峠まではそこまで人に会うこともないので静かな山歩きが好きな人にはいいかもです。ただ正直地味な山域だと思いますので、玄人好みといったところでしょうか。和田峠からは言わずもがなの大賑わいの至れり尽くせりな登山道になります。南高尾に入っていくとメインルートと打って変わり、またひっそりとした里山へと戻ります。高尾周辺の山って何だか不思議な感じですね(b´∀`)ネッ

登山中の画像
  • 武蔵五日市駅からスタート
  • 登山道に入る前に迷ってしまいましたが、何とか復帰(;^ω^)。当初とは違う道になってしまいましたが、広徳寺だそうです
  • ちょっと見晴らしのいいところからあきる野市内
  • モリモリと登って
  • 今熊山(今熊神社)到着
  • 今熊山の標識も
  • またモリモリと歩いて
  • 刈寄山に向かう途中で立ち枯れた場所があり、眺めがよかったのでパシャリ
  • もう一発パシャリ
  • 刈寄山到着
  • 八王子方面が望めます
  • 刈寄山から戻って一度林道に出ると入山峠になります
  • また黙々と登って
  • 地味~な弾佐衛門ノ峰を過ぎ
  • 鬱蒼とした林を駆け抜け
  • 724P(栗ノ木沢ノ頭)を通過
  • 特に地図上には記載はなかったのですが、ここは鳥屋戸というそうな…
  • 伐採地があり眺めがよかったです。右のピークが恐らく臼杵山でしょう
  • もう直ぐ到着する市道山と
  • 振り返ると刈寄山
  • 何だかヘリが騒々しく飛んでいるのですが、まさか遭難事故でしょうか?
  • 市道山分岐を越えて
  • 市道山到着
  • また黙々と登って
  • 薄っすらと醍醐丸見え始めました
  • 醍醐丸到着
  • すぐに和田峠到着
  • 急坂を辛抱強くこなして
  • 山頂間際、登ってきた戸倉方面を
  • 生藤山方面
  • お約束の陣馬山
  • 権現山方面
  • この辺から富士山が見えるはずだけど…
  • 陣馬山から先は賑やか。道は広いので走りやすいですが、人も多いので飛ばし過ぎは厳禁
  • 堂所山まであと少し
  • 堂所山到着
  • 飛ばして景信山到着
  • おわかりいただけただろうか…山から黄色いもやが吐き出されているのが…(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル
  • 小仏峠到着
  • 小仏城山到着
  • 南高尾山稜コース分岐到着
  • 気持ちの良い静かな道
  • 急峻な坂を下ると沢に出ます
  • 大垂水峠到着
  • 南高尾山稜コースでは常緑低木が目立ちました。この辺で唐突に足が動かなくなり、ここからは七割方歩きになりました
  • 大洞山到着
  • 明るい尾根が嬉しい
  • 中沢山には観音菩薩がありました
  • 津久井湖が見えそうで見えませんでした。丹沢もモヤモヤして何が何だか…つД`)グスン
  • 泰光寺山到着
  • 何だかごちゃごちゃしたここが、三沢峠
  • すぐに榎窪山に
  • ここからはだだっ広い道になります
  • 城山湖ですね
  • ようやく草戸山到着
  • あとは展望のほぼない道をひたすら進んで
  • 四辻到着
  • やっと下山完了
  • 高尾山口駅到着、お疲れ様です
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、ヘッドライト(+予備電池)、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、カメラ、ツエルト、健康保険証、行動食
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モリゾーさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 高尾ビジターセンター ~高尾山
    高尾ビジターセンター
    ノハラアザミ、シロヨメナ、ヤブマメなど秋の花が咲揃い。ススキも穂を伸ばしてます。汗が冷えるので上着の用意を。
    18年09月20日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モリゾー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2018年9月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドのインソールを試す!
小林千穂さん、オーダーメイドのインソールを試す! 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 秋山PICK UP ITEM! ファイントラック 
秋山PICK UP ITEM! ファイントラック  寒暖差が激しい秋、低体温症のリスクを軽減するfinetrackのスキンメッシュ。『秋山JOY』連動企画でその秘密を紹介
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定!
優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定! 沢山の方に参加いただいた「飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト」。525点の写真の中から入賞作品を発表!
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。身体のケア、リカバリーはどうしてるの? そのノウハウを訊きました
NEW 分厚いミッドソールのトレッキングシューズ
分厚いミッドソールのトレッキングシューズ 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は「ホカ オネオネ」のミッドカットモデルをインプレ。ミッドソールの推進力に注目!
NEW 山形県寒河江市で実現するライフスタイル
山形県寒河江市で実現するライフスタイル シリーズ「山の麓に住む」は、山形県寒河江市を紹介。適度に田舎で暮らしやすい、その魅力に迫る。移住説明会も開催!
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!