登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
六方の滝から南郷山、幕山を回る 六方の滝・幕山・南郷山(関東)
img

記録したユーザー

shine4153 さん

この登山記録の行程

幕山公園第三駐車場(8:02)・・・幕山登山口(8:13;8:19)・・・一ノ瀬分岐(8:31)・・・大石ヶ平(8:48)・・・土肥大杉跡分岐(9:16)・・・六方の滝分岐(9:36)・・・第一の滝(9:49)・・・六方の滝(10:00;10:13)・・・六方の滝分岐(10:30)・・・土肥大杉跡分岐(10:47)・・・大石ヶ平(11:08;11:45)・・・自鑑水分岐(12:18)・・・自鑑水(12:25)・・・分岐(12:41)・・・南郷山(12:47;12:52)・・・白銀林道出合(13:05)・・・自鑑水分岐(13:28)・・・幕山(13:41;13:57)・・・周回路合流点(14:09)・・・幕山登山口(14:52;15:04)・・・幕山公園第三駐車場(15:11)


総距離 約15.3km 累積標高差 上り:約1,378m
下り:約1,380m
湯河原の奥に「六方の滝」という柱状節理の岩でできた滝があることを知り、自分の目で確かめてみたくなり出掛けてきました。折角なので梅林で有名な幕山と南郷山もルートに入れて計画してみました。
事前の調べでは、六方の滝へのアプローチは登山道から滝へ向かう部分がかなり厳しいルートのように感じていましたが、それなりの厳しいルートであることは間違いありませんでした。
「六方の滝への分岐」と言われる道標(土肥大杉跡1,100mと記載されている)から沢の上流へ入って行くわけですが、マークテープは木々にしっかり付けられていますので確認しながら進めば迷うことはありません。このルートを辿るには3回の渡渉が必要ですが、岩が大きかったり流れもそれなりにありますので充分な注意をもって渡る必要があります。
六方の滝のところには3つの滝がまとまって存在し、1番目と2番目の滝は直ぐに目にすることができますが、3番目の「六方の滝」は水量の細い2番目の滝の右側に入口があり、ここを登って行かなければ目にすることはできません。この入口から20メートルくらいまでは傾斜が厳しいので、用意されているロープを使って慎重に登るようにします。その後ロープが付いたトラバース道になり、トラバース道の終端を沢に下りれば目の前に柱状節理の滝が現れます。
六方の滝から戻って「大石ヶ平」で昼休憩としましたが、大きな石をテーブル代わりとして休憩できました。
ここから「自鑑水分岐」までの間に複数個所の泥濘がありましたが、それ以外は気持ちよく歩けるルートでした。
南郷山南斜面から見る真鶴半島の景観は素晴らしく、また幕山の梅林も時期は過ぎていましたが見ごたえのあるものでした。

登山中の画像
登山画像
幕山公園第三駐車場に止めました。
登山画像
こちらは第一駐車場、まだ十分に空いていました。
登山画像
登山口手前から見た幕山と梅林、まだまだ綺麗で…
登山画像
先ずは新崎川に沿って「六方の滝」へ向かいます。
登山画像
一ノ瀬分岐、左は「しとどの窟」へ通じます。
登山画像
左の碑には「鍛冶屋山の神」とあります。
登山画像
山の神隣には「吉浜財産区記念碑」があります。
登山画像
「大石ヶ平」に来ました。
登山画像
ここで林道は終わり、右の山道へ進みます。
登山画像
白銀林道と交差、右の土肥大杉跡へ進みます。
登山画像
下に白銀橋が見えます。
登山画像
深沢を渡ります。
登山画像
ここが「六方の滝分岐」と言われているところ、…
登山画像
入ると直ぐはこんな感じです。マークテープはあ…
登山画像
ここで対岸側へ渡ります。
登山画像
そして直ぐに渡り返します。
登山画像
ここで3回目の渡渉をします。
登山画像
分岐から10分、1番目の滝が姿を見せます。
登山画像
左へ進むと、流れの細い2番目の滝が現れます。
登山画像
2番目の滝の右側を良く見るとロープが見えルー…
登山画像
一段登るとこんな感じで続いています。
登山画像
これが「六方の滝」、柱状節理の岩がはっきり確…
登山画像
ほぼ「六方の滝」の全景です。
登山画像
こんな工事をしていました。何でしょうか?
登山画像
大石ヶ平へ戻ってきました。ここでランチとしま…
登山画像
自鑑水分岐へ向かう途中の泥濘箇所、2ヶ所くら…
登山画像
自鑑水分岐、向こう側から来ました。南郷山へ向…
登山画像
自鑑水に来ました。
登山画像
いわれが書いてあります。
登山画像
こちらは石碑になっています。
登山画像
自鑑水を過ぎて進むと、左は「小道地蔵堂寺屋敷…
登山画像
南郷山(610m)に到着しました。ベンチがあると助…
登山画像
山頂から東に小田原城CCが見えます。
登山画像
南郷山南斜面からの眺望、真鶴半島や湯河原CCが…
登山画像
白銀林道との合流点、幕山へ向かいます。
登山画像
白銀林道出合。
登山画像
自鑑水分岐へ戻ってきました。
登山画像
幕山山頂、こちらも広いです。
登山画像
幕山山頂、周回ルートを回って下ります。
登山画像
周回ルートとの合流点。
登山画像
南斜面からの眺望、湯河原町の街並み。
登山画像
梅林まで下りてきました、岩場ではロッククライ…
登山画像
八重の紅梅は満開でした。
登山画像
枝垂れ梅も見頃ですね。
登山画像
幕山登山口へ下りてきました。
登山画像
幕山と梅林、正面の岩が朝よりはっきりしていま…
登山画像
駐車場に戻りました、無事に感謝して終了です。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、カップ
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

shine4153さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

shine4153 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年2月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。