登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
アイスモンスターはもういない、白銀されど春近しの荒島岳(勝原コース) 荒島岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2018年3月11日(日)

  • パーティ

    2人 (Yamakaeru さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:勝原スキー場の駐車場。ただし、勝原スキー場はつぶれているため、ナビには勝原駅をセット。福井(大野)方面から来ると駅を過ぎて少し行ったところの右手。見落としやすいので注意。駐車場は30台近くは停められる。無料。トイレもあるが、冬季は閉鎖につき注意。

  • 天候

    晴れ
    [2018年03月11日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

駐車場(05:47)・・・荒島岳登山口標柱(06:41)・・・トトロの木(07:08)・・・白山ベンチ(07:25)・・・シャクナゲ平(08:16)・・・もちが壁(09:30)・・・前荒島・・・中荒島岳・・・頂上(09:52)・・・中荒島岳・・・前荒島・・・もちが壁(10:16)・・・昼食(10:47~11:49)・・・シャクナゲ平・・・白山ベンチ・・・トトロの木(12:11)・・・荒島岳登山口標柱(12:31)・・・駐車場(12:59)


総距離 約8.9km 累積標高差 上り:約1,329m
下り:約1,329m
天気予報は快晴。気温が上がる前に高度を稼ごうとまだ暗いうちに大野にやってきた。市内で「通行止め」の看板が光っていた時には一瞬驚いたが、登山口のある勝原までは幸い問題はなかった。警備の人曰く、数日前の雨でかなりの規模の雪崩があったとのこと。
5:15に勝原の登山口駐車場に到着。前泊(テント泊)の人か既に数台の車が停まっていた。
まだ暗闇の世界。外に出ると強く冷たい風が吹き荒れていた。いつもの装備に加え、ヘッドライトを装着。暗がりの中、手探りで靴紐を結んでいると、徐々に周囲が見渡せるようになってきた。目が慣れてきたのか、と思いきやもたついている間にシラジラと夜が明けてきたようだ。日の出は6:13。時間はまだ早いが、更に数分後には、ヘッドライトなしでも十分歩ける明るさにまでなっていた。
結局、ヘッドライトをしまい歩き出す。いつもながら荒島岳は登山口までがやたら長い。スキー場のゲレンデ跡を真っすぐに登った後、林道に沿いながら蛇行していく。登山口はその上のリフト跡のところにある。きっとスキー場があった頃は、ここまでリフトで登ることができたからだろう。そのリフト跡の手前には、結構な斜面がある。個人的に荒島岳に対する小荒島に対抗して小もちが壁と呼んでいる。もちが壁とは荒島岳の名物、山頂手前にある登山者の行く手を阻む壁の事。
小もちが壁からは、大野市街とそれを囲むような高い山々が見渡せる。特に経ヶ岳が綺麗に見えるお勧めの場所だ。荒島岳登山開始のウエルカム眺望が見える場所だ。ちょうどそこを歩いている最中にベストタイミング。太陽が昇ってきて経ヶ岳を赤く染めた。
早い時間に頑張った甲斐があり、雪面はしっかりと凍っていて沈み込みは全くない。今日は、どのみちアイゼン必須と、かなり早いうちからアイゼンを装着することにした。
見上げると青空が広がっている。尾根伝いにまずはシャクナゲ平を目指す。雪に覆われた静かな森の中に、時折、木を連打する音が響き渡る。キツツキだろうか。春に向かっていろんな生き物が動き出している。
シャクナゲ平にやっと着く。意外に長い行程で、よく知っているはずなのに、何度、目の前の丘をシャクナゲ平と見誤ったことか。シャクナゲ平では緑色の鮮やかなテントが3つほど設営されていた。夏に来るとそれほど見晴らしはよくないが、冬は積雪で地面が高くなる分、特別美しい景観が楽しめる。また、この近辺から樹氷が楽しめる。シャクナゲ平付近では氷の枝という感じだが、山頂に向けて高度を上げていくと、木々に雪が付着した真っ白な造形が楽しめる。数日前の新聞に荒島岳にアイスモンスターが確認できたとの写真入りの記事が出ていた。例年、山頂付近は格別な風景となる。
いったん、コルを降って、最初の壁にとりつく。ここから先はそれなりに冬山としてリスクある場所となる。一方で、空に延びていくような雪の壁を登っていく感覚と見晴らしは格別だ。個人的には、ここから見る銀杏峰が大好きでそのために毎年来ているようなものだ。
どんどん高度を上げていく。大野の市街が箱庭のように見える。まだ町全体が真っ白で今年の豪雪ぶりが見て取れる。
高度を上げる程に見事な樹氷が目を楽しませてくれる。一直線に延びていく尾根伝い登山道が楽しくて仕方がない。登り切ると、向こうに大きなピークがもう一つ見える。山頂は隠れてまだ見えないが、ここが最後の難関、もちが壁。実際に登ってみると大したことはないが、目の前で見ると、壁のように大きく行く手を阻む、そんなスケール感がある。
大したことはないと言いつつも滑落したら大変なので、気を付けながら登っていく。気分的にピッケルもフル活用。
もちが壁を登り切ると前荒島。もう山頂も近い。雪庇がせり出していて、5mほど内側の安全圏を歩いているつもりが、よく見るとあちこちにクラックが入っている。見事な樹氷も健在だが、確実に春に近づいている証拠だ。
山頂到着。小さな祠が屋根を残して殆どが雪の下になっていた。手が届くほどに近くに白山が見える。360度の大パノラマ。まさに百名山の実力だ。しばし、眺望を堪能して山頂を後にする。振り返ると、あっという間に山頂がガスに飲み込まれていった。快晴の時に山頂に立ててラッキーだった。

登山中の画像
登山画像
ヘッドライトを装着。
登山画像
そうこうしているうちに明るくなってきました。
登山画像
経ヶ岳に朝日が差し込みます。
登山画像
日の出です。
登山画像
あの特徴的な樹は、、、トトロの木です。
登山画像
白山、別山が良く見えます。
登山画像
枝に尻尾が育っています。
登山画像
シャクナゲ平。テントが。。。。実はYAMAPでお知…
登山画像
小荒島が見えます。
登山画像
銀杏峰が最高ですね。
登山画像
今日のもこもこ。
登山画像
銀世界。
登山画像
太陽に向かって登っていきます。
登山画像
大きな穴が。危ない。
登山画像
もちが壁を登っていきます。
登山画像
おっと、ここにもクラックが。
登山画像
太陽が近い。
登山画像
W 
登山画像
谷が白山に向かって延びています。
登山画像
山頂も目の前。
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    どこまでも太陽に向かって歩きたいですね♪

  • Yamakaeru さん
    荒島の最期の登りはそんな感じですね。

  • レオ さん
    お互いにグッドタイミングな山頂でしたね。来シーズンはアイスモンスターを見に行きましょう。(^。^)

  • Yamakaeru さん
    たくさん降ったのに溶けるのは早いですねー。加えて週末の出勤で不完全燃焼です。(^-^)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月6日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!