登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 8
ミツマタを求め西丹沢ミツバ岳へ ミツバ岳、権現山、屏風岩山(関東)
img

記録したユーザー

aoto さん
  • 日程

    2018年3月24日(土)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:行き:小田急線 新松田駅から富士急湘南バスで浅瀬入口へ
    帰り:富士急湘南バス 大滝橋から小田急線 新松田駅
         (途中、西丹沢ホテル時之栖(ときのすみか)で下車)

  • 天候

    晴れ
    [2018年03月24日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

浅瀬入口バス停(8:20)-ミツバ岳登山口(8:45)-ミツバ岳(9:40)-権現山(10:30)-二本杉峠(11:10)-屏風岩山(12:15 12:40)-大滝峠上(13:10)-大滝橋バス停(14:20)


総距離 約14.9km 累積標高差 上り:約1,676m
下り:約1,566m
 そろそろ丹沢のミツマタが咲くころなので、群生しているミツバ岳を経由し、北側の尾根を歩いてみました。
 浅瀬入口バス停からミツバ岳登山口までは丹沢湖脇の車道を歩きます。途中小さな滝が3つありました。登山口手前の駐車場に超望遠を付けたカメラを三脚にセットし空に向けている方が大勢いらっしゃいました。駐車場に入りきれなかった方にお話を伺ったところクマタカの撮影が目的との事でした。
 ミツバ岳は山と高原地図では破線のルートですが、迷いやすいような場所もなく、大勢の方がミツマタを求め登ってました。山頂は木々に囲まれており、登って来た道から見て左手にミツマタが群生してます。満開ちょっと前という感じでしたが黄色い花で覆い尽くされてました。
 ここから、北側に山歩きを楽しんできました。所々地図で破線の箇所がありますが、一番悩むのが二本杉峠を過ぎて屏風岩山へ向かう場所でした。二本杉峠の分岐は直登するか、左を巻くかどちらかになります。ここは、左を巻きましたが斜面で道幅が狭い場所があるので注意が必要です。ここを過ぎて直ぐの場所を踏み跡の薄い右に巻いてしまい登山道に戻るのに20分ほどかかってしまいました。直登しなければなりません。
 屏風岩山 山頂は表示がありません。山頂の道は少し右に向いており、そちらの方向から声がしたのでそのまま進んでしまいました。間違いに気が付き仲間で話をされていた方に聞いたところ南東尾根を登って来たとのことでした。
 25分ほどロスして屏風岩山に戻り大滝峠上から畦ヶ丸に続く尾根に進みました。本日は下山後の温泉も目的だったので畦ヶ丸手前の大滝峠上から大滝橋に下りました。
 3日前関東地方に雪が降り、奥多摩で13名が遭難。7名がヘリコプターで救助というニュースが流れてました。また、山行前日に丹沢の大山山頂付近は白くなっており、破線のルートがけっこうあるので念の為アイゼン、ワカンを持参しましたがルート上に雪はありませんでした。下山後バス停で会った方が山行中に畦ヶ丸(標高1,293m)から来た方から聞いた話では山頂付近は30cm以上の積雪が有り雪が柔くアイゼンも効かず苦労したとのことでした。数百mの違いで状況は大きく違ったようです。

登山中の画像
登山画像
これから向かうミツバ岳
登山画像
登山口に向かう道から見える二番目の滝
登山画像
登山口に向かう道から見える三番目の滝
登山画像
標高500m付近。本日最初のミツマタ。本日はミツ…
登山画像
ズーム
登山画像
こっちの花はレモン色です。
登山画像
ミツマタの間を縫って登って行きます。
登山画像
花の裏側から見ると幻想的です。
登山画像
枝の隙間から見えた丹沢湖
登山画像
標高650mを過ぎると広葉樹になります。
登山画像
ミツマタと丹沢湖
登山画像
ミツバ岳山頂。山頂から左側に進んだところにミ…
登山画像
ミツバ岳山頂からの眺め
登山画像
ミツマタの群生
登山画像
一部開花したミツマタ
登山画像
少し横からも撮影してみました。
登山画像
これから向かう権現山
登山画像
権現山山頂。ここでスタート地点の浅瀬入口に下…
登山画像
二本杉に向かう尾根からの眺め。山頂に雲がかか…
登山画像
屏風岩山に向かう尾根のミツマタは開花前。
登山画像
もう直ぐ開花
登山画像
大滝峠上に向かう尾根からの眺め。
登山画像
明るい尾根が続きます。
登山画像
大滝橋に下る沢沿いにもミツマタが。
登山画像
まだ蕾です。
登山画像
ニホンカモシカの子供?
登山画像
もう直ぐ林道。沢ともお別れです。
参考になった 8

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

aotoさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

aoto さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 8

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年2月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ