登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 8
ミツマタを求め西丹沢ミツバ岳へ ミツバ岳、権現山、屏風岩山(関東)
img

記録したユーザー

aoto さん
  • 日程

    2018年3月24日(土)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:行き:小田急線 新松田駅から富士急湘南バスで浅瀬入口へ
    帰り:富士急湘南バス 大滝橋から小田急線 新松田駅
         (途中、西丹沢ホテル時之栖(ときのすみか)で下車)

  • 天候

    晴れ
    [2018年03月24日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

浅瀬入口バス停(8:20)-ミツバ岳登山口(8:45)-ミツバ岳(9:40)-権現山(10:30)-二本杉峠(11:10)-屏風岩山(12:15 12:40)-大滝峠上(13:10)-大滝橋バス停(14:20)


総距離 約14.9km 累積標高差 上り:約1,676m
下り:約1,566m
 そろそろ丹沢のミツマタが咲くころなので、群生しているミツバ岳を経由し、北側の尾根を歩いてみました。
 浅瀬入口バス停からミツバ岳登山口までは丹沢湖脇の車道を歩きます。途中小さな滝が3つありました。登山口手前の駐車場に超望遠を付けたカメラを三脚にセットし空に向けている方が大勢いらっしゃいました。駐車場に入りきれなかった方にお話を伺ったところクマタカの撮影が目的との事でした。
 ミツバ岳は山と高原地図では破線のルートですが、迷いやすいような場所もなく、大勢の方がミツマタを求め登ってました。山頂は木々に囲まれており、登って来た道から見て左手にミツマタが群生してます。満開ちょっと前という感じでしたが黄色い花で覆い尽くされてました。
 ここから、北側に山歩きを楽しんできました。所々地図で破線の箇所がありますが、一番悩むのが二本杉峠を過ぎて屏風岩山へ向かう場所でした。二本杉峠の分岐は直登するか、左を巻くかどちらかになります。ここは、左を巻きましたが斜面で道幅が狭い場所があるので注意が必要です。ここを過ぎて直ぐの場所を踏み跡の薄い右に巻いてしまい登山道に戻るのに20分ほどかかってしまいました。直登しなければなりません。
 屏風岩山 山頂は表示がありません。山頂の道は少し右に向いており、そちらの方向から声がしたのでそのまま進んでしまいました。間違いに気が付き仲間で話をされていた方に聞いたところ南東尾根を登って来たとのことでした。
 25分ほどロスして屏風岩山に戻り大滝峠上から畦ヶ丸に続く尾根に進みました。本日は下山後の温泉も目的だったので畦ヶ丸手前の大滝峠上から大滝橋に下りました。
 3日前関東地方に雪が降り、奥多摩で13名が遭難。7名がヘリコプターで救助というニュースが流れてました。また、山行前日に丹沢の大山山頂付近は白くなっており、破線のルートがけっこうあるので念の為アイゼン、ワカンを持参しましたがルート上に雪はありませんでした。下山後バス停で会った方が山行中に畦ヶ丸(標高1,293m)から来た方から聞いた話では山頂付近は30cm以上の積雪が有り雪が柔くアイゼンも効かず苦労したとのことでした。数百mの違いで状況は大きく違ったようです。

登山中の画像
登山画像
これから向かうミツバ岳
登山画像
登山口に向かう道から見える二番目の滝
登山画像
登山口に向かう道から見える三番目の滝
登山画像
標高500m付近。本日最初のミツマタ。本日はミツ…
登山画像
ズーム
登山画像
こっちの花はレモン色です。
登山画像
ミツマタの間を縫って登って行きます。
登山画像
花の裏側から見ると幻想的です。
登山画像
枝の隙間から見えた丹沢湖
登山画像
標高650mを過ぎると広葉樹になります。
登山画像
ミツマタと丹沢湖
登山画像
ミツバ岳山頂。山頂から左側に進んだところにミ…
登山画像
ミツバ岳山頂からの眺め
登山画像
ミツマタの群生
登山画像
一部開花したミツマタ
登山画像
少し横からも撮影してみました。
登山画像
これから向かう権現山
登山画像
権現山山頂。ここでスタート地点の浅瀬入口に下…
登山画像
二本杉に向かう尾根からの眺め。山頂に雲がかか…
登山画像
屏風岩山に向かう尾根のミツマタは開花前。
登山画像
もう直ぐ開花
登山画像
大滝峠上に向かう尾根からの眺め。
登山画像
明るい尾根が続きます。
登山画像
大滝橋に下る沢沿いにもミツマタが。
登山画像
まだ蕾です。
登山画像
ニホンカモシカの子供?
登山画像
もう直ぐ林道。沢ともお別れです。
参考になった 8

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

aotoさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

aoto さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 8

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年4月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
NEW 甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山
甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山 南ア・甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳・赤岳、奥秩父・金峰山のほか、名山に囲まれた自然豊かな北杜市の、街と山の魅力を紹介!
NEW 連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!