登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
利尻山 1988夏 利尻山(北海道)
img

記録したユーザー

japan007 さん
  • 日程

    1988年8月12日(金)

  • パーティ

    2人 (japan007 さん 、稚内から利尻島の間一緒だった関西大学探検部2回生の旅人 さん)

  • 登山口へのアクセス

    その他
    その他:稚内===(フェリー)===沓形港===装備重量25KG程度のランドナー===沓形コース登山口===親不知子不知===山頂===甘露泉

  • 天候

    晴れ、親不知子不知以降山頂までの間霧、山頂往復時は霧雨

この登山記録の行程

稚内===(フェリー:関大探検部の人と一緒になる)===沓形港===装備重量25KG程度のランドナー(法大サイク合宿前団装一部+個装)===
沓形コース登山口(11:30)・・・親不知子不知・・・山頂(14:30)===甘露泉(18:00)のところのキャンプ場


総距離 約17.2km 累積標高差 上り:約1,712m
下り:約1,712m
【 利尻山の感想 1988年回顧 】
『1988年当時』は、『ローソク岩という岩の直下を通るコース』でした。
そびえ立つローソク岩の直下、砂礫が傾斜40~50度くらいで谷底まで続いているように思えたコースを通りました。(今は通れないんだって?廃道?)
思えたというのは、ここら辺から霧が出てきいたため、50メートルくらい下まで続く砂利砂利の傾斜の下が、そのまま雲の中に白く隠されて、その下がどうなっているかもわからない、「多分奈落の底だ」って思えたのです。

砂礫で足が滑りました。死ぬかと思わなかったけど、不思議体験をしました。
足が滑って20~30cm程度足が谷川へスライドしているほんの0.75秒程度だと思うんですが、19歳の自分の一生が走馬灯の様に、目の前や後頭部や顔の周りに見えました。
『死の直前に人生が走馬灯の様に・・・』というのは本当なんですね。実体験しました。
後で知ったけど、そこら前後には、『親不知子不知』という名前の付く場所もあったんです。そういう名前が付く場所なんですね。

現在の『親不知子不知』の写真を見ると、大きな岩がゴロゴロ転がっていて前より安全そうで良いと思う。昔は岩が一切なく、砂利道が斜めになっている傾斜を横切る・・・という感じでした。

山行の途中、海が見える度に、「0メートル地点」と「今いる標高」を意識しながら登りました。9合目から山頂、山頂から8合目まで下る途中雨でした。
そう言えば、山頂から甘露泉に下る9合目付近、赤土で雨が降って運動靴ではツルッツルだったなぁ。関大の探検部2回生が滑って、マッドスライダーしてたっけ。

甘露泉にたどり着き(そんなのあると知ったのは下山終盤に泉の近くの看板で)、あの甘い、美味しい水を、がぶ飲みしたっけな。うまい水って、甘いんですね。

山の熟練となった今でも、19歳の時の空荷の利尻登山のようなハイスピード&無水&空荷の登山は絶対無理です。あのころの体力なら、北岳を広河原から一日に2往復できそうです。しかもケロっと。


【 あの夏の思い出 at1988、in北海道 】
1988年夏、法大サイク2年生の2人連れで稚内からフェリーで利尻島を目指した。
人懐っこい関大探検部の2回生が声をかけてきて、「明日はあの山に登ろうよ!」って。
自分は利尻山に何の知識もなく、1700メートルも何かわからずに連れて行ってもらった。でも嬉しかった。何より、探検部と一緒に行くので、探検気分だった。
当日決まった山行、1700メートル、荷物ゴアのレインウェアの上着だけ。水もなし。ザックもなし。空荷。
なんと、喉が渇いたが、岩に溜まった溜まり水一口で、喉の渇きが十分潤せた。今じゃ無理。
大学2年生、しかもフル装備の自転車で北海道を一ケ月で3000kmも走る脚力があってこそだと思うが、山行は昼出の夕着。6~7時間くらい。考えられない!
もう一人の法大サイクの同級生は、島一周走るといって、山には着いてきませんでした。お蔭で、テントは沓形から鴛泊のキャンプ場に持ってきてくれたので、助かった。
もう一度、タイムスリップして、あの日の利尻山に登りたいな。

この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、スニーカー・サンダル
【その他】
水すら持たず。
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

japan007さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

japan007 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年9月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開中
カリマー「クーガー」モニターレポート公開中 25kgの荷物を5〜6時間背負っても疲労感が少なくフィッティングの良さを実感したという、もりちかさんのレポート公開!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!