登山記録詳細

雪山登山
参考になった 5
八ヶ岳2018春 硫黄岳・天狗岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

kim410 さん
  • 日程

    2018年5月3日(木)~2018年5月4日(金)

  • 利用した登山口

    桜平  

  • パーティ

    4人 (kim410 さん 、ほか3名 )

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:新宿からスーパーあずさで茅野駅まで約2時間
    茅野駅からはオーレン小屋の搬入車に便乗させてもらい、桜平まで50分

  • 天候

    1日目:曇、稜線は強風  2日目:曇、時々小雪、稜線は暴風

この登山記録の行程

【1日目】
桜平(10:20)・・・夏沢鉱泉(10:50)[休憩 5分]・・・オーレン小屋(12:00)[休憩 60分]・・・夏沢峠(13:35)・・・硫黄岳(15:00)[休憩 10分]・・・夏沢峠(15:40)[休憩 5分]・・・オーレン小屋(16:10)

【2日目】
オーレン小屋(06:50)・・・箕冠山(08:00)・・・根石岳(08:20)[休憩 205分]・・・箕冠山(12:00)・・・オーレン小屋(12:20)[休憩 10分]・・・夏沢鉱泉(13:15)[休憩 15分]・・・桜平(14:00)・・・タクシー・・・唐沢鉱泉(14:50)宿泊

総距離 約12.3km 累積標高差 上り:約1,287m
下り:約1,287m
コースタイム 標準:6時間50分
自己:7時間50分
コースタイム倍率 1.15
GWの八ヶ岳
去年は雪と時間がなくて登れなかった西天狗岳と硫黄岳を目指します。

桜平まで乗せて下さったオーレン小屋スタッフのお話通り、今年は例年より雪も少なく、気温も高めとか。去年は夏沢鉱泉から先は軽アイゼンやチェーンスパイクをつけましたが、今年はなしでもOK。

オーレン小屋で昼食を頂き、硫黄岳へ。
夏沢峠までは沢沿いで、雪解けもあって、時折り沢の中を歩かねばならない場所もあります。遊びならが歩いている三男は、早くも靴が濡れ・・・(--;)

夏沢峠を過ぎ、最後の樹林帯は傾斜もきつくなって雪もそこそこ残っているので、アイゼン装着。森林限界を越え稜線に出ると、雪はない代わりにものすごい強風。あまりの風で、あっと言う間に体が冷え、急いで雨具を着て帽子を被ります。

絶え間なく吹き付ける強風に耐え、山頂まで断続的にあるケルンで風をよけながら、何とか山頂へ。予想通り、眺望ゼロ。風が強すぎて休憩も出来ません。山頂を満喫することなく、すぐ下山開始。

2日目
今日は、箕冠山コースを通って、根石・天狗・黒百合平を目指し、唐沢鉱泉に泊まる予定。箕冠山方面は、沢もなく歩きやすい。時折り、雪がちらほらするも順調に樹林帯を抜けます。

が、樹林帯を抜けると昨日と同じく強風。と言うか、更なる暴風。
寒さと風で、昨日より多く着こんでいるのにも関わらず、顔面が引きつります。風が強すぎて、まともに立ってられません。急いで根石山荘へ避難。

美味しい甘酒(生姜風味でホントに美味しい!体力回復にもってこいです)やコーヒーを頂きながら、天候回復を祈って3時間。時折り、晴れ間が見えましたが、風は一向に止まず。

天狗岳とオーレンをピストン予定の方々は、晴れ間を狙って出発して行きましたが、我々は黒百合平まで行かねばならず、楽観は出来ません。特に今回は心配性で怖がりの長男が一緒。山で嫌な思い出を作りたくなかったので、後ろ髪を引かれつつも戻る事にしました。

オーレン小屋まで戻ると風もなく快晴。更に恨めしくなりましたが、桜平までタクシーを呼んで唐沢鉱泉へ。タクシーの運転が荒過ぎて、稜線の強風より恐ろしかったけど30分ほどで到着。

唐沢鉱泉の源泉はネット情報に違わず美しい!! お風呂は冷泉なので、やっぱり夏がいいのかな。談話室にマンガが500冊もあり、子供たちは出てきませんでした。名物のしし鍋を別注するも、品数が多すぎて食べきれず、がっかり。

3日目
交通費節約に宿の送迎をお願いすることも考えましたが、昨日あまり歩けなかったので、渋辰旅館前のバス停まで散策することに。

下り道約1時間。途中見晴台?もあり、道もセラピーロードのように整備されていて、とても気持ち良く歩けました。オススメです。

無事茅野駅に到着し、新しくなったスーパーあずさで帰京。
去年自由席でひどい思いをしたので、今回は指定席を何とか押さえておきました。

GWの八ヶ岳。
天候は安定せず、また西天狗岳には登れなかったけど、夏山にはない静けさと澄んだ空気。
子供たちはチェーンスパイクで雪道を歩くのが大好きです。やっぱり、この時期にしか出来ない山歩きだなぁ。
いつかは登れるだろうか?西天狗岳。。。

登山中の画像
登山画像
夏沢鉱泉より先は雪が残る
登山画像
オーレン小屋から夏沢峠への道
登山画像
夏沢峠からの眺め山小屋まだ閉まってます
登山画像
硫黄岳へ最後の樹林帯
登山画像
強風の硫黄岳山頂
登山画像
眼下にオーレン小屋が見えます
登山画像
オーレン小屋前
登山画像
箕冠山
登山画像
根石岳前
登山画像
この風分かるかな??
登山画像
根石岳と西天狗岳
登山画像
唐沢鉱泉
登山画像
唐沢鉱泉から渋辰旅館の間でクライミングのつもり
登山画像
八方台
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、アウタージャケット、アイゼン
【その他】 簡易無線
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

kim410さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    北八ヶ岳ロープウェイの営業時間は9時~16時、11/24からは点検運休となります。時間的に無理のない登山計画で入山を
    20年11月19日(木)
    赤岳鉱泉~八ヶ岳・赤岳
    赤岳鉱泉
    赤岳鉱泉までの登山道に積雪はありませんが、凍結や霜が下りていることがあります
    20年11月13日(金)
  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    登山道の雪はほとんど解けました。日陰などの凍結箇所に注意
    20年11月10日(火)
    オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    今シーズンの営業は10月31日泊まで。先日の雪が、途中の森林限界付近、日陰のところなどに残って凍っています
    20年10月30日(金)

kim410 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年11月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド
秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド ウールの弱点を克服したアンダーウエア「メンズ ソリューション150メリノベースレイヤー クルー」の機能とは?
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...