登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
<秋季限定ロープウェイ・ゴンドラ利用>苗場山(田代ルート) 苗場山(上信越)
img

記録したユーザー

mka10 さん
  • 日程

    2016年10月15日(土)~2016年10月16日(日)

  • パーティ

    2人 (mka10 さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:越後湯沢~二俣・田代スキー場: 南越後観光バス (08:20~08:48 / 530円)
    田代スキー場~ゲレンデ: 田代ロープウェイ(09:00~ 往復2,400円→割引券で2,200円)
    ゲレンデ~登山口: 第二高速リフト(09:30~ 往復1,000円)
    ゲレンデ~苗場スキー場: ドラゴンドラ
    ~苗場プリンスホテル: 徒歩15分
    苗場プリンスホテル~越後湯沢駅: 南越後観光バス (12:42~13:22 / 660円)

  • 天候

    1日目:晴れ 2日目:晴れ
    [2016年10月15日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

1日目
神楽ヶ峰登山口(09:59) … 棒平(11:05) … 祓川コース合流点手前の池塘(13:00) … 神楽ヶ峰(13:44) … 富士見坂(13:58) … 雷清水(13:58) … お花畑(14:15) … 九合目(14:34) … 雲尾坂(14:51) … 苗場山(15:24)

2日目
苗場山(06:43) … 雷清水(08:02) … 神楽ヶ峰(08:28) … 棒平(09:40) … 神楽ヶ峰登山口(10:14)


総距離 約11.0km 累積標高差 上り:約1,201m
下り:約1,118m
久し振りに快晴な週末、山頂に湿原が広がる苗場山で小屋泊をしてきました。

当初は往路に祓川コース、復路に赤湯コースを利用予定でしたが、ヤマケイオンラインの和田小屋からの山岳最新情報より期間限定で歩ける田代ルートなるものがあると知り、計画を変更。

田代ルートでは、苗場スキー場が運営するドラゴンドラやかぐらスキー場の運営する田代ロープウェイを利用します。
今回は往路では田代ロープウェイ、復路ではドラゴンドラ、往復ともにそれらから登山口までショートカットできる田代第二高速リフトも利用しました。
田代ロープウェイから田代第二高速リフトまでは若干下って徒歩10分程度、ドラゴンドラから田代第二高速リフトまではすぐ近くでした。

ドラゴンドラ最寄りの苗場プリンスホテル、田代ロープウェイ最寄りの二居田代スキー場ともに越後湯沢駅から運行する南越後観光バスでアクセスします。
往路、越後湯沢駅東口のバス停は登山客で長蛇の列に。増便はなく、乗り切れなかった人はタクシーを使うか1時間後のバスに乗車する必要がありました。
復路もバスが混雑していたらと不安でしたが、乗員皆座ることができる程空いていました。

紅葉状況について。
ロープウェイ、ゴンドラともに山麓駅~山頂駅であるゲレンデの紅葉はまだ先。
ゲレンデから苗場山山頂までは少し紅葉が進んでいましたが、来週あたりが見頃なのでは、と。
山頂は草紅葉は見頃でした。

ルートについて。
田代コースは10/8に開通したばかりだったこともあり、まだ踏み均されておらず落葉でふかふか、場所によっては湿地帯のためかなり泥濘んでもいました。
祓川コースとの分岐点までは十前後のパーティーに出会う程度でわりと静かな山を楽しめました。
田代ルートは急めな坂がいくつかありました。
神楽ヶ峰から雷清水までは一旦下り、九合目先から山頂まで急登でところどころ岩もゴロゴロしていました。

山頂の湿原について。
山頂に着くと一気に視界が開け、広大な湿原があらわれます。
宿泊先で受付を済ませたあと散策しましたが、日没までの時間で散策しきることはできませんでした。
大湿原は草紅葉の黄色と空と池塘のブルー、雲の白に針葉樹のグリーンそれぞれが映えて美しかったです。

寒さについて。
日中の活動停止時間中は防寒具はフリースで十分でした。
山頂は風はありませんでしたが、日が傾いてきてからはダウン、日没から夜はフリース+ダウンが必要だと思います。
日没から夕食後の20時頃には既に木道が凍り、滑りやすくなっていました。
深夜も風がなかったため20時頃と寒さは変わらなかったと思います。フリース+ダウンで30分以上居ても凍えませんでした。
翌朝は木道や草木に霜が降りて土には霜柱ができ、池塘にも大分厚く氷が張っていました。
下山を開始する7時頃には風も出てきて更に体感温度が下がりました。

星空について。
当日は満月だったため、あまり星は見れませんでした。
そのかわり、月明かりで木道はヘッドライトなしでも歩けるほどの明るさでした。

苗場山自然体験交流センター(苗場山頂ヒュッテ)について
収容人数はサイトによると92人。
寝室は2階建てで時期的にも宿泊者が多く、寝床は1畳あたり1.5~2人程度でした。
夕食は受付した時刻の順に17時半、18時、18時半の3度に分けられ、私たちは到着が遅めだったので最後の18時半の回でした。
朝食は5時半、6時、6時半の3回に分けられ、時間が選べました。
宿泊者が多くないときは夕食18時、朝食6時だと思われます。(予約時に伝えられた時刻です。)
食事場所は交流所も兼ねており、夕食前の17時までと夕食後から消灯時間まで利用可能でした。
夕食、朝食ともに基本おかわり自由だったと思います。
夕食はカレーとポテトサラダに付け合せの漬物2種、朝食はご飯と味噌汁、おかずはバイキング形式で種類が豊富でした。
洗面所は洗い物は不可。水道は水量はチョロチョロでしたが使用には十分だったと思います。
水洗トイレは浄化槽を用いておりペーパーを流すのは不可でした。女性用は洋式が1つ、和式が3つ程度だったと思います。翌朝、ポンプが故障してしまうというハプニングがあったようです。
当日はおにいさんとおじさまの2人で管理されていました。お二人とも温かみのある親切な対応が印象的でした。
主な宿泊者の対応はおにいさんの方。施設や食事、日の出の時刻や見どころの説明等に細やかな気配りが感じられる方で、山頂の写真や動画を見せてくれるなどフレンドリーで同行者や他の宿泊者も絶賛でした。

2日とも快晴に恵まれ、湿原の草紅葉、リフト・ロープウェイ・ゴンドラからの眺望も楽しめたよい山行でした。
湿原が広大で散策しきれなかったのが若干の心残りです。
次回、高山植物の咲く時期にも来てみたいと思います。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、コンパス、腕時計、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

mka10さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 和田小屋~苗場山
    和田小屋
    苗場山の登山道は特に問題はありません。アプローチ道は通行止めあり、注意が必要
    19年10月19日(土)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

mka10 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年11月14日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...