登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
30-5 嘉麻アルプスピストン 古処山、屏山、江川岳、馬見山(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

ハンター さん

この登山記録の行程

遊人の杜(07:28)…古処山(08:26〜08:52)…屏山(09:30〜09:39)…江川岳(09:59)…馬見山(11:50〜12:43)…屏山(14:10)…遊人の杜(15:39)
所要時間:8時間11分(休憩含)
コースターム:7時間10分(1.14倍)


総距離 約13.2km 累積標高差 上り:約1,321m
下り:約1,330m
福岡に移り住み、玄関を開けるとベランダから見える尖りの山が気になっており、調べてみると古処山と判明。引越やら、リフォームの工期遅れやらで、中々動けず、気付いてみれば2月2日の岩木山以来、山、4か月間の空白が・・・からだ、なまってるだろうな~と思いつつも、梅雨前の好天を狙い、ヤマレコのanji-jiさんの投稿記録を参考として、嘉麻アルプスピストンを即計画する。
登山計画書を作成し、福岡県警へメール送信を???アドレスなし。福岡県警のホームページを見ると「登山口設置の提出箱に投函」と書いていたので、それを信じて準備する。
6月2日6時14分、雲ひとつない快晴の中、自宅を出発。玄関を出ると、いつも通りの尖がりの山容が目に入る。
7時20分、遊人の杜入口に到着するが、ロープが張られており、駐車場には入れず、道路脇の広い路側帯に駐車し、7時28分標高465mの遊人の杜登山口から入山する。さて、登山計画書を提出と・・・提出箱が見当たらない。福岡県警、書いた以上は仕事しろよ!と、怒りモードで歩を進める。
が、登山道に沿って沢が流れており、その心地よい音に怒りも静まる。
4か月間の錆びの具合は?からだ全身がギシギシと音を立てているような感覚で重い。
ピストン大丈夫かな?と、不安になりつつも状況によっては、途中引き返しも考慮する。
とりあえずは、50分行動の10分休憩を確実に取る事とする。古処山山頂付近では、苔生した景観が広がっており、日本庭園の様だ。下界には嘉麻の市街地が見渡せる。
8時26分、860mの古処山山頂に到着、温度計は18度、山の神様に御挨拶と御酒の奉納をして山行安全を祈願する。下界には朝倉、甘木、遠くには久留米の市街地が確認できる。自宅方向を見ると微かに建物が確認できた。と、そこへ、トレラン姿の若者が現れる。飯塚から来たとの事、馬見山ピストンをトレランで行うと言う。しばらく話をし、私が先行するも、直ぐさま抜かれ、姿が見えなくなる。
登山道には随所に標識があり、道は分かりやすい。
高低差は少ないが急登続きのアップダウンを繰り返し、体力を奪ってゆく。
9時30分、927mの屏山山頂に到着。
眼下に嘉麻市街ののどかな景色が広がる。遠くに福智山が確認できた。
時折、「カッコー、カッコー・・・」の鳴き声を聞きつつ、再び、高低差の少ない急登続きのアップダウンを繰り返し、9時59分、景観の開けない861mの江川岳山頂にとうちゃこ。この江川岳は最近、無名山から名前が付いた山の様である。気温も上昇気味で、水分補給が進む。
再び、高低差の少ない急登続きのアップダウンを繰り返し、10時19分宇土浦越に到着、水場まで降りて給水を行う事とした。踏み跡の不明瞭な、かなりの急登を下り、沢に出たが水場の標識がない。下へ下へと進むが、見当たらず、適当な場所を選び沢へ降りて行く。水を3リットル補給、元の道に戻ろうと沢を上がるが不明瞭な踏み跡を見失う。地図を確認し、とりあえず正面の尾根を上がり、尾根伝いにメインの登山道に出る事とした。地図と磁石で方向を確認、尾根伝いに歩いていると踏み跡を発見!変な方向から宇土浦越の標識に戻ることができた。いらん体力を使ってしまったと、少々後悔しつつ、水で更に重くなった荷物のせいなのか、足も中々前に出てくれなくなる。
幾度と足を止めながら、11時50分、馬見山山頂にとうちゃこ。数人の集団が昼食を摂っていた。その隣のベンチにへたり込んだ。帰りも高低差の少ない急登続きのアップダウンの繰り返し、大丈夫なのかと、不安になりつつも、とりあえず飯を摂る事とした。味噌ラーメンとパンを食べ、大休止。体力の戻りを期待する。
山頂にある見晴らし台では、左手に英彦山が、正面に江川湖、右手に古処山、屏山、江川岳と歩いてきた稜線が確認できる。視界が良ければ祖母山まで見えるそうだが、今日は霞がかかっており、近場の山までしか確認できなかった。新しく建てられた避難小屋があったので、中を見てみると、かなりのいい感じ。寝袋持って泊りもいいな~と感じさせてくれた。
幾分か、足も回復、軽くストレッチをして、12時43分、お隣の集団に「お先に、ご安全に」の声をかけて、下山の途に就く。
帰りは江川岳はパスし、近道ルートに進む。確実に休憩を取りながら、順調に足を進める。
14時10分、難関と思われた屏山山頂を通過、後は古処山の奥の院大将隠し経由のほとんどが下りとなる。足もいい感じで戻っている。安心感が出てきた。
奥の院への分岐から、これまた踏み跡の不明瞭な道が始まる。案の定、途中から踏み跡も道標のリボンも見当たらなくなる。当然、奥の院も大将隠しも確認できない。地図には、この道は載っていない。GPSで確認すると、沢を降りて行くように示されている。定石から言って、沢はないだろうと、地図で登山口まで続く適当な尾根を見つけ、磁石で方向を定め、尾根伝いで降りる事とした。道なき道を降りて行くと木に巻き付けた赤いテープを確認、正規ルートに合流した。ここから先は、リボンやテープが随所で確認でき、無事登山口まで辿り着く事ができた。途中、遊人の杜管理棟に立ち寄り、コーラを購入、一息就く。
15時39分、車に到着、無事下山した。

今回の反省事項としては、何よりも体力不足が1番に挙げられる。
2番手が、一歩間違えていれば遭難しかけていた事だ。山がそんなにも深くない事もあり、助かった感じではあるが、無理は禁物!
良かった点としては、地図読み、コンパスの使い方を勉強していたせいか、遭難する事無く、ルート復旧が出来た事が成果として挙げられる。

登山中の画像
  • あの尖がりが気になっていました。今日は行きますよ~!
  • 遊人の杜入口は、ロープが張っており、入れません。8時30分から開門だそうです。右手に登山道入口
  • ここを進みますが、登山計画書の提出箱なんてないぞ!!
  • 石仏が見え始めます。
  • いい感じで苔生しています。
  • 嘉麻市街方向
  • 苔苔
  • 朝倉、甘木、久留米方向
  • 自宅の建物、微かに確認
  • 山頂とうちゃこ
  • 気温は18度
  • 山の神様に御酒を奉納です。
  • 飯塚から来たトレランの若者
  • 枝から垂れ下がる苔
  • 苔苔
  • 屏山とうちゃこ
  • 嘉麻市街方向
  • 福智山が見えます。
  • 帰りは近道します。
  • 江川岳
  • 宇土浦越、水場に降ります。
  • 水補給
  • 戻ってきました。
  • 馬見山とうちゃこ
  • ヘロヘロ状態
  • 江川湖
  • 古処山の尖がりが見えます。
  • 英彦山
  • 尖がりアップで
  • 避難小屋
  • 中は綺麗です。水、トイレ無し。
  • お隣の集団、御先です。ご安全に。
  • 先は長い・・・
  • 近道中
  • 屏山通過
  • ここから大変な事に
  • 途中ロープも
  • 尾根伝いを降ります。
  • 分岐に出ました。
  • 蛇イチゴ
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
【その他】 携帯トイレ、AMラジオ、携帯電話
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ハンターさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ハンター さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月8日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗に強く、保温力の高い一着
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?