登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
3年越しの荒島岳へ  荒島岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

ヤマヲタノシム さん
  • 日程

    2018年6月8日(金)

  • パーティ

    2人 (ヤマヲタノシム さん 、ほか1名 )

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:中部縦貫自動車道勝山IC→国道157号と交差点右折→国道476号との交差点左折→君が代橋交差点左折→美濃街道を走行し勝原登山口へ  距離 約12kM

  • 天候

    晴れ時々くもり
    [2018年06月08日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

勝原登山口(06:39)・・元ゲレンデ上部ベンチ(06:51)・・トトロの木(07:55)・・白山ベンチ(08:13)・・深谷ノ頭08:22)・・シャクナゲ平分岐(09:02~09:08)・・山頂もちが壁看板(09:54)・・荒島岳山頂(10:08~10:39)・・シャクナゲ平分岐(11:25)・・深谷ノ頭(11:56)・・白山ベンチ(12:02)・・元ゲレンデ上部ベンチ(12:56)・・勝原登山口(13:03)


総距離 約8.8km 累積標高差 上り:約1,239m
下り:約1,239m
前日の滋賀県 伊吹山に引き続きの荒島岳アタックの計画で予想はしていたがバテました。

・いきなりのコンクリート舗装道は標高差約100Mを直線的に登る、ウォーミングアップと考えゆっくりと上り詰めた。いよいよ登山道に入るがガラ道は登りとしては歩きやすいが下山道としてはガラの上を歩くこととなり下山が苦手な私は不安を抱きながら前に足を進めた。常にコースタイムの速さで歩くことを心掛けゆっくりと歩いたが、シャクナゲ平までの間も一部急登もあり想像以上に厳しい登山ルートであることを実感した。下山時の滑りやすさを気にしながらようやくシャクナゲ平へと到着する。
・ここから山頂までコースタイム1時間の道のりで、多くの登山者も厳しいといわれているが、本当に厳しい急登でスタミナが奪われた、とにかく一歩一歩歩けば山頂へ必ず近づくと自分に言い聞かせながらの山頂アタックであった。
・山頂ではあいにくガスの時間がほとんどで、少しだけ白山を確認をすることができた。次回の360度の眺望を期待したい。
・コース全体としては決して眺望が良いとは思えないけれども、自然の雄大さは随所で感じ取ることができ、大げさかもしれないが登山で歩いているという実感が得られる山ではないかと思う。
・登山道全体として勝原コースは足元に注意しながら滑らないことを心掛ける必要のあるコースではないかと個人的は思います。(下山苦手者として)
・福井といえば白山ですが、荒島岳も登山を堪能できますよ!

登山中の画像
登山画像
勝原登山口トイレ
登山画像
白山展望看板設置場所より
登山画像
シャクナゲ平
登山画像
残雪の・・・
登山画像
山頂
登山画像
絶景
登山画像
こんな自然が好きです。
登山画像
標高差100Mのコンクリート道
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ヤマヲタノシムさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ヤマヲタノシム さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年8月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
GORE-TEXレインウェアは洗うべき?
GORE-TEXレインウェアは洗うべき? 「雨の山を楽しむ」最終回は、GORE-TEXレインウェアのお手入れ方法について。山で困らないために、メンテナンスはしっか...
NEW 花を愛で滝をめぐる 北秋田森吉山 花三昧紀行
花を愛で滝をめぐる 北秋田森吉山 花三昧紀行 北秋田・森吉山のモニターレポートを公開! 最盛期のお花畑は想像以上! マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 今年も開催! 夏の大アンケートにご協力を
今年も開催! 夏の大アンケートにご協力を 毎夏恒例「ヤマケイオンラインブランドイメージ&勾配動向調査(YOLBIS)」を開催中。抽選で豪華プレゼントもあります! ...
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
NEW 女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング
女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング 女性登山者に必須のブラ、タイツなどのアイテムと、リカバリー、コンディショニングについて渡辺佐智さんに伺いました
NEW 最新テントをチェック! 高橋庄太郎の山MONO語り
最新テントをチェック! 高橋庄太郎の山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんによるモノ連載。今月はビッグアグネスの最新の軽量テント。軽さの追求だけでなく、快適性も◎
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
遭難→早期発見へ! 会員制捜索ヘリサービス
遭難→早期発見へ! 会員制捜索ヘリサービス 万が一、遭難して動けなくても、発信する電波で位置を特定できる捜索ヘリサービス“ココヘリ”。早期発見事例も! 詳細はこちら
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。