登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
高尾山~陣馬山(リハビリ登山#5) 高尾山、陣馬山(関東)
img

記録したユーザー

マッチャン さん

この登山記録の行程

高尾山口駅(07:50)・・・高尾山(09:01)・・・一丁平(09:37)・・・城山(小仏城山)(09:54)・・・景信山(10:44)・・・底沢峠(11:57)・・・明王峠(12:06)・・・陣馬山(陣場山)(12:51)・・・新道登山口(13:36)・・・陣馬高原下(13:53)


総距離 約16.7km 累積標高差 上り:約1,377m
下り:約1,239m
昨年(2017年)すい臓ガンの手術を受けて以来、5回目の山登り。 前回の塔ノ岳で、最後の下りで疲れ果てたことと、我が家からは若干アクセスが大変なので、今回はいつもの高尾山~陣馬山を縦走することにしました。6月に入り、もう暑いかなと500mlのペットボトルを4本持って行くことに。去年病気になるまでは、今より25キロ多かったせいか、汗かきですぐに顔から汗を垂らしながら登るのが当たり前で、水2キロなんて簡単に消費したものでした。私のガンは膵頭部のガンだったので、手術では膵頭部の他に十二指腸と胆管、胆嚢を切除しました。手術後はずっと下痢気味で、当初はトイレの無い所にはとても行ける状態では無かったですが、手術後7カ月が過ぎ、消化器官も多少は安定して来て毎日飲んでいた下痢止めもようやく処方されなくなり、山にも何とかトライできるようになった訳です。それでも、以前のように水をがぶ飲みするのは不安があって、水分摂取は控え気味になります。
当日は前夜朝まで降っていたせいで、登山道にはところどころ水たまりもあり湿度も高く暑かった。ところが上に書いたように水分摂取が少なめなせいなのか、たんに痩せたせいなのか結構暑かったのですが今回は顔から汗がしたたることも無く、以前は手放せなかったタオルハンカチもポケットに入れたままでした。適当なベンチがある所でほぼ1時間おきに、水分を少しと、時々いつものミニあんぱんを1個ずつ食べながら歩きましたが、やはり腸の具合は以前のように万全とは行かないようです。下痢までは行きませんが、ガスが溜まりお腹が痛くなるので、前後に人がいないの確かめては放出しつつ歩きました。陣馬山からバス停への下りでは、かなり下痢気味な雰囲気になり、陣馬高原下バス停に着くと外にザックとストックを置くやいなやトイレに籠り、溜まっていたものを出しようやくお腹の痛みから解放されました。出るのがガスだけだと楽なんですけどね。今後本格的な山に登るためには筋肉系の体力の回復ももちろん必要ですが、消化器系の十分な回復というか、下痢気味のお腹といかに仲良くしていくか、その術を知るのが水分補給との兼ね合いで重要な課題と感じられます。
高尾駅で乗った帰りの中央特快では駅で買った炭酸飲料を500mlをがぶ飲みし、残ったあんパンを食べつくしましたが、幸いお腹は文句も言わずおとなしくしてくれました。

登山中の画像
登山画像
この日は雲が多く、富士山は拝めませんでした。
登山画像
景信山のベンチから小仏城山を振り返る。
登山画像
下痢気味で痛くなったお腹には、ここからバス停…
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マッチャンさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

マッチャン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月17日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 何度も登っている山に、いつもと同じ荷物を「ズール30」にパッキングして登った「つとくん」さん。その感想は?
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ