登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
兜山~岩堂峠~深草観音~要害山~愛宕山 兜山、岩堂峠、深草観音、要害山、夢見山、愛宕山(関東)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2018年6月9日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:目黒4:32→山手線→代々木4:42~56→中央線→高尾5:59~6:14→中央本線→春日居町7:32

    復路:甲府14:46→中央本線→高尾→16:30~17:11→京王線→明大前17:55~18:01→井の頭線→渋谷18:09~19山手線→目黒18:24

  • 天候

    晴れ
    [2018年06月09日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

春日居町駅山7:42→兜山登山口8:07→岩場コース分岐8:26→岩場8:47→兜山913.0m9:05→展望台9:07~16→尾根下降点9:36→伐採地9:39→岩堂峠9:59→深草観音10:06~25→要害山780m10:58→トイレ11:08→躑躅ヶ崎園地11:49~12:00→樹木見本園入口12:10→車道→夢見山439m12:26→愛宕山427.9m12:36→甲斐奈神社12:45→金手駅前12:52→麺屋甲武信13:02~13→甲府温泉ホテル談露館13:17~58→甲府駅14:07

合計5時間20分(麺屋甲武信迄、19.3km)


総距離 約20.2km 累積標高差 上り:約1,502m
下り:約1,518m
6月9日(土)は、ひさしぶりに甲府の裏山です!今回は春日居町駅から兜山に登り、岩堂峠経由で要害山まで行って、帰りは武田神社をスルーして、愛宕山から甲府駅南口に降りました!

と書くと、なんの変哲もない低山一周なんですが、途中の深草観音が想定外にヤバかった!ここは参拝するのに岩場にかけられた20mの垂直の梯子を登らなくてはならないというクライミング系観音で、兜山のチャラい岩場なんか目じゃないぐらい怖かったです!でも参拝すれば槍穂の縦走とかに効能あるかも!?

ということで、今日も暑くなりそうなんで始発電車を乗り継いで春日居町駅7時42分スタート!しかし甘かった!駅出た瞬間、体感温度30度+湿度80%!あまりに蒸し暑いので、自販機で水分補給しながら、超ダラダラと疲れないように進みます。

それにしても、駅に兜山の地図があるのに、なんで登山道入口まで標識が無いの?

それでも昔1回来たことがあるので、迷わず登山口に到着。舗装された林道を進むとほどなく夕日沢コースを右に分け、最後の家の脇から沢沿いの山道を登って行くと、6~7分したところで、最短の岩場コースが右に分かれるのでそちらに入ります。

駅からここまで45分ぐらい。涼しければ5~10分早く着いたかも。

分岐から急坂を登り、稜線にたどり着くと、道が岩っぽくなってきます。そしてしばらくそのまま進むと、クライミングのボルトが打ち込まれた巨岩が現れるので、その左側を鎖に捕まって迂回します。ここが兜山の岩場です。一応鎖は着いていますが、特に危険箇所はありません。途中に展望の開ける場所があり、甲府盆地の向こうに富士山が見えます。

岩場を登りきり、しばらく平坦になった道を進むと、兜山山頂913mです。登山口からちょうど1時間ぐらい、春日居町駅から約1時間20分で到着しました。

山頂は三角点があるだけの場所なので、南に少し下ったところにある展望台まで行って休憩をとります。ここも甲府盆地と富士山が一望できるのですが、さっきの岩場の方が眺めは良かったな~。

10分休憩したら山頂に戻り、次は岩堂峠を目指します。

そう書くと、しばらく下りが続くイメージなんですが、兜山の山頂は尾根の途中みたいな場所なので、ひたすら緩やかな上りが続きます。なんなんだこの山はと思いながら登って行くと、ようやく急な下りが来て、鞍部まで下ったところで右に直角に折れ、沢沿いの林道まで一気に下ります。

途中に広大な伐採地をかすめる箇所があり、富士山が見えます。

なおこの鞍部から尾根を直進して棚山に行くことも出来ます。バリエーションルートなんですが、棚山に行くとほったらかし温泉に下山することも出来るので、結構良く踏まれて問題なく進めます。

林道に下りたら右折して、すぐの標識のところから再び登山道に入ります。しばらくそのまま進むと、ベンチのある場所に岩堂峠は左折の標識があるのでそこを曲がり、坂道を上りきったところが岩堂峠です。ここにもベンチがあります。兜山から30分で着くかなと思っていたら、上りが多かったので約45分かかりました。

岩堂峠から深草観音は下りになります。今度こそ早く行けるかなと思ったら、沢沿いの道に入り、昨夜の雨で濡れた石が滑って思うように進めず。でも7分ほどで到着。

深草観音は岸壁の非常に高いところにある穴の中に観音堂を祭ったもので、最初に書いたように危険箇所もあるので中に入ると結構時間がかかります。

最初入口から見た時、木造の建物が見えたので、あれが本堂かなと思ったら、単なる休憩所でした。その横に鎖がつけられた滑りやすい急な階段があり、それを登ると岩壁に横に道がつけられていて、その先に穴があり、その中に入ると観音堂がありました。

帰りは観音堂の前から、奈落の底に通じてそうな、非常に長くて怖い垂直の梯子を下り下に降ります。

降りれればいいけど、降りられずに途中で固まってしまう人もいるんじゃないかと思える高度感です。

降りると、千手観音を中心に何体もの表情豊かな石仏が迎えてくれました。一回りして疲れたのでまた休憩。

深草観音から濡れて滑りやすい沢沿いの道をさらに下り、下りきって少し行ったところに要害山方面の分岐があるので、そこを右折します。この道は斜面をへつりながら要害山がある尾根まで続いています。

そして要害山の尾根に乗り、ようやく気分良く走れるようになった道を進むと、11時少し前に要害山山頂(本丸跡)に到着しました。広場になっていて、武田信玄生誕の地の石碑があります。

要害山から積翠寺方面に下り、下りきる手前で武田神社に左折します。そのまま山腹を巻いて行くと、林道に出て、右折してすぐのトイレの前の橋から武田神社方面へのハイキングコースが始まります。

この道も山腹を巻く下り基調の楽な道で、最後右に武田神社への道を分け、東屋のある躑躅ヶ崎園地に40分程で到着。しばらく休憩していなかったので、一服して行きます。

躑躅ヶ崎園地からは、茶道峠を経て大笠山に登る予定だったんですが、道なりに進んだとこら樹木見本園入口のところで下の車道に出てしまい、暑くて道を探して戻るのも面倒だったんで、大笠山はパスしてそのまま車道で愛宕山を目指します。

そしてなんとなく愛宕山の園地に入ってきた辺りで、左手に夢見山らしき山を発見したので、柵を乗り越え山頂に登ります。

12時26分、大きな石がゴロゴロしている夢見山山頂439mに到着しました。公園の中に残された小丘のような場所で展望はありませんが、反対側に下ったところに椅子が並んだ展望台があります。

夢見山から降りたら、最後の愛宕山を目指して、愛宕山こどもの国の中を進みます。

愛宕山の山頂は、地図によると科学館の前の小高くなっている場所にあるらしく、行ってみるとそこは子ども用の遊具が並ぶ公園になっていて、どこかに427.9mの三角点が隠れているんじゃないかと思って探すも見つからず。まあいいか~。

科学館横の天文台の前が展望台になっているみたいなので、遊具のある公園から下りて行って見ます。甲府盆地を挟んで御坂山地の上に富士山が見えるらしいんですが、残念ながら雲がかかって見えず。あと左手に南アルプスも見えるらしいんですが、こちらも雲がかかって見えず。

愛宕山からは、甲斐奈神社の脇を通り、見晴らしの良い葡萄畑を抜けて、甲府の市街地に出ます。出たのは身延線の金手駅の近所でした。

ここから線路沿いに甲府駅北口を目指しても良いのですが、今日は南口の「甲武信」という山屋要チェックのラーメン屋行く予定なので、ガードをくぐって線路の南側に出ます。

「麺屋甲武信」は、甲府市役所の裏の小さなアーケードの中にある、甲州地鶏を使った鶏白湯ラーメンの店で、メニューの並びから見て普通の鶏白湯ラーメンよりも醤油を入れた醤油鶏白湯ラーメンの方がお勧めみたいだったので、そちらの全入950円を注文!

味は、脂っぽくないあっさりした感じの横浜家系っていう感じの味でした。まあ鶏ベースなんで当然なんですが、カロリー気にする女性でも行けそうなんで、女性同伴の南アルプス帰りなんかにお勧めです。

ラーメン食ったら、北口の銭湯に行くのも面倒なんで、同じ南口の「ホテル談露館」で温泉です。麺屋甲武信岳から3分。甲府駅から7~8分の距離にあるので南アルプスの帰りに寄るのに便利です。

ここは甲府温泉を自称する一般旅館というよりほぼビジネスホテルで、浴室を解放して日帰り温泉も受け付けています。料金は1080円。泉質はph7.4の単純温泉ですが、黒い湯の華が自慢の源泉かけ流しです。でも浴槽が狭~いのが欠点。銭湯の方がまだ広いぐらいの広さで、露天風呂もサウナも無いので、時間があるなら湯村温泉行くか、北口の安い銭湯に行った方が良いかも知れません。

温泉から上がったら、甲府駅まで歩いて、まだ時間が早いので特急使わず各駅停車で帰りました。

山梨県/兜山の森
http://www.pref.yamanashi.jp/kenyurin/70_020.html

園内マップ || 山梨県立愛宕山少年自然の家・こどもの国
http://atagoyama.yya.or.jp/atago_innermap.html

麺屋 甲武信 - 甲府 | ラーメンデータベース
https://ramendb.supleks.jp/s/97568.html

山梨県甲府市-ホテル談露館-日帰り温泉
http://www.danrokan.co.jp/spa/day/

登山中の画像
登山画像
春日居町駅からスタート。駅から見た雲がとれか…
登山画像
駅前に案内図があるも、登山道入口まで標識はな…
登山画像
山梨県名物の丸石神がいたー!
登山画像
登山道入口直前の高台からの眺め!下に見えるの…
登山画像
流しそうめんの看板の方が目立つ、兜山登山口!
登山画像
簡易舗装の林道を上がる。正面に少し形の変わっ…
登山画像
夕日沢コースを分けて、岩場コースの方に進む。
登山画像
最後に砂防ダム沿いの道を進み、ようやく岩場コ…
登山画像
兜山の岩場!巨大な岩にボルトが打ち込んである。
登山画像
でも一般登山者はそこは登らず、鎖で岩の脇を巻…
登山画像
巻き道の途中から富士山!
登山画像
兜山山頂到着。三角点があるだけの、尾根の途中…
登山画像
山頂から南に少し下った展望台!
登山画像
展望台からの眺め!
登山画像
兜山山頂から尾根を上って、ようやく岩堂峠への…
登山画像
途中に富士山の見える伐採地があった1
登山画像
そして下の林道到着。古い岩堂峠の標識に従い右…
登山画像
右折したらすぐ左の山道に入る。
登山画像
フタリシズカがやたら咲いている。
登山画像
岩堂峠到着!
登山画像
道標の下に小さな手書きの文字が!
登山画像
そして深草観音到着。
登山画像
すぐそこだと思ったら、そこは単なる休憩所で、…
登山画像
登って、岩壁をへつりながら進むと穴が!!!
登山画像
穴の中に入ると、そこが観音堂だった!
登山画像
観音堂からの下りは、ゲゲゲーッ!下が見えない…
登山画像
何とか下り切ると、ミイラみたいな石仏がいた!
登山画像
下町のおっさんみたいな石仏!
登山画像
やたら千手観音があるなー!
登山画像
若い頃美人だったようなおばさんの石仏!
登山画像
そして要害山分岐到着。
登山画像
山腹の巻き道を延々と進み、ようやく要害山の尾…
登山画像
要害山山頂の本丸跡。桜の園地になってます。
登山画像
山頂標識。
登山画像
武田信玄生誕の地の石碑。
登山画像
積翠寺方面に下り、下が見えてきたころ、ようや…
登山画像
林道に出たら、右折してトイレの向い側にある橋…
登山画像
武田神社と躑躅ヶ崎園地の分岐到着。
登山画像
躑躅ヶ崎園地の東屋に到着!
登山画像
躑躅ヶ崎園地からの展望!
登山画像
茶道峠ってとこに行きたかったんだけど、樹木見…
登山画像
戻るの面倒くさいし、暑いしで、しょうがないか…
登山画像
車道の横に遊歩道が見えたところで、夢見山らし…
登山画像
石がゴロゴロ夢見山山頂に到着。
登山画像
山頂は展望無かったけれど、下にイスのある展望…
登山画像
科学館の方に進みます。
登山画像
自由広場到着!
登山画像
橋の向こうが科学館!
登山画像
科学館の前の小高いところが山頂のはずなんだが…。
登山画像
三角点は見当たらず。一応一番高そうなところの…
登山画像
天文台の下に展望デッキあり!
登山画像
展望デッキから富士山方面。さすがに雲に隠れて…
登山画像
同じく南アルプス方面。
登山画像
甲斐奈神社の脇を通って下に降りる。
登山画像
葡萄畑の中の小道から眼下に見える甲府市街地!
登山画像
身延線の金手駅の近所に出た!
登山画像
線路を渡って、気になっていた「麺屋 甲武信」へ!
登山画像
醤油鶏白湯ラーメン全部乗せ950円!
登山画像
ラーメン屋から徒歩2〜3分の甲府温泉ホテル談露…
登山画像
まだ誰もいなかったので風呂場をパチリ。露天風…
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年2月16日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。