登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
トレーニングへ野坂山ヤマボウシロード(勝手に命名) 野坂山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん

この登山記録の行程

喫茶店「野坂茶屋」(10:12)・・・野坂憩いの森・駐車場(10:26)・・・一ノ岳(10:58)・・・二ノ岳(11:08)・・・三ノ岳(11:13)・・・野坂山・山頂(11:16)・・・山コース分岐(11:51)・・・沢の橋跡(12:23)・・・山コース登山口ゲート(12:33)・・・山入口バス停(12:50)


総距離 約10.6km 累積標高差 上り:約988m
下り:約1,011m
今にも雨が降りそうな空だったが、身体を動かしたくなったので、久しぶりに野坂山トレーニングに出かけることにした。トレイルランナーではないので、あくまで登山スタイルでガッガッと登っていく。定期的にやっているトレーニング。野坂山はコースの長さや斜度等、難易度的にもちょうどいい山だ。
今日はそれなりに本気で上がろうと、ウォーミングアップを兼ねて、野坂山の麓にある喫茶店「野坂茶屋」から歩き出す。
えっちらおっちら登っていくと、キャビンサイトでは子供連れの家族がBBQを楽しんでいた。登山口の駐車場に到着。数台車が停まっていた。天気が悪いせいだろうか、いつもに比べると少ない方だ。
息を整えてから、トレーニング登山を開始する。自称急登ハンターとして急な坂はむしろ楽しみだが、野坂はスタート直後いきなり急登から始まるので、いつも出だしに躓きスピードが上がらない。でも、今日はウォーミングアップが効いたのか足取りもそこそこ軽い。
水場を超えて、さらに加速する。この付近からポツポツと小雨が降りだしてきた。一ノ岳で、休憩を入れて携帯が濡れないようビニール袋にしまう。ついでにお茶で水分補給。一ノ岳さへ越してしまえば、あとは楽勝。再び歩き出す。負荷をかけたかったので、大股で歩く。
二ノ岳、三ノ岳、そして山頂。息を切らせながら山頂の標識にタッチ。ストップウォッチを見ると「50分5秒」。うーーん。一ノ岳で休憩しなければ切り良く50分を切れたのに、失敗した。
いつもは綺麗に見える敦賀市内と敦賀湾も今日は小雨とガスに隠れている。
折り返しで戻ろうかとも思ったが、もう少し雨の情緒を楽しみたかったので、そのまままっすぐ歩きだす。せっかくなので山(荒谷)コースで降りることにした。山頂からは、しばらく赤土の坂が続くので、特に今日のような雨降りは滑りやすく注意が必要。
雨に濡れた木々の緑が、鮮やかさを増している。雨の日の登山の楽しみの一つだ。また、緑の中に交じって浮かび上がるように幻想的な白い花が乱舞している。ヤマボウシだ。既にシーズンも終わったと思っていたのに、野坂ではちょうどよい時期か、改めて見るとあちこちに咲き誇っていた。遠く、芦谷山方面の更に向こうまで白いヤマボウシが点在しているのが見える。野阪山系には時々足を踏みいれているが、こんなにヤマボウシが群生していたとは全然知らなかった。思わぬヤマボウシ・ロードの発見に嬉しくなる。ヤマボウシの花言葉は友情。個人的にも好きな花で家にも植えてある。純白で凛としたヤマボウシも素敵だが、ところどころ淡くピンクの混じったベニヤマボウシもある。雨でひんやりとした森に広がる素敵な風景。鹿がゆっくりと森の中を歩いていた。やはりたまには雨の山もいいものだと思った。
追伸:山コースの最後に沢を渡るところがある。先日、先輩が足ポチャをしたと言っていたが、その理由がよく分かった。流れて崩れた橋が長らく放置されていたが、いつの間にか撤去されていたようで、足を乗せるものがなにもないとさすがにあの川幅は危ない。

登山中の画像
登山画像
紫陽花が綺麗なシーズンになりました。この季節…
登山画像
ウツギがすずなり。
登山画像
コアジサイも咲き誇っています。
登山画像
雨に濡れて緑が鮮やか。
登山画像
ピンクのうつぎ。
登山画像
ヤマボウシで山が溢れています。
登山画像
ベニヤマボウシ。
登山画像
少しだけベニを引いたようなお洒落にお化粧した…
登山画像
ギンリュウソウ。兄弟だ。
登山画像
オオイワカガミの大きな葉っぱ。雨に濡れて光っ…
登山画像
遠くのヤマボウシ。
登山画像
これはなんだろう?
登山画像
これも遠くにベニヤマボウシが。
登山画像
最後の沢渡り。この前まであった流れ落ちた橋の…
登山画像
山入口。さあ、行くんだ!その顔を上げて。新し…
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    今、哲郎はどこにいるのですか?

  • Yamakaeru さん
    次の冒険を求めて旅してる。かな。

  • kuroneko さん
    トレランに転向ですか?
    早すぎます

  • Yamakaeru さん
    以前に参加したこともある六甲全山縦走のルールと同じで、トレランではないので、走っちゃいけず、あくまで写真を撮ったり登山スタイルで行きたいです(^-^)

  • レオ さん
    流石に早いですね。私は1時間切ったことがないです。(^-^)

  • Yamakaeru さん
    今度は久しぶりにボッカの練習もしなくちゃと思っています。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年6月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」の田中陽希さんに、身体のケア、リカバリーなど、山を楽しむためのコンディショニング法を伺った
NEW 遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス
遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス 万が一、登山者が動けなくなっても、発信される電波から位置を特定する会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”。詳細はこちら
NEW 「雨の山を楽しむ」GORE-TEX特集の第一弾公開!
「雨の山を楽しむ」GORE-TEX特集の第一弾公開! 横尾山荘 山田直さんが語る「GORE-TEX」。モンベルのストームクルーザーを愛用する山田さんに語っていただきました!
NEW 日本百名山・谷川岳はイベント盛りだくさん
日本百名山・谷川岳はイベント盛りだくさん 山麓のみなかみ町は、ラフティングやキャンプが満喫できるアウトドアの町。夏、開山祭ほかイベントが盛りだくさんの谷川岳へ!
NEW 日帰りの山で重宝するデイパックをテスト
日帰りの山で重宝するデイパックをテスト 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はグレゴリーの「サルボ24」を毛無山の日帰り山行でテスト! 詳しくはこちら
遊び心あふれる、デニム柄のバックパック
遊び心あふれる、デニム柄のバックパック デニムをまとってハイキングへ! 登山の常識をくつがえすコロンビアのデニムシリーズ。ドクターデニムこと、本澤裕治氏とのコラ...
NEW 「夏の西穂高プレゼントキャンペーン」が開催
「夏の西穂高プレゼントキャンペーン」が開催 L.L.Beanで使えるクーポン券がもれなく当たる! 100年以上の歴史を誇るアウトドアブランドL.L.Bean特集!
NEW 飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト
飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト 笠・双六・槍・西穂・乗鞍ほか北アルプスを登った時の写真を大募集! 奥飛騨温泉郷の宿泊券やロープウェー乗車券が当たる!
グレゴリーの“あの”大型ザック、新モデル登場!
グレゴリーの“あの”大型ザック、新モデル登場! 【モニター募集中!】新たな「バルトロ / ディバ」の“極上の背負い心地”を体験できるチャンス!
最新スマートウォッチを筑波山で体験!
最新スマートウォッチを筑波山で体験! シンガーソングハイカー加賀谷はつみさんのTrek&Liveツアーで、参加者全員がスマートウォッチを体験! その使...
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ 誰でも歩けて、自然の素晴らしさを感じられる尾瀬のシーズンが始まります。イベント、特典も盛りだくさんの尾瀬をご案内!
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。