登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
オオヤマレンゲを訪ねて!和佐又山ヒュッテ - 大普賢岳 - 和佐又山 (ピストン) 【奈百】和佐又山 【近】【関西】【奈百】大普賢岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

bow024518 さん
  • 日程

    2018年6月13日(水)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:和佐又ヒュッテ駐車場は、ヒュッテの直ぐ前に30台程度駐車可能で、日帰りの場合1,000円で駐車できる。人により価値観が異なるが、和佐又山登山口BSから歩く事を考えれば高くないと思う。

  • 天候

    曇り
    [2018年06月13日(水)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

和佐又ヒュッテ(9:00)・・・(12:20)大普賢岳(13:00)・・・(15:45)和佐又山(16:00)・・・(16:20)和佐又ヒュッテ


総距離 約7.2km 累積標高差 上り:約1,047m
下り:約1,047m
今回は山行と言うよりは、和佐又ヒュッテ近くにオオヤマレンゲが咲いて居ると言う話を聞き見に行ったのが第一の目的で有った。折角和佐又ヒュッテ迄来たのなら、大普賢岳迄足を延ばし久し振りに大嶺山系を楽しもうと言うのが第二の目的で有った。帰りに時間が有れば和佐又山にもご挨拶と言う計画で有った。事前に大普賢岳は鎖場や梯子の多いコースと聞いて居たので、不愛想な岩山を連想していたが、実際のイメージは、花の名山で有った。
今年は桜が早く咲き、このペースで山のお花もかなり早くから咲き始めたので、もう殆ど終わって居るかと思って居たが、意外に残っている花が多く、楽しませてくれた。
不勉強の為、花の名前が解らないものが多く残念で有った。反省!!
登山道は良く整備されている方で有るが、日本岳のコルに登る登山道は多少荒れ気味であるのでやや注意ヶ所だろう。雨上がりで有った為、鉄製の梯子も滑りやすいのでやや注意。事前に鎖場や梯子はしっかりしていると言う最近の感想を読んだが、梯子は少し老朽化していて足を掛ける部分に小さな穴が開き下が覗ける箇所も有った。(感覚的に不安で有ったが後二年位は大丈夫だろう。) 最初の梯子の前後に設けられた鎖などは必要性が良く解らないものも有った。
少普賢岳近く迄のシャクナゲやシロヤシオはもうすっかり終わり、遅かったかと言う印象であったが、頂上付近は未だシロヤシオやミヤマドウダンが残り楽しませてくれた。頂上付近のオオヤマレンゲは蕾が膨らんでは居たが未だ咲いては居なかった。蕾のオオヤマレンゲも上品で美しい。
大普賢岳のイメージを変える程、楽しい山歩きとなった。

登山中の画像
  • 和佐又ヒュッテの近くのオオヤマレンゲ
  • 和佐又ヒュッテ近くのオオヤマレンゲ
  • 和佐又ヒュッテ入り口にあるオオヤマレンゲ
  • ヒュッテ入り口にあるオオヤマレンゲのつぼみ
  • 和佐又キャンプ場近くから見た和佐又山
  • 大普賢岳山頂下(山上ヶ岳側)のオオヤマレンゲ。 まだ開花したつぼみは無かったが、咲かずとも気品があり美しい。
  • 大普賢岳山頂山名板
  • 頂上三角点
  • 鉄梯子がやたら多い。鎖場も結構ある。今回は鎖場や梯子の大普賢岳のイメージより花の名山のイメージを大切に写真はこれ一枚だけ。
  • 和佐又ヒュッテ近くの和佐又山登山口ゲート近くにあるオオヤマrテンゲ群落でアップを撮影。
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、健康保険証、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

bow024518さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

bow024518 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年6月7日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
NEW サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表!
サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表! 5月中旬まで募集した「サーモス山ごはんレシピ」コンテスト。優秀作品3点を発表! 山ごはんレシピの参考に!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?