登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
上野原駅から根本山~秋葉山~八重山~能岳~虎丸山周回 根本山、秋葉山、八重山、能岳、虎丸山(関東)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2018年6月16日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:武蔵小山8:38→東急目黒線→大岡山8:43~46→〃大井町線→溝の口/武蔵溝ノ口9:02~10→南武線→分倍河原9:35~36→京王線→高尾10:08~10:13→中央本線→上野原10:30

    復路:上野原14:34→中央本線→高尾14:51~15:01→京王線→山田15:06→竜泉寺の湯15:31~17:00→京王片倉17:18→京王線→明大前17:55~18:01→井の頭線→渋谷18:09~16→山手線→目黒18:21

  • 天候

    曇りたまに霧雨
    [2018年06月16日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

上野原駅10:36→根本山入口10:52→根本山322.2m11:01→展望台11:07→秋葉山391.4m11:22~30→車道11:38→八重山登山口(上野原中学校)11:42→八重山展望台12:07~17→八重山歌碑506m12:19→八重山531m12:26→能岳542.7m12:36~46→虎丸山468m13:01→登山道出口(西原霊園)13:12→新井二丁目バス停→13:18一福食堂(上野原駅)13:44

合計3時間8分


総距離 約11.2km 累積標高差 上り:約771m
下り:約767m
6月16日(土)は、また午前中雨の予報だったので、少し遅めに出て、今度は上野原の八重山に行って来ました!

高尾山でも良かったんですが、新鮮味に欠けるので、もう少し足を伸ばして。

この八重山は「八重山五感の森」として公園みたいに整備されているので道は良いし、ほとんどのピークに屋根つきの東屋があって、途中で雨が降ってきても休憩する場所に困らない、まさしく雨の日の代替案向きの山なんですが、人が全然いないのは何故だろう?この日は、中高年の10人ぐらいの団体に会っただけでした。

駅から若干遠いせいかな?

でも途中、根本山~秋葉山とつないで行くと、完璧な駅前登山にすることが出来ます。

まず上野原駅に着いたら、昔からある北口に出ます。そしてすぐ左手の階段を上り、中央高速を橋で渡って市街地に入り、真っ直ぐ進むと甲州街道にぶつかっるので左折。すると秋葉山・根本山・八重山と書かれた標識があります。ここが根本山の入口です。

道は保育園の横からすぐ登山道に入り、ひと登りで東屋がある根本山の山頂に到着。展望はありません。標識は根本山はこの先みたいになってますが、ここが山頂です。

根本山からしばらく未舗装の林道を進みます。すると左上に展望台と書かれた手書きの標識が出てくるんですが、登ってみるもここも展望無し。

展望台のすく先で、右下に下っていく林道から離れ、尾根上の山道に入ります。
この道はしばらく行くと、再び林道に出て給水タンクの前を通過します。

さらに進むと、秋葉神社の手書きの標識が出てくるので、そこで縦走路を離れ、階段を登ると、秋葉神社とテレビアンテナがある秋葉山に着きます。駅からここまで45分ほと。まだ1時間もたってはいませんが、ここで前半は終了なので10分ほど休憩して行きます。

秋葉山の山頂から下り、縦走路にもどったところに今日2つ目の東屋があります。さらに下るとお墓のある場所にに出て、標識に従って右へ右へと進むと、車道に飛び出します。

この車道を右折して上っていくと、上野原中学校の前の5分もしないで歩道橋が出てくるので、その先のスロープを登ると、八重山登山口の駐車場に着きます。トイレと八重山五感の森の案内板があります。

ここからいかにも公園の遊歩道といった沢沿いの道を遡ります。そして最初の橋を渡ったところの分岐を右に行き、次の分岐はどっちに行ってもいいんだけど視覚の森コースへ進みます。

道は明るい斜面を進み、先ほど分かれたもう1つのコースと合流してから稜線に出たところで、展望台経由の道と直接八重山山頂に向かう道にまた分かれるので、ここは展望台経由の道を選びます。

そして入口の駐車場から20分ほどで、星形のモダンな屋根の八重山展望台に到着!八重山ではここが一番景色が良いので、2度目の休憩をとります。でも当然ながら富士山は見えないな~。

八重山展望台からひと登りしたところが八重山を寄贈した水越八重さんの歌碑がある503mのピークです。八重山の名前はこの人の名前からつけられたそう。

八重山山頂は、この503mピークから一旦下りて、登り返したところにあり、ここにも東屋があります。展望はそこそこあるんだけど、展望台の方が良いので、展望で休憩した方が良いです。

八重山山頂からまた下り、虎丸山への道が分岐している鞍部から、もう一度登り返すと能岳山頂です。ここは東屋無し。展望も昔は無しだったんですが、今は南西側が刈り払われて、四方津のエスカレーターの上の住宅地が良く見えます。

能岳からは、天気が良い冬の季節なら聖武連山を目指して縦走しても良いのですが、今日行くと濡れたヤブでグショグショになりそうな気がするので、虎丸山経由で下山することにします。

虎丸山への分岐は、先ほどの鞍部の山頂寄りにもう1つあって、すぐに鞍部からの道と合流します。そしてどんどん下っていくと、左手に虎丸山山頂への道が分岐するのでそちらに入り、トラロープの張られた急坂をよじ登ると、虎丸神社のある山頂に着きます。展望は無し。

虎丸山からは、一番上野原駅寄りに出られる西原霊園を目指して進みます。この道は登山口の上野原中学校前の駐車場へ周回する道と途中まで一緒で最後に別れ、広い西原霊園の上部に出ます。

西原霊園からは集落の中を適当に下に向かって下りていくと、新井二丁目のバス停に出ます。運良くバスがあれば上野原駅まで乗っても良いし、無ければ歩いてもそんなにかかりません。まあ歩いた方が飯屋のバリエーションは広がります。

そう書いておいてなんなのですが、上野原駅前まで戻ってきてしまいました!3時間ちょっとのお散歩でした。疲れてないけどお疲れ様でした!

でも食事はというと、ご安心あれ、何もない上原駅北口には伝説の登山者グルメの店「一福食堂」があるのだー!

ここの名物は、食ったことがある人も多いんじゃないかと思うんですが、何といっても「牡蠣バターラーメン(塩味)」です!いわゆるタンメンに牡蠣とバターが乗ったような代物なんですが、これが妙にB級で美味いんですよ!2~3年に一度思い出したように食べたくなるような食べ物。

これを久々に食べて、ビールも飲んだ後、この間秋山温泉に行った時と同じ14時34分の電車で帰りました。

でもこの日は妙に肌寒く、濡れたTシャツを着たままでいたら、完全に冷えきってしまったので、高尾で京王線に乗り換えたところで、一念発起して片倉の竜泉寺の湯で温まって帰ることにしました。

で、今回は京王片倉ではなく1つ手前の山田の駅から歩いてみたんだけれど、やっぱ片倉よりかなり遠い感じでした。山田の駅の古き良き八王子を思い起こさせる田舎臭さは捨てがたいものがあるんですけどね。

竜泉寺の湯は薄ら寒いせいもあって、えらく混んでいました。駐車場もほぼ満杯。料金は750円。お風呂は温泉じゃないんだけれど、高濃度炭酸泉風呂が自慢の浴室は広いので、結構ゆったりお湯につかっていられます。

竜泉寺の湯からの帰りは、横浜線の片倉から長津田に出るルートも一瞬頭をよぎったんだけれど、雨が降ってきたので、結局いつもの京王片倉から京王線で帰りました。

八重山 - 上野原市
http://mitte-x-img.phj.jp/hakken-uenohara/file/五感の森八重山.pdf

八重山 - 大月市
http://www.city.otsuki.yamanashi.jp/kanko/images/02_01-Uenohara-pdf.pdf

向風~新井~本町三丁目~新町~上野原駅 - 富士急山梨バス
http://www.yamanashibus.com/pdf/rosen/180402_uenohara/uenohara-arai.pdf

一福食堂 - 上野原/定食・食堂 [食べログ]
https://tabelog.com/yamanashi/A1905/A190502/19003066/

八王子みなみ野店 - 竜泉寺の湯
http://ryusenjinoyu.com/hachioji/

登山中の画像
登山画像
この間は新しい南口を使ったけれど、今回は昔な…
登山画像
駅左手の階段を登る。
登山画像
そして中央高速を橋で渡り上野原市街に入る。
登山画像
牛倉神社を通るとちょっと近道です。
登山画像
国道20号沿にある根本山・秋葉山・八重山の標識…
登山画像
アンパンマンが目印の上野原幼稚園の脇の道を突…
登山画像
根本山山頂。東屋がある園地。展望は昔良かった…
登山画像
林道をしばらく進む。
登山画像
左上に展望台の標識があったので登ってみる。
登山画像
冬なら展望あったんだろうけど、木の葉が茂って…
登山画像
その展望台のすぐ先から山道に入る。
登山画像
フェンスのところからの展望。下に見えるのが青…
登山画像
ふたたび林道に戻り、給水施設の横を抜ける。
登山画像
秋葉山山頂は秋葉神社の方に登る。
登山画像
秋葉神社のある秋葉山山頂に着いた!
登山画像
三角点!
登山画像
東側の眺め。たぶん藤野の鷹取山。
登山画像
秋葉山山頂直下の東屋。
登山画像
能岳と八重山が見えた!
登山画像
そして墓地に下山。
登山画像
墓地の裏を八重山方面に進む。
登山画像
広い道に出たら右折して上る。
登山画像
上野原中学校の歩道橋をくぐる。
登山画像
そのすぐ先のスロープを上がる。
登山画像
八重山駐車場到着。左に見えるのはトイレ。
登山画像
案内図もあります。
登山画像
駐車場からほぼ遊歩道の登山道に入る。
登山画像
橋を渡ったら右へ進む。
登山画像
どっち行ってもいいんだけど、視覚の森コースへ…
登山画像
視覚の森なので多少明るく開けた感じ。
登山画像
そして稜線到着。展望台経由の道と巻き道がある…
登山画像
お洒落な八重山展望台到着。
登山画像
八重山展望台からの眺め。
登山画像
天気が良ければ富士山が見えるらしい。
登山画像
展望台のすぐ裏手にある愛の?鐘!
登山画像
506mピーク。通称八重山歌碑到着。
登山画像
この山を寄贈した水越八重さんの記念碑がありま…
登山画像
一旦下って登り返すと、ようやく八重山山頂。
登山画像
八重山山頂にも東屋があります。
登山画像
でも展望台に比べて展望はイマイチ。
登山画像
ふたたび鞍部まで下る。左に虎丸山方面への道が…
登山画像
能岳山頂到着。ここには東屋は無し。
登山画像
昔は展望ゼロだったんだけど、最近は四方津方面…
登山画像
天気が良ければ聖武連山まで行ってもいいのだが…
登山画像
ということで、山頂直下の分岐から虎丸山経由で…
登山画像
虎丸山山頂分岐。
登山画像
若干だけどロープの張られた急坂があります。
登山画像
虎丸山山頂到着。
登山画像
展望はないけれど、虎丸神社があります。
登山画像
西原霊園に下山。
登山画像
霊園からまっすぐ行くと、新井二丁目バス停に出…
登山画像
上野原駅到着。駅前の一福食堂へ!
登山画像
まずはビール。
登山画像
そして上野原名物、牡蛎バターラーメン(塩味)!
登山画像
妙に肌寒くて、濡れたシャツ着たままだったら冷…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

関連する登山記録

もっと見る

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年9月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...