登山記録詳細

ハイキング
参考になった 4
奥武蔵の矢岳から奥多摩の東日原まで縦走! クタシノクビレ、篠戸山、矢岳、赤岩ノ頭、立橋山、牛首、坊主山、ハナド岩、一杯水避難小屋(関東)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2018年6月23日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:目黒4:32→山手線→池袋4:52~5:00→西武池袋線→小手指5:41~42→〃→飯能6:00~04→西武秩父線→西武秩父/御花畑6:48~7:25→武州中川7:36

    復路:東日原14:50→西東京バス→奥多摩15:20~27→ホリデー快速奥多摩号→新宿16:58~17:03→山手線→目黒17:15

  • 天候

    曇り。下山後雨

この登山記録の行程

武州中川駅7:40→登山道入口7:47→70号鉄塔8:37→クタシノクビレ8:41→69号鉄塔8:46→篠戸山1040m9:18→矢岳1357.9m10:09~20→林道方面分岐10:40→赤岩ノ頭1448m10:44→立橋山1568m11:22→牛首11:33→長沢背稜到着11:48→坊主山1640m11:55→水源巡視路到着11:59→ハナド岩11:36→一杯水避難小屋12:56~13:07→東日原バス停14:00

合計6時間20分


総距離 約18.7km 累積標高差 上り:約2,002m
下り:約1,661m
6月23日(土)は、たまには奥多摩!ということで、秩父鉄道の武州中川から矢岳に登り、どこが奥多摩やねん!だからそのまま長沢背陵の坊主山まで行って、一杯水避難小屋で昼飯のお握りを食って、ヨコズス尾根で東日原バス停まで縦走して来ました!

帰りは奥多摩駅から電車で帰ったので、終わり奥多摩ならば全て奥多摩!

矢岳の奥武蔵と奥多摩を繋ぐ道は、人間の管理の行き届いた奥多摩のすぐ裏にこんなにも大自然の息吹を感じる場所があったんだ-!というような道で、隣の熊倉山と酉谷山を結ぶ道と似ているんだけれど、こちらの方が地形が単純でルートがわかりやすいので、一般向きです。

今回は午後雨の予報だったので、最初の若御子山と大反山を迂回して多少の時短を実現するために、始発電車を乗り継いで武州中川を7時40分スタート。

駅横の踏切を渡り、山にぶつかるところまで道を直進すると、田代稲荷神社のすぐ先に「不動窯」「ハイキングコース」と書かれた建物があるので、そこから登山道に入って行きます。

この道は、山の上にある民家の畑を突っ切り、植林の中の送電線巡視路へとつながって行きます。途中に若御子山方面への道が分岐するも、時短のためそのまま70号鉄塔方面に進みます。

70号鉄塔は、山の斜面を登りきり、道が水平になってしばらく行ったところの右側にあり、そのすぐ先のクタシノクビレという鞍部で大反山からの道と合流します。ここまで駅から約1時間!

クタシノクビレから軽くひと登りすると69号鉄塔があり、送電線巡視路はここまでなので一気に道がか細くなります。でもこの先単純な尾根道なのでなんの問題も無し。

尾根づたいにどんどん登って行くと、左手が広範囲に伐採された場所に出ます。その伐採地横のピークで一番高い場所が篠戸山です。クタシノクビレから意外と時間がかかって40分弱で到着。

伐採地から再び樹林帯の中に戻り、最後に急坂を登りきると10時9分、武州中川駅から約2時間半で、展望の無い矢岳の山頂に到着しました。ここで今日最初の休憩をとります。

矢岳の山頂は、一時期立派な山頂標識があったんですが、きれいさっぱり無くなり、手書きのプレートが2枚あるだけになっていました。山頂から林道に下る道も黄色テープがあるだけの完璧なバリエーションルートに逆戻りで、元来た尾根道を戻った方が安全そうな感じでした。

矢岳山頂からしばらく岩がちなやせ尾根が続きます。この辺、今日一番ガスが深く、地面も湿っていて、岩や木の根っこがやたら滑って、進むのにやたら時間がかかりました。

まあそれでも20分ほどで林道への下降路が分岐する地点に到着。ここはちゃんとした踏み跡が残っていました。

しかしその下降路に踏み跡を全部持っていかれ、奥多摩へ抜ける縦走路の道はこの先獣道程度になります。でもヤブは無いし、引き続き単純な尾根道なので迷う心配は無し。

次の赤岩ノ頭は名前とは裏腹になだらかな斜面の上にあるピークです。

赤岩ノ頭を過ぎると道?は再び岩がちなやせ尾根に戻り、たまに手を使いながらよじ登るように進んで行くと、正面右手に巨大な岩壁が見えて来ます。その岩壁の上が立橋山です。

立橋山からロープが欲しい感じの急斜面を下りきった鞍部が牛首です。ここまで来ればようやくあとひと登りで長沢背稜に到着です。

そして岩がちな急斜面を登って行くと、徐々に斜面はなだらかな高原状の場所になり、11時48分、長沢背稜の稜線に到着。矢岳方面への分岐はピンクテープが1つあるだけなので、逆ルートは入口が見つけづらいかも知れません。

このまま水源巡視路に出ても良かったんですが、せっかくなんで坊主山に寄って行きます。山頂には、長沢背稜に出たところから10分かからず到着。手書きのプレートと三角点のような立派な水準点がありました。

坊主山から反対側に下り、水源巡視路に合流したら後は高速道路です。小谷川林道通行止の張り紙がある七跳尾根の分岐を過ぎ、ガスで展望ゼロのハナド岩を過ぎると、約1時間かかり、12時56分一杯水避難小屋に到着。

久しく来ていなかった間に、小屋の色が茶色から白に変わっていました。小屋の中には休憩の人が3~4人。時間が早いので泊まりの人はゼロ。

一服するため、小屋の外のベンチで10分ほど休み、ついでにお握りも1個食べたら、いよいよ東日原バス停に向かってヨコズス尾根を下山開始します。

ヨコズス尾根も奥多摩のメジャールートということで高速道路で、最後簡易水道のタンクの先の大きな石がゴロゴロしたところだけ夏草がしげっていたこともあり歩きにくかったものの、40分強で、前半時短したにもかかわらず13時25分のバスには間に合わなかったものの、14時ちょうど東日原バス停到着。

心配していた雨はというと、下山少し前にちょうど降りだしたところで、結果、雨着も傘も使わずに済みました。

日原は、6月ということで食堂は開いておらず、酒屋もとうの昔に廃業してしまったので、行く場所もなくバス停の待合所の屋根の下で雨宿りしながら14時50分のバスを待ちました。

そのバスで奥多摩駅まで出て、何は無くとも電車の時間を確認しに行ったら、ちょうどホリデー快速奥多摩号がいたので、これに乗ると立川駅まで圧倒的に早いので、飯も食わず温泉にも行かず、まあ温泉は雨のなか傘さして10分歩くのが面倒だったってのもあるんですが、そのまま新宿まで戻ってしまいました。

登山中の画像
登山画像
秩父鉄道の武州中川駅からスタート。無人駅だけ…
登山画像
線路を渡って山に突き当たるまで真っすぐ進むと…
登山画像
そのすぐ先の不動窯の前を左折する。
登山画像
ひと登りしたところから、秩父鉄道・荒川方面の…
登山画像
さらにもう少し登ると、山上の民家の畑に出るの…
登山画像
さらにもうひと登りしたところに、若御子山方面…
登山画像
70号鉄塔です。下はくぐりません。天気が良けれ…
登山画像
熊倉山は見えなくとも、とりあえずこれから進む…
登山画像
クタシノクビレで大反山からの道と合流。
登山画像
クタシノクビレからひと登りで69号鉄塔に着く。…
登山画像
69号鉄塔から東側の眺め。武甲山の下の方だけ見…
登山画像
あと、ほんのちょっとだけ荒川ダム(桜湖)も見…
登山画像
69号鉄塔から先の道はこんな感じ。踏み跡は薄い…
登山画像
広大な伐採地に出た。中央奥み見えているのが篠…
登山画像
伐採地からの眺め。相変わらず遠くは見えず。
登山画像
伐採地の最高峰、篠戸山山頂到着。
登山画像
山頂には古びた手書きの標識があるだけ。
登山画像
伐採地を抜け、再び樹林帯の中に入り、最後急坂…
登山画像
矢岳山頂はこんな場所。下からみると鋭角な形の…
登山画像
矢岳から岩がちなやせ尾根がしばらく続く。ガス…
登山画像
やせ尾根がいったんなだらかになると、ほどなく…
登山画像
ここも立派な標識があったのだが、今は無く、こ…
登山画像
そのままなだらかな尾根をゆるゆると登って行く…
登山画像
赤岩ノ頭山頂はこんな場所。
登山画像
ダケカンバとかブナとか出て来て、徐々に深山ら…
登山画像
立橋山の手前の立橋尾根方面通行止めのテープ!…
登山画像
立橋山の大岩壁が見えてきた!
登山画像
立橋山山頂到着。地図上の1568m地点より、少し南…
登山画像
立橋山山頂はこんな場所。
登山画像
立橋山山頂から牛首の向こうに一瞬見えた長沢背…
登山画像
岩場の急斜面を下りきると、キレットの牛首に着…
登山画像
結構ヤバ目の場所なんだが、標識は可愛い♪
登山画像
そして長沢背稜への最後の登りにかかる。
登山画像
道が穏やかになってくると、じきに長沢背稜の稜…
登山画像
ついでなんで、すぐ隣の坊主山に登っていきます。
登山画像
坊主山はさすが奥多摩、道はなくとも、山頂標識…
登山画像
そして水源巡視路にでる。ここからは高速道路♪
登山画像
2〜3年前熊倉山から縦走した時に下った小谷川…
登山画像
ハナド岩に着いた!
登山画像
当然岩の上からの展望はゼロ!
登山画像
おおおー!一杯水避難小屋が白くなっているー!…
登山画像
中には休憩の人が3〜4人。泊りの人はまだ時間…
登山画像
下山路はヨコズス尾根を下ります。ここも高速道…
登山画像
日原のバス停が見えたー!
登山画像
時短したにもかかわらず13時25分のバスには間に…
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年1月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...