登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
山梨 VOL.11 権現岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

たかじゅん さん
  • 日程

    2018年6月30日(土)

  • 利用した登山口

    観音平  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:中央自動車道「小淵沢IC」を出て右折して「八ヶ岳高原ライン」で山に向かい、途中左折して登り続けると舗装道路の終点に未舗装の広場(駐車場)のある「観音平」に着きます。「小淵沢IC」から8km・15分です。仮設のトイレがあります。40台位駐車可能ですが、梅雨明け初日の晴れ予報の土曜日なので、朝4時50分着で20台目でした。「小淵沢IC」を出ると左にローソンがあり、すぐ右の先にきれいなトイレと大きな駐車場の「道の駅/こぶちざわ」があるので、前日泊するならこちらがお勧めです。

  • 天候

    晴れ、軽風

この登山記録の行程

観音平(05:00)・・・八ヶ岳横断歩道(05:35)・・・木戸口(07:15)・・・三ツ頭(08:20)・・・権現岳(09:10)・・・青年小屋(10:20)[休憩 15分]・・・編笠山(11:00)・・・押手川(12:00)・・・雲海(12:30)・・・観音平(13:10)観音平(05:00)・・・八ヶ岳横断歩道出合(05:35)・・・延命水(05:55)・・・木戸口公園(07:15)・・・天女山分岐(08:15)・・・三ツ頭(08:20)・・・権現岳山頂(09:10)・・・青年小屋分岐(09:20)・・・東ギボシ(09:35)・・・のろし場(10:00)・・・青年小屋着(10:20)昼食・・・青年小屋発(10:35)・・・編笠山山頂(11:00)・・・押手川(12:00)・・・雲海(12:30)・・・観音平(13:10)

総距離 約10.9km 累積標高差 上り:約1,449m
下り:約1,449m
コースタイム 標準:9時間5分
自己:7時間55分
コースタイム倍率 0.87
ほとんどの登山者は、観音平から「編笠山」に登り、「青年小屋」に1泊する等の右回りです。
梅雨明け最初の土曜日なので混雑を考慮して、最初に「権現岳」を登る左回りを選びました。
アトノ尾根コースは地味な樹林帯を延々と登るルートで、途中のヘリポートで東側の展望が
開け、「富士山」と「南アルプス群」が見られて疲れが取れます。次は「木戸口公園」で西側の
展望が開け、「編笠山」から「ギボシ群」が見られます。このルートでの展望はこの2ヶ所です。
地味で静かな樹林帯の登りが、天女山からの尾根ルートに登り着くまで3時間以上続きます。
天女山からのルートに出合うと景色は一変します。少し稜線を戻ると高度感抜群の景色です。
明るい稜線を進むと、すぐに小ピークの「三ツ頭」に着いて、圧倒的な八ヶ岳連峰が現れます。
「三ツ頭」から一度下り、樹林帯を抜けると、いよいよ「権現岳」への最後の急登が始まります。
高山植物が咲く中、岩場を超えて鎖場を登ると、山岳信仰の場であった小さな「檜峰神社」が
ある「権現岳」の山頂に着きます。山頂標識は、お社の後ろにそびえる岩場の上に有ります。
山頂標識は狭い岩場ですが、そこからの景色は360度の展望で、岩の上で休憩ができます。
早朝の出発もあり、同方向の登山者もいなく、すれ違いも3人で「権現岳」山頂に着きました。
この周回ルートは全体で9時間コースですが、休憩無しなのでゆっくりでも4時間で登頂です。
「権現岳」からは「東ギボシ」に登って八ヶ岳連峰の雄姿を堪能して、「青年小屋」へ下ります。
途中の岩場と鎖場は往路と違い、荒くて危険な個所が多いガレ場なので慎重さが必要です。
ルートや時間的な条件もあり、多くの登山者とすれ違いながら「青年小屋」へ下って行きます。
「青年小屋」から「編笠山」へ登ってから下山しましたが、「編笠山」の東側を巻いて直接下山
できるルートもあります。遅い出発の方はこのルートで「青年小屋」への宿泊を目指します。

登山中の画像
登山画像
観音平駐車場で0セットです
登山画像
右手の「八ヶ岳横断歩道」を進みます
登山画像
八ヶ岳横断歩道出合 15m
登山画像
湿度が高い霧の中を登って行きます
登山画像
やはり「ギンリョウソウ」がいました
登山画像
朝日が出てきてガスを飛ばし始めました
登山画像
天気が一気に回復してきました
登山画像
「木戸口公園」から目指すピークが見えます
登山画像
木戸口公園 635m
登山画像
きれいどころが集まっていました
登山画像
天女山からのルートの稜線に出ました
登山画像
左が登ってきた稜線で、右が帰りの「編笠山」です
登山画像
天女山分岐 940m
登山画像
三ツ頭 960m
登山画像
「権現岳」に向かいますが圧倒的な迫力です
登山画像
一度下って樹林帯を抜けます
登山画像
左の足元には「イワカガミ」の群落です
登山画像
右の足元には「ミツバオウレン」の群落です
登山画像
目指すピークに向けてラストスパートです
登山画像
快晴の中の急登が始まりました
登山画像
そこそこの岩場も出てきます
登山画像
厳しい環境下で生きる「ミヤマダイコンソウ」です
登山画像
結構危険な鎖場も超えて行きます
登山画像
「権現岳」の岩頭が目の前です
登山画像
「檜峰神社」のある「権現岳」山頂です
登山画像
「権現岳」山頂から「富士山」と「南アルプス」…
登山画像
「権現岳」山頂から「八ヶ岳連峰」です
登山画像
権現岳山頂 1080m
登山画像
下山ルートの左下に「青年小屋」が見えます
登山画像
「権現小屋」から「ギボシ」です
登山画像
青年小屋分岐 1070m
登山画像
振り返ると「権現岳」の向こうに「富士山」です
登山画像
まずは「東ギボシ」に向かい下山開始です
登山画像
足元には「ハクサンイチゲ」の群落です
登山画像
八ヶ岳連峰の雄々しい姿です
登山画像
振り返ると「権現小屋」「権現岳」の向こうに「…
登山画像
東ギボシ 1070m
登山画像
高度感抜群の鎖場が続きます
登山画像
「ミヤマシオガマ」
登山画像
メジャーな「ミヤマキンバイ」です
登山画像
多肉植物の様な「イワベンケイ」の雄株です
登山画像
ガレ場が続く向こうに「編笠山」と「西岳」です
登山画像
人気の高い「ミヤマオダマキ」です
登山画像
のろし場 910m
登山画像
「編笠山」と「青年小屋」が目の前です
登山画像
「青年小屋」の入口です
登山画像
青年小屋 760m
登山画像
昼食後に「編笠山」を目指します
登山画像
振り返るとジオラマみたいです
登山画像
編笠山山頂 890m
登山画像
最後はガンガン下って行きます
登山画像
ほとんど直線的な岩場を下ります
登山画像
押手川 485m
登山画像
雲海 275m
登山画像
道がきれいになったのでもうすぐゴールです
登山画像
観音平に無事下山です
登山画像
お疲れ様でした
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、ライター
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たかじゅんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 赤岳鉱泉~八ヶ岳・赤岳
    赤岳鉱泉
    最近の朝の気温は氷点下。現時点では、赤岳周辺、赤岳山頂までの登山道には積雪はありません。
    20年11月26日(木)
    黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    登山道に積雪はありません。日没が早くなっているので早めの行動をお願いします
    20年11月26日(木)
  • 赤岳天望荘~八ヶ岳・赤岳
    赤岳天望荘
    赤岳周辺の登山道ですが、本日時点では積雪はありません。一部凍結しているところがあります
    20年11月13日(金)
    オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    今シーズンの営業は10月31日泊まで。先日の雪が、途中の森林限界付近、日陰のところなどに残って凍っています
    20年10月30日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

たかじゅん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年11月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...