登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
編笠岳・権現岳縦走(No.15) 編笠岳、権現岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

ALPEN さん

この登山記録の行程

富士見高原(01:48)・・・盃流し(02:18)・・・石小屋・・・シャクナゲ公園・・・編笠山(04:26)[休憩 11分]・・・青年小屋(04:57)[休憩 12分]・・・権現岳(06:20)[休憩 21分]・・・青年小屋(07:34)[休憩 37分]・・・西岳(08:48)・・・林道編笠線(中央コース)・・・不動清水(09:43)[休憩 7分]・・・富士見高原(10:05)

総距離 約13.4km 累積標高差 上り:約1,668m
下り:約1,668m
コースタイム 標準:10時間45分
自己:6時間49分
コースタイム倍率 0.63
天気は快晴。気温は下界(小淵沢IC)で21℃、富士見高原登山口で18℃、そこからは15~18℃前後であった。てんきとくらすでの登山指数が全日Aであり、気温が18℃であり、風も一番強い時間帯で7mほどだったため登頂を決行した。

天気は終始晴れで、太陽が出ると汗ばむくらいであった。半袖一枚+ハーフパンツもしくはロングタイツで行動できるが、権現小屋の日陰で数分休憩をしたところ鳥肌が立った(この時の気温は16℃)。風邪が少し冷たく汗が冷えるため、ソフトシェルまたは長袖を持参するのが良いと感じた。

コースとしては歩きやすく、特にぬかるんでいる個所は無し。また青年小屋~権現岳に向かう途中のザレ場では、多くの浮石や砂利があるため注意が必要である。その他今回山行において難しい箇所や注意すべき点は特にないが、編笠山後半や編笠山~青年小屋、青年小屋~権現小屋、権現岳は大きな岩を登ることが多いため、動きやすくもしもの時のための備品(応急セットなど)の準備が必要だと感じた。

またこの時期はアブの発生時期であったが、全くの準備不足だったため、青年小屋~不動清水まで多くのアブ被害に遭った。特にハーフパンツで行動した隊長は、終始アブが10匹前後周りを飛んでおり、顔や手足に容赦なく近づき噛まれた。技術部の私も、ロングタイツではあったがその上からでも噛まれた。対策としては、ハッカ油と無水エタノールを混合させた虫よけ(詳しくはネットで検索してください)が効果あるほか、少し暑苦しいが厚めのロングパンツやカッパの着用が強いられる。但し、二酸化炭素や温度の高いものに寄って来る習性があるので、これらを用いても完全に防ぐことは厳しいと感じた。青年小屋では落ち着いてご飯を食べられなかったり、西岳~不動清水までは駆け足での下山を強いられたりと、山行計画に大きな支障をきたすため、事前に対策が必要である。

登山者は今回の工程で30人弱ほどすれ違った。小屋泊、テント泊の登山者が特に多く、昼間は山頂やその道中、小屋などで多くすれ違った。特に権現岳山頂では、記念撮影中に別隊(8人パーティー)が下から上がってきたため、うまく入違いながら下山した。編笠山や西岳山頂は広いが、権現岳山頂は狭く片方は切れたっているため、到着前に前後のパーティーを確認することが望ましい。

富士見登山道入り口の駐車場では、昼間多くのゴルフ客で埋まるため、駐車場所や止め方に気を配った方がよい。

最後に今回山行では水を少し多めに持参したが(昼食で使うのも含め)、途中では不動清水や乙女ノ水など水場も多く、青年小屋などどの山へ行くにも起点となる小屋があるため、水の調達はしやすいと思った。

登山中の画像
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ALPENさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ALPEN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年10月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!