登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
富士山(富士吉田ルート)2回目 富士山(関東)
img

記録したユーザー

Gen さん

この登山記録の行程

自宅(17:30)・・・スバルライン五合目駐車場(21:00)・・・登山開始(00:26)・・・六合目(01:08)・・・七合目(02:28)・・・七合目トモエ館(03:01)・・・赤門(03:47)・・・東洋館で御来光待機(04:01)・・・八合目太子館(04:54)・・・元祖室(06:04)・・・本八合(06:45)・・・八合トモエ館(07:09)・・・八合5勺御来光館(07:34)・・・九合目(08:25)・・・吉田ルート山頂(09:20)・・・お鉢巡り開始(09:25)・・・剣ヶ峰(11:07)・・・お鉢巡り終了(11:54)・・・下山開始(12:13)・・・1244九合(12:44)・・・八合5勺御来光館(13:08)・・・八合トモエ館(13:23)・・・ここで指導員に下山道を誘導される・・・吉田登山口(15:53)・・・スバルライン五合目駐車場(16:07)


総距離 約15.1km 累積標高差 上り:約1,758m
下り:約1,764m
6/23に富士宮ルートで登頂したので、それよりも軽装を選択。
山開きしているので、軽量化させるため水分補強など多少のコスト高さは覚悟で登山した。
日本人よりも外国人(アメリカ・韓国・中国・東南アジア系)が多く、ツアー客の集団に混じっての登山となった。
混雑を避けるため、真夜中(0時台)を選択したおかげで渋滞することなく登頂した。
今回はお鉢巡りと剣ケ峰両方をこなすつもりで体力温存しながら登ったため、登頂には疲労を感じなかったが、下山道で単調なジグザグと埋まる砂に想像以上に体力を奪われ、六号から登山口までの最後が最も過酷であった。
吉田ルートの山頂から八号までの下山道はまだ整備されておらず、八号までは登った道を歩き、八号で指導員より正規ルートへ誘導された。
今まで山開き時に登山したことがなく、山小屋でのラーメン等興味津々であった。
山頂で食を摂ろうと計画していたが、まだどこも店が開いておらず、下山中にやっと食にありつけた。
初めて食べたラーメンは期待とは裏腹の味だったので二度と山小屋で食事するのは止めようと思った。
前回の初登頂が感動しすぎたのか、今回は思ったよりも感動は少ない。
ただ、お鉢巡りをしたおかげで富士山の色々な場所や岩肌、火口の形状など、歴史(時)の重さを感じることが出来たのは自分なりに収穫だった。

登山中の画像
登山画像
スバルラインに入ると御来光目的の登山者たちが…
登山画像
0時台に登山を開始運良く自分しかいない
登山画像
夜が明け始めるしばらく待機して御来光を待つ
登山画像
いつ見ても神々しい
登山画像
前回、Yさんと息子で登り、断念した場所今回は…
登山画像
前回と違い整備されている
登山画像
ここからが遠い
登山画像
まだ整備しきれていないようだ
登山画像
ここから皆足が遅くなる山頂で御来光を見た登山…
登山画像
山頂にある鳥居ここを潜ればゴールだ
登山画像
開いていない開いていないぞ!
登山画像
まだどこも開いていないすれ違った登山者曰く、…
登山画像
お鉢巡り開始
登山画像
左周りでお鉢巡りする事にした
登山画像
吉田から富士宮方面(左側)を進んだ風景1
登山画像
吉田から富士宮方面(左側)を進んだ風景2
登山画像
吉田から富士宮方面(左側)を進んだ風景3
登山画像
剣ケ峰が遠い
登山画像
お鉢巡りをしなかったら見られない景色
登山画像
特徴のある岩が嬉しい
登山画像
富士宮ルート近くまだ公開されてないらしく整備…
登山画像
まだ少し荒れている
登山画像
富士宮ルート山頂付近の鳥居吉田ルートより人は…
登山画像
こちらも開いていない観光客もほとんどいない外…
登山画像
頂へ向かう6/23時点では雪がまだあったが、…
登山画像
剣ゲ峰から左回りで吉田へ向かうここだけ雪が残…
登山画像
富士宮ルート(剣ゲ峰)から見た本日の景色
登山画像
吉田ルートの下山道単調かつ同じ道を歩く錯覚と…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Genさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Gen さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年10月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!