登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
芦別岳 芦別岳(北海道)
img

記録したユーザー

ちっさん さん

この登山記録の行程

新道登山口(04:15)・・・呻吟坂(05:21)・・・見晴台(05:50)・・・鶯谷(06:35)休憩6分・・・半面山(07:25)休憩6分・・・芦別岳山頂(09:15)休憩15分・・・半面山(10:39)・・・鶯谷(11:12)・・・見晴台(11:35)・・・登山口(12:30)


総距離 約12.8km 累積標高差 上り:約1,519m
下り:約1,519m
 ツアーで芦別岳に行って来ました。ツアー参加者はキャンセルも出たため、計4人という少なさで、ガイドを入れても5名というコンパクトなものでした。
 7月2日は登山後の移動もあるため、早朝の4時に富良野市のホテルを出発。登山口には10分少々で到着。早速鹿よけのゲートを開けて登山開始。始めは緩傾斜の道を淡々と登っていきました。呻吟坂という少し恐ろしい名前のところもありましたが、まあ普通の登山道でしょう。 
登りの途中で登山道のすぐわきでゴソゴソと何か動く音が聞こえました。ガイドの方が立ち止まり声を立てないよう指示します。すると物音は少し離れていく感じで静かになりました。ガイドがヒグマと思われるが、離れていったのでこのまま進もうということで、先に進みました。物音は私の感じでは登山道から10数メートル位、すぐ近くです。さすがに緊張しました。クマは人間から逃げるというより、人間をやり過ごすという感じです。ということで、ここはあまり騒ぎ立てず素早く立ち去るというのが正解なのでしょう。それにしてもこの緊張感はツアーだからよいものの単独だったら、登山をあきらめていたかも知れません。
 山頂の手前に雪渓がありましたが、ガイドがステップを切り、こちらの体をスリングにロープとカラビナで確保し、上方からガイドがロープを引っぱる形で登りました。ステップがしっかりしていたので、一歩一歩キックステップで登れないことはなかったのですが、良い経験になりました。
 頂上はガスがかかっていたのですが、切れ間から多少の展望がありました。さて下りは登りの時の緊張がよみがえり、びくびくしながらの下山となりましたが、幸い物音などは一切聞こえず、雨の降りだしも懸念されたので、足早に下山を急ぎ3時間ほどで登山口に到着しました。
 何とか雨には降られず、ヒグマにはびっくりさせられましたが、200名山芦別岳に登れて満足です。
 


登山中の画像
登山画像
入山届を出して出発
登山画像
呻吟坂序曲とは?まだまだ先は長い?
登山画像
何も見晴らせなかった見晴台
登山画像
ハクサンチドリ
登山画像
ムラサキヤシオ
登山画像
鶯谷
登山画像
カラマツソウ
登山画像
コバイケイソウ
登山画像
イソツツジ
登山画像
コケモモ
登山画像
ナナカマド
登山画像
エゾノイチゲ
登山画像
半面山とありますが、上から見ると山というより…
登山画像
小さな湿原を横切ります
登山画像
オオバキスミレ
登山画像
シラネアオイ
登山画像
シナノキンバイ
登山画像
頂上の間近に雪渓が残っていました。ガイドの方…
登山画像
山頂にて
登山画像
急峻な谷
登山画像
遠くに大雪連峰
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ちっさんさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ちっさん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

(日本気象協会提供:2019年8月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック
トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック 画期的な新商品が、すべての登山者に快眠を約束してくれる。ニーモの革新的シュラフと高機能マットを紹介。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...