登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
両神山:7月の両神山は修験道、反省点書き出し 両神山(関東)
img

記録したユーザー

japan007 さん
  • 日程

    2018年7月8日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:日向大谷の市営駐車場を利用。朝5時30分、車は自分以外いませんでした。

  • 天候

    ~8:45弱雨にて車中睡眠~9:20登山開始、避難小屋到着後すぐ降雨、頂上手前で快晴に!
    [2018年07月08日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

日向大谷口(9:20)・・・清滝小屋(12:30)・・・両神山(13:25)・・・(休憩5分)・・・両神神社(13:45)・・・清滝小屋(14:15)・・・日向大谷口(16:25)


総距離 約9.5km 累積標高差 上り:約1,671m
下り:約1,671m
【コース前半】
7月の両神山で、朝と昼に雨が降りました。
何を意味するか?! ただひたすら暑いんです。そして湿度が高い!
前半は森林の中を川沿いに詰めていくので、雨上がりは特に暑いです。
【反省点1】
パンツ(下着のです)、普通に綿100%履いて行ってしまったこと。まただけずぶ濡れです。気持ち悪いし、とにかく暑いのに冷えました。3000メートル級に登るときは意外や綿100%でも汗をそんなにかかないのと、汗がすぐ乾くんですね。低山の真夏は厄介だとわかりました。パンツだけは山用を買ったことがなく、今回初めて買おうと思いました。

【コース後半(避難小屋より上)】
小屋に着くと雨が降り始めました。ここで失敗に気が付きました。ゴアテックスのレインウェアが役に立ちません。高温多湿の7月の1723メートルの山では、ただのゴムカッパと一緒です。着る前に、ゴアの目が濡れで塞がらないように、乾いた長袖に着替えてからゴアを羽織りましたが、ダメです。暑い、蒸れる、着ていられない!
【反省点】
NorthFaceのMountainRainは30番デニールと丈夫なので購入しましたが、結論、ダメです。使えません。高価なだけで、重い!暑い!ごわつく!パンツは同じNorthFaceの2レイヤーの軽い、柔らかい、もっと高価なやつですが、今回出番はありませんでした。やはり丈夫さなんてレインウェアの購入検討材料いしちゃいけませんでした。高くても軽くて柔らかいやつを選ぶべきですね。

【鎖場】
そんな難しいところはありません。鎖に頼ると逆に良い姿勢で行動できないので、鎖に頼らない方がいいと思う程度です。
【反省点】
夏で陽が長いのと、1723メートルと夏の低山なので、雨もあり、グズグズ登ってしまいました。登り始めも遅く9時20分なのに、水辺や避難小屋探検などで時間を費やし、頂上14時20分着でしたから、これが冬だったら下山を完了できません。ラス2の登頂者よりさらに40分遅い頂上到着で(擦れ違いから計算)、ダントツ最後の登頂者になりました。下山途中で何かあれば、マズイです。改めて気を引き締めないとと思いました。

【総括】
①低い山でも、なめるとまでは言わなくても、油断は禁物。
②かえって経験のない真夏の低山だからこそ分かった、
  ・パンツ(下着)も登山用を!
  ・ゴアのレインウェアは真夏の低山では信用できない!

登山中の画像
登山画像
最初の渡渉ポイントです。水はそんなに増えてい…
登山画像
この日は、500MLのペットに6秒で満水にできまし…
登山画像
避難小屋横の自炊場。インナーシュラフとシュラ…
登山画像
小屋の上を見上げると、一瞬えっと思う高度感の…
登山画像
鎖場はこんな感じです。特に高度感もなく、足場…
登山画像
見た瞬間、金属製えせ八本歯のコル?疑似トラバ…
登山画像
本社。ここのご神木が立派です。ここまで来ると…
登山画像
頂上少し手前でやっと景色が開けます。
登山画像
頂上100メートル手前。ここまでくればあと少し。
登山画像
目印です。これを超えると頂上です。
登山画像
最後の登頂者になってしまい、一応独り占めとい…
登山画像
狭いです。混んでいるときは頂上渋滞になるんじ…
登山画像
百名山何座目かな?
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、タオル、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、カメラ、登山計画書(控え)、ロールペーパー、行動食、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、コッヘル
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

japan007さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

japan007 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?