登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
水墻山 (関東)
img

記録したユーザー

まさ さん

この登山記録の行程

瑞牆山荘(09:00)・・・富士見平小屋(10:00)・・・瑞牆山(12:30[休憩 60分]・・・富士見平小屋(14:00)・・・瑞牆山荘(16:30)

総距離 約5.2km 累積標高差 上り:約965m
下り:約965m
コースタイム 標準:5時間
自己:5時間
コースタイム倍率 1.00
9時到着で無料駐車場は満車だったが、路肩スペースが沢山あり問題なし。
登山道を登り始めた直後に二又があり、直進すれば神社の参道、右に折れて登ると登山道なので
少し注意が必要。

川(虫多数!)を渡り、桃太郎岩を過ぎてからは、とにかく岩、岩。
バランス大丈夫かと思える岩を小枝で支えてくれていて、笑った。インスタポイントかな。

大ヤスリ岩の垂直の壁を登ってるクライマーが凄すぎ。

頂上からの景色は最高でした!

登山中の画像
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 瑞牆山荘 ~瑞牆山・金峰山
    瑞牆山荘
    2018年の営業を終了しました。ありがとうございました。
    18年11月26日(月)
    金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    林道牧丘川上線・大弛峠が冬期通行止めとなりました。 そのほかの登山口からの通行は問題ありません。今シーズンは12月1日泊までの営業です
    18年11月21日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

まさ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2018年12月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す
細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。北海道・十勝岳で、凝った作りの寝袋、ニーモの「ラムジー15」をチェック!
NEW 年末年始は山小屋で過ごしませんか?
年末年始は山小屋で過ごしませんか? 冬季・年末年始の山小屋営業情報をピックアップ! 年末年始を年越しで過ごしたい登山者のみなさま、ぜひご活用ください!
NEW 2017年の年越しを山小屋で過ごしました
2017年の年越しを山小屋で過ごしました ライターの小野泰子さんが山小屋の年越しイベントを初体験! 年末年始の赤岳鉱泉と行者小屋の模様をレポートしました。
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ―― 紅葉シーズンは残り僅か。秋を堪能した人は、その美しい山の情景を紅葉写真コンテストにご応募ください!
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!
雪山の学び場、八ヶ岳へ
雪山の学び場、八ヶ岳へ バラエティに富んだコース、アルペンムード漂う山々、そして営業小屋。雪山を学ぶなら八ヶ岳がオススメだ。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?