登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
蝶ヶ岳-常念岳 2018.7.14-15 蝶ケ岳-常念岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

コータフ さん
  • 日程

    2018年7月14日(土)~2018年7月15日(日)

  • 利用した登山口

    三股・林道ゲート  

  • パーティ

    2人 (コータフ さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:三股登山口前駐車場までは崩落の為進入できず800m手前の臨時駐車場①(森の広場)と更に1,200m手前の臨時駐車場②(まゆみ池)
    4:30に臨時駐車場②(約40台)が満車状態で近隣に路駐車両多数

  • 天候

    初日:晴 2日目:晴時々曇
    [2018年07月14日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
三股・林道ゲート(08:00)・・・三股(08:13)・・・まめうち平(10:10)[休憩 40分]・・・蝶ヶ岳(13:25)

【2日目】
蝶ヶ岳(04:10)・・・横尾分岐(04:30)[休憩 30分]・・・蝶ヶ岳三角点(05:08)[休憩 30分]・・・常念岳(08:40)[休憩 30分]・・・前常念岳(10:05)[休憩 30分]・・・標準点櫓跡(12:10)[休憩 30分]・・・三股(14:30)・・・三股・林道ゲート(14:45)

総距離 約16.1km 累積標高差 上り:約2,246m
下り:約2,246m
コースタイム 標準:14時間25分
自己:12時間50分
コースタイム倍率 0.89
7月14‐15日 三股→蝶ヶ岳→常念岳巡走
当初はテン泊の予定でしたが、直前に体調を崩しヒュッテ泊変更です。

4:30分 臨時駐車場(森の広場:約60台)手前の臨時駐車場(まゆみ池:約40台)がほぼ満車、道路には多数の路駐車。
この先(森の広場駐車場)に進む勇気がなくココに停める。
夏山シーズン到来と3連休も重なりかなりの登山者数でヒュッテも混雑を危惧。

7:00駐車場を出発して森の広場臨時駐車場まで(1.2km)、林道崩落現場の横を通り林道ゲート前(800m)の綺麗なトイレで済ませ、三股登山口まで(800m)には1時間かかりました。
8:00登山口から三股分岐を蝶へ
登山道は木製階段等も整備された登山道で危険個所はなく、名物のゴジラ木や水場等で休憩を取りながらほぼ樹林帯を歩きます。森林限界に入るとすぐに蝶ヶ岳ヒュッテに到着。
13:30山頂前に宿泊の受付をと・・・既にヒュッテ玄関には行列状態で館内もごった返しです。
本日の宿泊スペースはかろうじて1人1畳ありました(2畳で3名の方もいました)
山頂や周辺を散歩、昼寝、晩御飯、夕日は雲の中でしたが暗くなっていく安曇野市内を眺めながらコーヒータイム、明日の準備、弁当を受け取り就寝です。
水の供給(200円/ℓ)は常に長蛇の列だったので翌朝早朝に購入することにしました。

3:30起床 4:00出発
水の販売は5時からとのことで購入できず、手持ちは2人ともに1ℓ程度です。
心配しながら歩くも天候は良く、雲海の上にご来光、赤く輝く槍穂連峰に感動しながら三角点、蝶槍を過ぎ、樹林帯に入り、登り下りし地塘池を過ぎると岩部にでます。ペンキマークを進むと目の前に最低鞍部からの常念岳の400m高低差の稜線全貌が見えます。
この辺りから常念→蝶の登山者とすれ違います。

8:30山頂は大勢の登山者で溢れかえってます。
北アルプスの眺望に興奮し、祠の記念撮影は長蛇の列です。
我々も写真撮り、眺望、30分頂上を楽しみました。
9:00下山です。大天井までの尾根を見ながら三股へ分岐、まずは前常念岳を目指します。20分も歩くと岩場になり所々ペンキも剥げかけていますが、進行方向も目視できるので問題なく進めます。

10:00前常念は木標らしきものと岩に黄色のペンキで「前常念」と記されているだけです。
10m先に避難小屋とちょっとした平場があり、ココで昼食ラーメンを予定していたのですが、水不足(残り400ml)の為、昼食は中止しました。

前常念からも緊張の岩場が続き、30分程度で樹林帯にはいります。
これから2時間半が暑さ!水不足!エネルギー不足!で徐々に脱水症状に、水は30分毎に1回50ml程度だけで我慢しながら、フラフラ下山です。
歩行もスローペース、何度も立ち止まりながら、なんとか標高1,400mまで下ってくると三股分岐手前に沢沿いの箇所がありました。
頭から沢水をかぶり、顔を洗い、口をすすぎ、生き返る想いでした。
今回の山行は水の計画を甘く考えていたことから、昼食抜きのガス欠状態、暑さの熱中症対策などの色々勉強になりました。

登山中の画像
登山画像
林道ゲート駐車場手前の崩落現場
登山画像
三股登山口
登山画像
三股吊り橋登山口から15分
登山画像
ゴジラに似た木
登山画像
木製階段
登山画像
頂上
登山画像
満席のテント場と満室のヒュッテ
登山画像
翌朝4:00ヒュッテ前
登山画像
4:30日の出
登山画像
蝶槍
登山画像
最低鞍部から常念岳常念→蝶の登山者と交差します
登山画像
あとひと息
登山画像
常念岳の祠私の後ろには行列です
登山画像
前常念のペンキは見過ごしそう
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

コータフさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    気温高く山荘周辺は雪でも麓はみぞれに。解けた雪面の凍結に要注意
    19年02月20日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

コータフ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年2月22日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。