登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
MMY登山部 最難関ルートで八ヶ岳デビュー! 赤岳・阿弥陀岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

ピーちゃん さん

この登山記録の行程

サンメドウズハイランドパーク(05:30)・・・大門沢林道入口(05:50)[休憩 10分]・・・県界尾根取付点(06:22)[休憩 5分]・・・小天狗(07:04)[休憩 15分]・・・大天狗(08:00)[休憩 15分]・・・巻き道分岐(09:00)・・・赤岳(09:35)[休憩 45分]・・・中岳のコル(11:00)・・・阿弥陀岳(11:23)[休憩 30分]・・・中岳のコル(12:27)・・・六合目(13:46)・・・牛首山(15:03)[休憩 15分]・・・リフト山頂駅(16:00)[休憩 15分]・・・羽衣池(16:48)

総距離 約13.9km 累積標高差 上り:約1,886m
下り:約1,878m
コースタイム 標準:12時間46分
自己:8時間48分
コースタイム倍率 0.69
久しぶりに赤岳に県界尾根から真教寺尾根を周回して登って来ました。
県界尾根、ぐんぐんと赤岳頂上が迫ってくるいいルートです。

ネットやガイドだと、真教寺尾根を登りで推奨しているものが多いですが(1ヶ所急な鎖場があるため)、岩場に慣れている方なら、赤岳頂上に直登する県界尾根をオススメします。
結構な『登った感』が好きです。

いずれのルートも八ヶ岳では難関ルートと言われています。浮石や上下に人がいる場合、落石にも十分注意してください。(自分も落とさないように!)

赤岳から、阿弥陀岳がキレイに見えていたので、ちょっと寄り道をしてきました。
ちょっとのつもりが、とんでもなく長ーい寄り道になりました(泣)

登山中の画像
登山画像
5:30出発 赤岳がキレイにみえました。
登山画像
スキー場を登り、県界尾根ルートに入りました。
登山画像
しばらく林道です。
登山画像
地図にはありませんが、県界尾根と真教寺尾根を…
登山画像
所々、赤岳が見えます。
登山画像
真教寺尾根取付き点。ここから稜線に向けて急登…
登山画像
シャクナゲが咲いていました。
登山画像
県界尾根稜線に出ると…
登山画像
小天狗はすぐです。
登山画像
赤岳がまた近づきました。
登山画像
権現岳がキレイに見えました。
登山画像
小天狗を過ぎてしばらく行くと、展望が開けます…
登山画像
富士山もはっきり見えました。
登山画像
大天狗までは穏やかな歩きやすい稜線です。
登山画像
標識だとここで半分。
登山画像
大天狗様です。
登山画像
鉄の足場が出てくると、いよいよ核心部となりま…
登山画像
ヘルメット装着。お父さんも緊張気味!
登山画像
お父さんも頑張ってます。
登山画像
鉄の足場を過ぎると…
登山画像
鎖場が続きます。落石に注意です。
登山画像
ルンゼとまでは言えませんが、ルンゼ状の急登が…
登山画像
展望荘への分岐です。
登山画像
頂上に向けて急登が続きます。
登山画像
ハシゴもあります。
登山画像
ルートをよく見て…
登山画像
頂上が近づいて来ました。
登山画像
頂上小屋の裏手から稜線に出ます。
登山画像
稜線に出ました!
登山画像
北アルプスがよく見えました。槍の穂先もクッキ…
登山画像
赤岳頂上です。
登山画像
お父さんも無事登頂。
登山画像
時間も早かったので、阿弥陀岳に寄り道。
登山画像
メジャールートに入り、一気に人が増えます。
登山画像
阿弥陀岳、まだまだ…
登山画像
中岳頂上
登山画像
阿弥陀岳、まだまだ…
登山画像
やっと中岳のコル
登山画像
阿弥陀岳に取り付きます。
登山画像
このルートも落石注意です。
登山画像
阿弥陀岳山頂。クタクタ…
登山画像
お父さんもお疲れ…
登山画像
あの稜線にまた戻ります(泣)
登山画像
そびえ立って見えます(泣・笑)
登山画像
コマクサが慰めてくれました。
登山画像
赤岳稜線に戻りました。
登山画像
稜線に戻って嬉しそう。長すぎる寄り道でした。
登山画像
真教寺尾根分岐点。
登山画像
真教寺尾根を下ります。
登山画像
鎖場が続きます。
登山画像
落石しないように丁寧に下ります。
登山画像
ここが真教寺尾根で最もやっかいとされる鎖場で…
登山画像
所々にスタンスはあります。
登山画像
やっと牛首山。
登山画像
賽の河原。ペースダウンしてきました。
登山画像
サンメドウズのリフトトップに着きました。清里…
登山画像
リフトの誘惑に打ち勝ち、自力下山開始!
登山画像
途中、防火帯の笹薮をショートカット
登山画像
スキー場の駐車場に出ました!
登山画像
赤岳は雲の中。お疲れさまでした!
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ピーちゃんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    しばらくいい天気が続きそうです。オーレン小屋はGo To トラベルキャンペーンの対象施設になりました
    20年08月14日(金)
    高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    宿泊は完全予約制、テント場は先着順で営業中。シャクナゲ尾根(稲子湯~ニュウ)に崩落や倒木箇所あり
    20年07月31日(金)
  • 赤岳鉱泉~八ヶ岳・赤岳
    赤岳鉱泉
    8月1日(土)から8月31日(月)まで、赤岳鉱泉の宿泊営業と軽食営業を期間限定で再開します
    20年07月28日(火)
    黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    テント場は現時点では予約不要ですが、他のお客様の就寝時間への配慮など利用マナーにご協力をお願いします
    20年07月22日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ピーちゃん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2020年8月14日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート公開中
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート公開中 荷物が重くても肩の痛みがない! 満開のミヤマキリシマと山飯を満喫したマロたんのレポートです
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...