登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
テント泊で平ヶ岳へ 平ヶ岳(関東)
img

記録したユーザー

カボス大使 さん
  • 日程

    2018年7月14日(土)~2018年7月15日(日)

  • パーティ

    2人 (カボス大使 さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:巣鴨5:33(JR山手線)上野5:46/6:14(上越新幹線とき301号)浦佐7:36/8:20(レンタカー)奥只見ダム9:20/10:00(レンタカー)平ヶ岳登山口11:20

  • 天候

    初日:晴れ、夜風強し 2日目:晴れ 
    [2018年07月14日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
登山口(11:35)・・・下台倉山(14:20)[休憩10分]・・・台倉清水(15:30)[休憩10分]・・・白沢清水(16:45)[休憩10分]・・・池ノ岳・姫ノ池(18:30)[テント設置15分]・・・水場(19:00)[水汲み10分]・・・姫ノ池(19:30)

【2日目】
姫ノ池(6:30)・・・玉子石(7:00)[休憩15分]・・・平ヶ岳(8:05)[休憩20分]・・・姫ノ池(9:00)[テント撤収25分]・・・白沢清水(10:40)[休憩5分]・・・台倉清水(11:30)[休憩5分]・・・下台倉山(13:00)[休憩15分]・・・下台倉沢の水場(15:25)[休憩15分]・・・登山口(15:50)







総距離 約22.0km 累積標高差 上り:約1,858m
下り:約1,858m
平ヶ岳は、十数年前、頂上手前(池ノ岳)まで登りながら強い雨風のせいでやむなく引き返した悔しい山。この3連休は晴天続きで何の問題もなく登れるはずだったが。。。計画の甘さも祟り最近経験のない過酷な山旅になってしまった。。。

今回は久し振りに友人と2人の山旅。3連休初日とあって始発の上越新幹線はほぼ満席状態。浦佐駅で友人と合流し、駅前のコンビニで食料を買出しし、レンタカーで登山口へ向かう。ここで失敗だったのは、途中、観光がてら奥只見湖に寄ってしまったこと。この約1時間のタイムロスが最後まで祟ることになる。登山口は11:30とかなり遅めの出発。炎天下の中、いきなり下台倉山までの急峻な岩尾根をよじ登る破目となり、大汗をかき、コースタイムを大幅に超過して何とか下台倉山にたどり着く。この時点で14:30、池ノ岳の幕場までまだコースタイムは4時間超あり、水もかなり消費し少なめになっていたのでさすがに焦る。台倉山は三角点のみで標柱なし。頂上から降りてきた年配の方から「まだ先は長いぞ」と言われ、友人と改めて気合を入れ直す。台倉清水、白沢清水では水を補給できず落胆するが、日が陰り涼しくなって歩きやすくなる。池ノ岳への急坂を何とか登り切り、灌木帯を進むといきなり夕映えの姫ノ池が目前に広がる。静寂で荘厳な景色に大感動し、池のほとりのデッキに早速テントを張る。とても疲れていたので水汲みだけ行って夕飯を食べて早々に就寝。
夜は一晩中風が強く、翌日の天気を気にしながら眠る。

2日目は明け方には風も収まり、テントに不要な荷物を置いて6:30には出発。まず玉子石へ向かう。雲上の楽園さながらの場所を木道で散策するので非常に気分が良い。玉子石から平ヶ岳へ向かう分岐地点にも若干の幕場スペースがあり、この日は2組張っていた。平ヶ岳への登りは大したもことなくあっさり到着。ただ、予想外だったのは、まだ8:00という早朝の時間帯なのに登山客が大勢登ってきていたこと。我々以外に山中泊の方はあまりいないはずなのに。。休憩時に彼らの話を聞いていたら、どうやら林道から3時間程度で平ヶ岳山頂に至るルートがあり、それを登ってきたとの由、ようやく納得することができた。
姫ノ池に戻りテントを撤収して9:30に下山開始。ここからがしんどかった。特に下台倉山からはまたも炎天下での過酷な下りで、水不足でよれよれとなり、登山口に下り着いたのは結局16時前になってしまった。

登山中の画像
登山画像
平ヶ岳登山口。駐車場は既に満杯、辛うじて路肩…
登山画像
下台倉山頂上。ここまで急峻かつ炎天下の登りが…
登山画像
登山道脇にある白沢清水。確かに湧いているよう…
登山画像
日没前の姫ノ池から平ヶ岳。静寂で息を飲む美し…
登山画像
同じく、夕刻の平が岳
登山画像
夕照の燧ケ岳
登山画像
早朝の姫ノ池にて。池のほとりのデッキに張って…
登山画像
玉子石へ向かう。
登山画像
平ヶ岳方面
登山画像
玉子石にて
登山画像
玉子石からの戻り道、燧ケ岳がよく見える。
登山画像
平ヶ岳山頂
登山画像
平ヶ岳山頂から少し奥に進んだ、「行き止まり」…
登山画像
平ヶ岳からの下り道にて
登山画像
燧ケ岳や日光連山の眺め。右奥の高い山は白根山。
登山画像
平ヶ岳から下山途中の分岐地点。右は姫ノ池、左…
登山画像
姫ノ池から平ヶ岳方面
登山画像
池ノ岳からの眺め。右奥が平ヶ岳。
登山画像
同じく池ノ岳からの眺望。かなり高度感がある。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テント、シュラフ、シュラフカバー、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

カボス大使さんの登山記録についてコメントする

カボス大使 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年1月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?