登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
双六岳~西鎌尾根 双六岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

ムラチャン さん
  • 日程

    2018年7月14日(土)~2018年7月15日(日)

  • 利用した登山口

    新穂高温泉駅  

  • パーティ

    2人 (ムラチャン さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:名古屋方面での出張終了後、そのまま名古屋で時間を潰し夜行バスで新穂高温泉に移動。そこで横浜からマイカー移動、車中泊の友人と落ち合う。
    AM5:00、登山開始。

  • 天候

    初日:晴天、二日目:晴天
    [2018年07月14日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
新穂高温泉駅(05:00)・・・新穂高温泉(05:05)・・・笠新道登山口(05:50)・・・わさび平小屋(06:05)[休憩 5分]・・・小池新道登山口(06:25)・・・秩父沢出合(07:20)[休憩 5分]・・・シシウドが原(08:10)・・・鏡平山荘(09:00)[休憩 10分]・・・弓折乗越(10:10)[休憩 5分]・・・双六小屋(11:10)[休憩 110分]・・・双六岳(14:00)[休憩 10分]・・・双六小屋(14:40)

【2日目】
双六小屋(04:40)・・・硫黄乗越(06:05)[休憩 5分]・・・千丈沢乗越(08:25)[休憩 5分]・・・千丈沢乗越分岐(08:55)・・・槍平小屋(10:20)[休憩 20分]・・・滝谷出合(11:10)・・・奥穂高岳登山口(12:20)[休憩 5分]・・・穂高平小屋(13:10)・・・新穂高温泉駅(13:45)

総距離 約32.4km 累積標高差 上り:約2,918m
下り:約2,918m
コースタイム 標準:18時間5分
自己:15時間45分
コースタイム倍率 0.87
梅雨が明け、終始好天に恵まれた2日間でした。
新穂高を出発し、小池新道にてまずは双六小屋をめざす。
鏡平でドーンと姿を現した槍ヶ岳に感動。
池に写る絶景に疲れが吹き飛んだ、かと思ったのも束の間、弓折乗越までの登りでかなりグロッキーに。
それでもコースタイム以下で双六小屋に到着。テント設営後、双六岳を往復した。
残念ながら双六頂上はガスっていて眺望には恵まれなかった。
双六小屋に帰った後、予定にはなかった樅沢岳に登ることにした。
夕日に映えるきれいな槍ヶ岳を見ることができた。
翌朝、朝日を拝みながら5時前に出発。西鎌尾根を通って槍ケ岳近くの千丈乗越まで行き、新穂高に降りる計画(槍の登頂は次回!)。
常に槍を見ながら歩く西鎌尾根は今回の楽しみのひとつだが、おかげで好天に恵まれ、槍が雲に隠れることはなかった。
徐々に近づく槍の迫力に圧倒されつつ、絶景に心躍らせながら尾根歩きを堪能することができた。
鎖場がいくつかあり、ガレているところもあった。多少の高度感を感じる箇所はあったが、危険な箇所はなかったように思う。
千丈乗越からすぐの下りはガレている箇所があり気を付けて降りる必要あり。千丈分岐点からは歩きやすい。ただ、新穂高までの道のりは非常に長く感じた。
反省点は、紫外線へのケア。真夏の3,000m級の紫外線を甘く見ていた。
一緒に行った友人のUVカットクリームを借りて異なきを得たが、それがなかったら大変なことになっていた。次回から気をつけよう。

登山中の画像
登山画像
登山開始!
登山画像
笠新道分かれ道(笠新道を登る選択肢もあったが…
登山画像
わさび平小屋
登山画像
槍が見える。雲ひとつない晴天!
登山画像
小池新道を登る
登山画像
鏡平に到着見事な鏡!
登山画像
一緒に行った大学時代の友人と(私がこの世界に…
登山画像
槍が綺麗に見える
登山画像
壮大な山並み
登山画像
振り返ると鏡平小屋
登山画像
またまた槍。いくらでも写真を撮りたくなる景色…
登山画像
目指す双六小屋(今夜のキャンプ場)が見えてきた
登山画像
テント設営完了
登山画像
双六頂上と巻道の分岐
登山画像
双六岳頂上
登山画像
双六岳頂上
登山画像
双六岳頂上
登山画像
夕日
登山画像
夕刻、樅沢岳に登る
登山画像
夕日に染まる槍ケ岳(樅沢岳から)
登山画像
夕日
登山画像
双六小屋に戻る
登山画像
二日目、5時前。朝日の中、西鎌尾根を進む。
登山画像
朝日に照らされる笠ケ岳
登山画像
遠くに槍ケ岳
登山画像
硫黄尾根
登山画像
硫黄乗越
登山画像
穂先だけ見える
登山画像
徐々に槍が近づいてくる
登山画像
槍、登りたい。
登山画像
千丈乗越今回はここから下る
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、スニーカー・サンダル、ザック、サブザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、カップ、コッヘル
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ムラチャンさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 双六小屋~双六岳
    双六小屋
    双六小屋、黒部五郎小舎、鏡平山荘、わさび平小屋は、7月15日から営業開始予定
    20年05月19日(火)
    燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    燕山荘グループ(燕山荘・有明荘・大天荘・ヒュッテ大槍・合戦小屋)の営業休止期間を7月14日まで延長
    20年05月08日(金)
  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    槍ヶ岳山荘、槍沢ロッヂ、岳沢小屋は7/14まで休業(テント自粛を)。救助体制も通常ではありません
    20年05月07日(木)
    穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    7/14まで宿泊+テント+売店+昼食(飲食営業)などすべての営業休止。テント設営、トイレも利用不可
    20年05月06日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ムラチャン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2020年6月2日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
保温力・保冷力を活かし「サーモス」で山ごはん!
保温力・保冷力を活かし「サーモス」で山ごはん! 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」。多くの方からレシピのアイディアを投稿いただきました!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?