登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
裏銀座と雲の平 烏帽子岳 野口五郎岳 水晶岳 鷲羽岳 双六岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

チームおたち さん
  • 日程

    2018年7月13日(金)~2018年7月16日(月)

  • 利用した登山口

    高瀬ダム   新穂高温泉  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:七倉山荘駐車場までマイカー放置。途中、大町駅でタクシー相乗りができるが立ち寄るも時間からか誰もおらず七倉へ。

  • 天候

    初日:晴れ時々曇り、 2日目:晴れ、3日目:晴れ、4日目:晴れ
    [2018年07月13日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
七倉山荘(06:30)・・・高瀬ダム(06:40)・・・ブナ立尾根登山口(07:00)・・・三角点(09:30)・・・烏帽子小屋(11:55)[休憩 60分]・・・山頂分岐(13:05)・・・烏帽子岳(13:20)[休憩 15分]・・・山頂分岐(13:50)・・・烏帽子小屋(14:05)

【2日目】
烏帽子小屋(05:00)・・・三ッ岳北峰(06:15)・・・野口五郎小屋(08:00)[休憩 20分]・・・竹村新道分岐(09:40)[休憩 15分]・・・東沢乗越(10:30)・・・水晶小屋(11:05)・・・水晶岳(黒岳)(11:45)[休憩 15分]・・・ワリモ北分岐(13:30)・・・岩苔乗越(13:40)・・・祖父岳(14:20)[休憩 20分]・・・祖父岳分岐(15:13)・・・雲ノ平キャンプ場分岐(15:40)[休憩 11分]・・・雲ノ平(16:03)・・・雲ノ平キャンプ場分岐(16:23)

【3日目】
雲ノ平キャンプ場分岐(05:30)・・・祖父岳分岐(06:00)・・・祖父岳(06:40)[休憩 10分]・・・岩苔乗越(07:50)・・・ワリモ北分岐(07:55)・・・岩苔乗越(08:05)・・・ワリモ北分岐(08:10)・・・鷲羽岳(09:20)[休憩 15分]・・・三俣山荘(10:05)[休憩 16分]・・・双六小屋(12:50)

【4日目】
双六小屋(05:20)・・・弓折乗越(06:15)・・・鏡平山荘(06:45)[休憩 10分]・・・シシウドが原・・・秩父沢出合[休憩 15分]・・・小池新道登山口・・・わさび平小屋(09:15)・・・笠新道登山口・・・新穂高温泉(10:05)

総距離 約50.0km 累積標高差 上り:約4,675m
下り:約4,648m
コースタイム 標準:31時間43分
自己:27時間21分
コースタイム倍率 0.86
定番の人気コース裏銀座。いままで戸惑っていたのは、3泊のロングトレイルであることやマイカーの回収に不安があった為だ。今年、例年より梅雨明けが早く天気とカレンダーがうまく重なった。逃す手はない。
コース選択に当たり、日程は3泊4日であるとこから①東鎌尾根から槍ヶ岳②雲ノ平を加え双六小屋から新穂高と悩んだ。まぁ、どちらにしても満足度は高いがしいて言えば上高地が混みそうなのが△。
【1日目】
七倉ゲート関門の6:30。タクシー乗り場には5~6人が列を成す。私は3人シェアで乗車。高瀬ダムまで10分ほど、700円/人。6kmとのことなので歩けば1時間半くらいか。
さて、ダムから集団となって急登を上り始める。気付けば後ろにはお姉さん一人、最後にはぬかれたがこのお姉さん、のちにも何度か遭遇し会話することに。
この急登はなんでも3大急登の一つで長い、一人で掛声(小声)をかけながら自分を鼓舞する。掛け声は「な〇っち〇〇」「冷たいビールと温泉」。大汗を掻きながらも4時間強で小屋に党略。早速、テント設営&昼酒のち烏帽子登頂へ。
烏帽子へはテン場で知り合った人と同行(お姉さんでない)するも二人とも昼酒で息が荒い。やっと着いたと思ったら背後に本物が。そうだった、ニセ烏帽子そんな字句をみた覚えが。
【2日目】
快晴だ。朝一から長い登りだ。掛け声がすっかり口癖となった。
野口五郎岳は燕岳からは何度も見たが、自身の足では初めてだ。色が白くてコマクサが咲くがほかに草や木の色はない。やはり3000mに届こうかという頂上からのパノラマは水晶や遠くに槍、裏銀座の真骨頂た。来てよかった(この先前出のお姉さんに抜かれた)。
遠かった水晶小屋が近くなったが高い。ここは崩落が進み色が赤く異様だ。もう少し・・・
水晶からのパノラマも第1級で、槍はもちろん眼下に雲ノ平や大きな薬師。
水晶へは昨日の飲み仲間?と一緒に頂へ。この辺の飛騨側はお花畑が広がり雲上の楽園たる所以だ。
【3日目】
雲ノ平から再び稜線へ。
天気は引き続き快晴たが、テンションは下降気味。
爆弾をかかえた膝と足の裏のマメ、ペースを落とし省エネ歩行となる。
それにしても絶景だ。この時期は残雪がありコントラストが鮮やか。
鷲羽を超え三俣山荘、どこまでも絶景だ。眼前に三俣蓮華が大きくせまるがkここで相談(足と)し巻き道ルートにそれる。この巻き道は残雪も多く、何カ所か雪渓をトラバースするが踏み抜きそうな箇所多い。この残雪、帽子の中やアームカバーにいれるとヒャッコく気持ちいい。
双六山頂もパスし小屋に直行、テント設営、次は昼食だ。以前、ここでアルバイトしていた人から「カレー曜日」と聞いていたが、なかなかどうして1,000円也。チューハイ2本@450と持参のウイスキーでまったり、それにしても良い天気だ。
【4日目】
きょうも快晴。
月面のような頂に未練があるが、帰路も気になるし下山することに。鏡池を過ぎれば、眺望もなくひたすら下る(途中、沢で帰路用に洗濯)、つめたいビールと温泉だ、な〇っち〇〇♪
残念ながら日帰り温泉は、連休なのに臨時休業。飛騨牛コロッケとビール&カレーだ。
新穂高から松本までバス、大糸線で信濃大町、タクシーと七倉駐車場到着16時近くになった。今度はどこにしようか?










登山中の画像
登山画像
七倉山荘のゲート、6:30オープン。明日から5:3…
登山画像
高瀬ダム。黒四に次ぐ規模だとか。日々流れ込む…
登山画像
烏帽子の小屋。トイレもきれいだ。
登山画像
烏帽子、騙された。
登山画像
烏帽子のテン場。小屋からちょっと歩く。
登山画像
野口五郎岳付近より槍ヶ岳方面。
登山画像
鷲羽の雄姿。
登山画像
鷲羽より槍ヶ岳方面。
登山画像
水晶付近の稜線、飛騨側は花畑。
登山画像
雲ノ平と黒部五郎岳。
登山画像
水晶小屋と野口五郎岳の稜線。小屋のトイレは超…
登山画像
雲ノ平と薬師岳。
登山画像
鷲羽より三俣・双六方面。
登山画像
双六のテン場。
登山画像
相変わらず繁盛の双六小屋
登山画像
鏡池、小屋にはかき氷が人気。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、着替え、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、行動食、テント、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

チームおたちさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

チームおたち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年4月2日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。