登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
西丹沢 神ノ川ヒュッテ 檜洞丸~蛭ヶ岳~姫次(関東)
img

記録したユーザー

ずん さん
  • 日程

    2018年7月22日(日)

  • 利用した登山口

    日蔭沢橋(神ノ川)  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:どうし道から水根交差点を曲がり県道76号線を車止めまで進みます。駐車スペースは6~7台ほど、あとは路駐か神ノ川ヒュッテに300円で停められるようです。

  • 天候

    基本晴れ、頂上はガス
    [2018年07月22日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

日蔭沢橋(神ノ川)(06:30)・・・矢駄尾根分岐(08:45)・・・檜洞丸(09:20)[休憩 15分]・・・金山谷乗越(10:05)・・・臼ヶ岳(10:50)・・・蛭ヶ岳(12:00)[休憩 40分]・・・地蔵平(13:20)・・・姫次(13:50)・・・袖平山(14:10)・・・風巻ノ頭(15:10)・・・日蔭沢橋(神ノ川)(16:20)

総距離 約16.2km 累積標高差 上り:約2,388m
下り:約2,388m
コースタイム 標準:11時間
自己:8時間55分
コースタイム倍率 0.81
東京の西側住みとしては丹沢を北側からアクセスしたいところ。
ヤビツ峠は宮ヶ瀬からは崖崩れの通行止めが続いており復旧のメドは無し。さてどうしたもんかなと地図上をウロウロしていたら、神ノ川ヒュッテから蛭ヶ岳を経由しての周回ルートが組みあがったので歩いてみました。

気温24℃スタート、山頂はガスって23℃ほどだったかな。
水分はペットボトル3本1.5ℓ、檜洞丸までで1ℓ消化。途中の水場で補給できるかと思ってましたが見当たらず、蛭ヶ岳山荘でペット1本追加500円也。
スマホは蛭ヶ岳で微弱に通信可。檜洞丸側、神ノ川ヒュッテ含めおおむね圏外。

感想としては、今までで一番ツラかった。呆れるくらいの激坂と急降下。
いくつの尾根を跨いだか、そのたびに登り返しては下る。危険な場所はありませんが体力を根こそぎ持ってかれます。最後は1mmも山足は残ってなかったですね。足は前に出るけど体が上がらない、這うように階段上ってました。アスファルトの車道に出たときは歩く歩道を行くような快適さ。
展望もこれといって無く、まったくおススメできないこのルート。
ほとんど独り歩きで、すれ違う人も数えるほど…いつものことか。

それでもおススメできるのは蛭ヶ岳山荘で食べたカレー。
カップ麺やらおにぎり持参で飯はあったんですが、山頂はガスってて展望無しなのでネタとして食べてみました。
お世辞抜きに旨かったー。
カップ麺が500円で、あのカレーが800円ってボランティア価格?
時を経るほどあの熱々で出してくれるポークカレーが、辛く苦しかった全てをいい思い出に変えてしまうから山は不思議です。ラッキョも福神漬けもうまかった。

登山中の画像
登山画像
ゲート手前に路駐やら橋の手前に駐車スペースあ…
登山画像
ロッジ風のトイレ。水洗です。
登山画像
ゲート脇を抜けて進むと手書きの登山口。
登山画像
無理やりな感じで山に入っていきます。
登山画像
急坂
登山画像
階段といっきに登っていき、汗びっしょり。
登山画像
尾根まで上がると少し涼しく感じます。
登山画像
天気はまずまず
登山画像
イガイガした葉っぱが登山道にはみ出す。痛いん…
登山画像
ほかにも丹沢とかあります。それ以外にもあるの…
登山画像
なかなかにお花畑
登山画像
お花畑を見ながら檜洞丸頂上。ちょっとガス気味
登山画像
ベンチなどあって休憩に好適場
登山画像
注意書き。蛭ヶ岳にもありましたがこのコースの…
登山画像
青ヶ岳山荘。20人以上の団体さんとすれ違ったの…
登山画像
トイレも綺麗です
登山画像
せっかく登ってきたのに惜しげもなく急降下して…
登山画像
ハシゴやらを登り返します
登山画像
登ったら通行止め?行かなきゃ進まないので無視…
登山画像
問題なく登山道が続きます
登山画像
登って
登山画像
登りまくる
登山画像
臼ヶ岳なのかな?
登山画像
ひときわデカイ山だなーって、最高峰ってことは…
登山画像
こんな尾根をいくつ越えたことか
登山画像
クサリ場があったり
登山画像
登ってきた山を振り返りつつ
登山画像
登山道が見えない
登山画像
蛭ヶ岳山頂はガスガスの天然クーラー。ベンチに…
登山画像
ルーの下にもご飯大盛り。全力を出し切った時に…
登山画像
姫次ルートは植生保護の木道が整備されています。
登山画像
姫次ベンチまでの登り返しがきつい
登山画像
あそこから下ってきたのね
登山画像
そしてここからさらに下り
登山画像
袖平山から風巻ノ頭まで高低差400m。絶叫マシン…
登山画像
風巻ノ頭からも300mの勾配が待ってます。
登山画像
やっと下山。
登山画像
登山口まで数十段の階段を這って登る。しんどか…
登山画像
神ノ川ヒュッテ。予約が無ければ無人のようです…
登山画像
日帰りの駐車スペース
この山行での装備
長袖シャツ、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、タオル、帽子、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、ストーブ、燃料、ライター、コッヘル
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ずんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ずん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年8月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック
トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック 画期的な新商品が、すべての登山者に快眠を約束してくれる。ニーモの革新的シュラフと高機能マットを紹介。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...