登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
七ツ森(ショート)~森と湖を眺めながら靴ならし~ 七ツ森(東北)
img

記録したユーザー

miusan さん
  • 日程

    2018年7月24日(火)

  • 登山口へのアクセス

    その他
    その他:レンタカー

  • 天候

    晴れ、弱風 30℃

この登山記録の行程

信楽寺跡(8:10)・・・松倉山(8:55)・・【写真撮るなどして道草】・・撫倉山(10:10)【休憩・昼食30分】・・天狗の相撲取り場(11:10)・・【休憩10分】・・大倉山(11:35)・・蜂倉山(12:20)【休憩20分】・・南川ダム車道(13:25)・・信楽寺跡(14:35)

学生時代から7年ぶり、ようやく装備を揃えて念願の初山行。
「仙台市内からほど近い山で靴慣らしを」と思いつつ、多少欲張りの気持ちが芽生え、低山ながら登り応えがあると評判の七ツ森を攻めることに。

この日は全国的にも非常に気温が高く、七ツ森の麓でも30℃を超える厳しい暑さ。登り口の信楽寺跡からはしばらく両脇に木の枝が迫る狭い道だった。
松倉山への看板が現れると、唐突に急登が始まる。
七ツ森に稜線なんて言葉はほぼ無いに等しい。山と山を繋げて歩くというより、独立峰の集合体(矛盾)!

この日大変だったのは、飛んでくる虫とクモの巣。
クモの巣は枝で巻き取りながら進むとして、体に寄って来る蚊や虻はどうにもならない。

1座目で既に汗が噴き出してるんですけど・・・。この時期の登山記録がほとんど見つからい理由がなんとなく分かった気がする。


ふと、視界が明るくなる。
尾根に乗ったようだ。

国土地理院の地形図より若干道が沢寄りに付いているのか、松倉山の山頂へはいったん左に折れる形で辿り着いた。
ここらへんを境に蚊が減り、かわりに蝉と大きな蛙が増えてくる(あと蛇も・・・)。時折蝉が体当たりを仕掛けてくるのだけど、山の虫ってなんかこう、どんくさいというか、抜けてる所あるよね。

山の奥へ進むと少し平地よりも空気が涼しくなり、ここから歩きやすくなった。
撫倉山の登りは比較的やさしく感じたが、下りはかなりスリリングな歩きになった。靴慣らしにしてはかなり本格的になってしまったなぁ・・・。

途中写真を撮ったり昼食をとったりして道草を食っていたため、ペースはかなりゆっくりめ。
参考にしたタイムからはこの時点で30~40分押し。撫倉山を最低ラインとして後の工程は体力に応じて判断すると考えていたので、ここからは大倉山・蜂倉山を超えて下山することに。


大倉山以降、急激に疲労がきた。
大倉山は標高差・蜂倉山は岩登りがそれぞれしんどく、ここで限界がきた。

学生時代は部活の顧問の先生がいて、いろいろ決めてくれてたよなあ。今は自分の監督役は自分しかいないもんなぁ・・・。
まだ山歩きは始まったばかり。名残惜しいが、撤退!

山歩きは休むこととペースを守ること、両者のバランスが難しい。今回は途中立ち止まりすぎたせいでペースが乱れたように感じる。あとは行動食をもう少しこまめに取った方がよいかも。

歩き方の感覚が戻るにはまだまだ時間が掛かりそうだ・・・。

登山中の画像
  • モカモアコーヒーさん向かいの駐車場から出発。
  • 熊よけ(くま)
  • 基本的に森の中も明るいですが、数か所杉の葉が密集していて昼間も暗いです。ヘッドランプは念のため持っていた方が安心でしょう。
  • 撫倉山の登りにて。ロープはあまり頼らずに! ※ただし、下りでは所々ロープがないと厳しく感じる場所がありました。
  • 風が心地よい。
  • ダム湖方面
  • 鎌倉山・蜂倉山・遂倉山
  • 山でエメ●ルドマウンテンを飲むっていうのをやりたかっただけ
  • 撫倉山の下りにて 斜度がきつくなる付近は馬の背
  • ちゃんと回り込む道が用意されていますが・・・
  • 回り道は回り道で足元注意です。右側は崖!
  • 大倉山への分岐。
  • 蜂倉山の下りから、遂倉山。 「うわー変な山!」と声に出して言いたくなる形。
  • 蜂倉山は登りも下りもスリリング! 後半に差し掛かって集中力が切れていたら要注意です。
  • 鎌倉山への分岐前、渡渉地点は左側に道あり。今回はピンクテープがあるものの、いつもあるかは不明なので、道迷い注意です。
  • 車道歩き、長いけど爽快!
  • 帰りは車で寄り道。
  • 夏らしい一日でした!
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、ストーブ、燃料、ライター
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

miusanさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

miusan さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2021年1月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...