登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
(花の苗場山)を台風通過前に 苗場山(上信越)
img

記録したユーザー

スーさん さん
  • 日程

    2018年7月28日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:朝4時に家を出て17号を走る、
    フジロックの事は知らなかったけど、下道で行かなくてよかった
    国道17号と関越道で(月夜野⇄湯沢)
    湯沢より神楽スキー場方面に行って、トンネルを越してバス停の先より祓川登山口へ入る林道で駐車場まで。
    台風の影響で駐車場はガラガラ

  • 天候

    ☁+小雨+風 のち ☀

この登山記録の行程

【車移動】
           自宅        3:55
  5:45   祓川登山口駐車場
【山歩き】
         祓川登山口駐車場   6:00
 6:24     和田小屋登山口
 7:05      下ノ芝      7:14
 7:39      中ノ芝      7:50
 7:59      上ノ芝
 8:05     小松原分岐
 8:17      神楽峰
 8:28      雷清水      8:30
 9:14      苗場山      9:22
10:03      雷清水     10:15
10:33      神楽峰
10:44     小松原分岐
10:50      上ノ芝     11:00
11:07      中ノ芝
11:26      下の芝     11:30 
12:05      和田小屋    12:16
12:30    祓川登山口駐車場
【車移動】
         祓川登山口駐車場  12:45
13:20     湯沢温泉外湯   14:05
          岩の湯 
       入浴料金   500円
    登山口からの距離  19.1km
      〃   時間       35分 
15:55      自宅


総距離 約14.1km 累積標高差 上り:約1,239m
下り:約1,241m
 天気予報を信じて台風通過前の苗場山へ、駐車場出だしは予報通りですが、徐々に悪天候の兆しが出てきます、スライドした登山者は、強風の為「中ノ芝」あたりより引き返して来た方ばかり、途中撤退も視野に入れて歩きました。
 駐車場は車少ない、ガラガラでしたね、台風接近で出だしがないのですね、その半面「フジロック」大盛況のようです、観光バス迄駆り出されてピストン輸送中のバスが何台も前に後ろに走っていましたよ

【山歩き】 
 駐車場より舗装道歩きで和田小屋登山口まで地味に疲れます(風があり涼しいけども)登山口で準備をしていた中高年登山グループと片言言葉を交わしてゲレンデ内に入っていきます、登山者カウンターを過ぎると樹林帯の無風状態で暑い、途中で学生観察隊御一行を抜いて、黙々と熱帯樹林を登っていきます小雨も落ちてきてしまう、
 
 下ノ芝でレインパンツをはいて傘で移動(風邪は強くはないので十分)、中ノ芝で、スライドいた登山者(リタイヤ組)の情報で強風が吹き荒れているとの事で傘から上着に変更して稜線を目指します、芝の草原にはキンコウカが咲き誇りますがガスにより霞んでいます、風も収まりつつ在、上ノ芝、小松原分岐を過ぎて稜線に、心配していた風は強くなく登山を続行。
稜線歩きもガスがなければルンルン気分ですが展望は無し花も少ないしそれでも神楽峰手前にニッコウキスゲが有終の美で咲いていたくれました。

 神楽峰より下りとなりお花畑目指してまずは雷清水を目標に下り休息(冷たい水を備え付けのコップで立て続け飲み干す)、お花畑は風が強く、花撮影は絶望的だけども撮影開始(ミヤマシャジンの紫、カワラナデシコの赤、ウスユキソウとシシウドの白)色とりどりの花が登山路わきに風に大きく揺れながら咲いています、展望はないけど足元の花を見ながら山頂台地目指して、途中シモツケ街道やオミナエシ街道も出てきて花は絶好調、最後の急登はだいぶ体に効いてきて、展望がないから今度こそはと思っては心をくじかれます(岩場の急登がまだ出てきてないもんなと言い聞かせて)山頂台地に着いて心の中でヤッターを言っている俺がいました、しかし展望はほとんどなく山頂での記念写真と思ってミニ三脚を探したけどない、ちょっとがっかり、他の登山者の姿もなし(この台地に俺だけ)休む場所も無く(風が強くて休息どころではない)そのまま下山に入り雷清水まで戻って(この間に若者2人連れと登山口であった中高年グループとスライド)10時のおやつ休憩、休息中に学生観測隊の一陣と中高年グループが水場に着き一緒に休息中に展望が出始めた(日差しも戻ってきました)

 後は往路を下り、暑くなり上ノ芝でレインを脱いで下降開始、下ノ芝で小休止を入れて日差しが出てきた樹林帯が暑い中、和田小屋が見えてホッとする、サ~水場だ!一目散に和田小屋前に行く、水場でレインを洗ったり(手が冷たすぎていたくなる)体を拭いたり、冷たい水を飲んだりして(お土産に焼酎の割り材の水を確保)から駐車場まで舗装林道を下り終了。

登山中の画像
  • 駐車場から和田小屋までは舗装林道で登ります 途中、ヤナギランの群生が見えたので寄り道
  • ヤマハハコと隣にオカトラノオの群生も林道脇に 後はヒヨドリが至る所に咲いていました
  • 和田小屋登山口より
  • ゲレンデより樹林帯に入るとサンカヨウの実が目に入ったのでカメラに収めます、 ここまで登山者は登山口入口で1グループと、学生の観察隊の10名以上のグループと会っただけ。
  • 無風状態の樹林帯から下ノ芝に着き、 キンコウカの黄色が目立ちます 小雨が降ってきたので、ここのベンチでレインのズボンをはいて、傘を差して登りだします。
  • 下ノ芝を出発前に、 目の前に咲いていたイワイチョウを、 しかし数は少なかった。
  • 中ノ芝に着いて、チングルマの穂 強風だったらスライドした皆さんと同じに撤退も考えていた場所ですが、普通の風でした
  • 傘からレインの上着に変えて歩きだしますが、 支度をしている前にこの時期珍しい生き残りのウラジヨウラクがあったのでパシャリとね
  • 以外と風は強くないですね、このまま続行 上ノ芝に咲いているキンコウカの群生 ガスでハッキリと捕らえられませんが
  • 白い花もいっぱい出てきてはいますが シラネニンジン 風で大きくなびくので難しいです
  • 稜線は、思ったほど風は強くありません、雨はやんでいます 股こすりの岩場を 下山時には、学生観察隊が苦労して降りてきていました(しばしの通過休息)
  • 神楽峰近くになると キスゲが最後の雄姿を見せていてくれました
  • ニッコウキスゲのアップ
  • 雄蕊、雌しべもしっかり観察できますね
  • ただ大きい花は 風をまともに受けて落ち着きがなく ジッと辛抱してパシャリ 今日は妻のモデルがいないので、景色はガスでNG 残るは花しかないです?。
  • オニアザミも登山路脇に沢山 まだ小さな芽も沢山 この先が神楽峰です
  • ホツツジも出てきましたが 背丈があるのでよく動きます
  • 雷清水手前の ちょっと開けた斜面に キンコウカの群生
  • 雷清水です 備え付けのコップでいただきます
  • 花畑の降りてくると風が一番強く感じました、 草木、花たちは休むことなく動き回っていて モデルには向きません ミヤマシャジンが見事です、その中にウスユキソウもあります
  • アップで一枚 ミヤマシャジン
  • 落ち着かない花畑の花 どうでもいいやのとにかくパシャリ
  • シモツケソウはいいアクセントに咲いています 白い花は?センキョウ?シシウド?ボウフウ?区別できませんし写真もない
  • カワラナデシコ 風雨によりちぢれ感一杯
  • トリカブトもありますが 大揺れに揺れてモデルを拒みます
  • オミナエシ街道となりきれいですが ここも大風でモデルを拒否し続けていました
  • アップも御覧の通り拒否状態
  • モデルを軽く受けてくれたのが 地面にはうように咲くコゴメグサ 可愛いの~
  • 登山路は ピンク一色の シモツケソウ街道
  • ナデシコもアップで
  • 最後の急登(ガスで先が見えなくどのピークは解かりません)を登って草原山頂台地へ・・・ヤッター(一人ガッツポーズ)
  • 草原にはワタスゲが残っています 雲の中で遠望は全く得られません
  • 少し晴れればちょっと望遠でパシャリ
  • 池塘も霞んでいます 山頂台地の広大さは本日お預けです 本日山頂台地でたった一人の登山者でした
  • 池塘とキンコウカ
  • 以前は小屋裏で汚らしい山頂も 今はスッキリ・・・展望は晴れていてもないですよ ミニ三脚を探しましたがザックに入って無く仕方なく俺の分身を入れてパシャリ
  • 山頂広場に残っているキスゲを入れて 腰を下ろして休める所探しに入ります
  • 残念ながら風が強く休息場所は無し 中央の四角いベンチは閑古鳥そのまま下山に入ります 池塘とキンコウカ
  • 雷清水まで戻ってきました、 いくらか見えだしたお花畑を見降ろす
  • 水場前のマルタケブキの黄色い花 ここで10時のおやつ休憩
  • だんだん展望が良くなってきていますが・・・ ここまでの下山で、下山時に入り口であった中高年グループと若者2人連れとのスライドだけ
  • 雷清水で休息しているとまた違う中高年グループ(1時間違いの出発)が登ってきて休みながら一緒に展望を見る 薄日が出始める
  • 登りで見たキンコウカの群生地をもう一度パシャリ
  • その根元には モウセンゴケが獲物を待って大きく開いています 花の茎も立っていましたがNGでした
  • 上ノ芝に到着、 日差しが出てきて暑くなってきているのでレインを脱ぎます その間にスライドした若者2人連れが降りてきました
  • 上ノ芝で出会ったイワイチョウをパシャリ
  • 中ノ芝は素通りしますが 下界は晴れだしています 又、フジロックの音も風に乗って聞こえ出していますよ
  • 中ノ芝の草原にキンコウカが群生しています ここからが暑い暑い下りが始まりました
  • ゲレンデより 和田小屋と越後三山を見ます すっかり青空にそして気温上昇中
  • 和田小屋の水場です、これを目当ての下山でした。 身体を拭いたりレインを洗ったりしながら冷たい水を自宅での割材使用お土産に汲んでました
  • 和田小屋を後に 越後三山を正面に見ながら林道を下る 当初計画の飯士山が綺麗
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、ナイフ、ホイッスル、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、トレッキングポール、マット(個人用)
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

スーさんさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

スーさん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2021年2月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】
断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】 高橋庄太郎さんのギア連載。断熱性が高く暖かい「ネオエアー Xサーモマックス」を雪のテント泊でテスト。その使い心地は?
NEW 雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート
雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート みなさんは雪山に行きますか? 雪崩に遭遇したことはありますか? 雪山登山経験者の方、アンケートにご協力をお願いします。
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
新連載「イマコレ」。今月のアイテムは?
新連載「イマコレ」。今月のアイテムは? 『山と溪谷』編集部員が「今これが気になっている」というちょっとニッチなアイテムをピックアックし、注目のポイントにクローズ...
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。