登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
大山夏山登山道1泊2日 大山(中国・四国)
img

記録したユーザー

CMLみらい さん
  • 日程

    2018年7月27日(金)~2018年7月28日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:今回も自家用車でのアクセス。米子自動車道の溝口インターを出て、あとは標識に向かって夏山登山口の目の前にある下山キャンプ場(駐車場がある)を目指すのみ。駐車場は無料だが、台数に限りがあるため、キャンプ客、登山客が多い場合などは別の駐車場へ移動する必要がある。

  • 天候

    登山日:曇りのち晴れ、下山日:曇り
    [2018年07月27日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
夏山登山道入口(11:00)・・・行者谷分れ(12:30)[休憩 15分]・・・六合目(13:00)[休憩 60分]・・・頂上避難小屋(15:30)

【2日目】
頂上避難小屋(09:00)・・・六合目(10:15)[休憩 60分]・・・行者谷分れ(11:24)[休憩 10分]・・・夏山登山道入口(12:49)

総距離 約5.7km 累積標高差 上り:約936m
下り:約936m
コースタイム 標準:3時間56分
自己:5時間54分
コースタイム倍率 1.50
今回で3回目となる大山夏山登山道を利用した大山登山。ちょっと運動不足などもあり予定していたよりコースタイムがオーバーしてしまった。次回、機会があれば若干余裕を持ったコースタイムでスケジュールを組みたいと思う。
今回は平日(金曜日)の登山、ということもあり、登山客も、山小屋利用客もまだらだった。
基本的にコースは登りばかりで、いわゆる起伏があるわけではないのだが、最初は比較的緩やかな傾斜から始まり、特に七合目~八合目付近は、非常に険しくなりかなり体力を消耗する。また、この辺りは石がゴロゴロしているので、落石にも注意する必要があるだろう。ちょうど森林限界もこのあたりになると思われる。
登っている途中では、五合目にある「山の神」のところが比較的広いスペースがあるので(座るところはないが)、ちょっとした休憩ができる。また、六合目避難小屋のところは、ベンチも設置されており、多くの登山客がここで休憩をとる。
体力的にも結構負担がかかっている頃だと思うので、できるならこの場所でしっかり休むようにしたい。
この六合目避難小屋のある場所は、景色もよく、また、避難小屋の裏には携帯トイレブースなども最近設置されたため、ちょっと用を足したい、という状況の方には大助かりになるだろう。
休憩後、難関となる七~八合目をクリアし、九合目あたりまで来ると、途中から木道が整備されている。これは自然を守るため、登山者が植物を踏んだりすることがないように、と設けられたものらしいが、整った道になるのはありがたい。ただし、体の疲れは最高潮に達している頃なので、正直、個の木道もかなりきついと思われる。
先の方には目的地の頂上避難小屋や、実質上の頂上なども見えてくるが、何とか足を進めるので精いっぱいという感じである。でもここまでくればあとは到着まで時間の問題なので、もうひと頑張りしたいところである。
無事に頂上避難小屋(山小屋)に到着し、まずは荷物を置いて、自分の場所を確保し(早い者勝ちなので…山小屋には一応2Fもあり、こちらは結構な人数収容できる様子…でも大体50人くらいが限度か)、カメラとドローンを持って、実質上の頂上まで徒歩で向かう。ここまでは山小屋から目と鼻の先程度なので、そんなに苦ではないだろう。
なお、山小屋には簡易売店(カレーやカップラーメンといった軽食、ペットボトル飲料…しっかり冷えている、ビールや記念のバッジ、Tシャツなどを取り扱っている)もあるので、まぁさすがにお値段はそれなりにするが、必要に応じて利用されるといいと思う。
ちなみに消灯は20時(これは間違いなく)、朝は売店のオープンは大体5時ごろだったかと記憶している。
今回の登山の目的は、登頂はもちろんだが、足を踏み入れることができない、本来の頂上である剣ヶ峰をドローンで実際に撮影してみたい、ということだったので、機材にDJI社のMAVIC PROを使用し、目視とモニターの映像を頼りに剣ヶ峰まで飛行させ、限界と思われるところで無事撮影に成功した。
今回は山小屋泊の人は1Fも2Fも数パーティー程度だったので、割とのびのびとくつろいで休むことができた。
翌日は、朝日を期待して待機していたが、残念ながら雲に覆われて、朝日を見ることができなかった。
朝日はあきらめて、しばらくの間、頂上付近で時間をつぶし、休み休み下山。予定より1時間程度早めに下山開始した。
この日はちょうど台風も近づいていたせいか、時々雲行きがあやしくなったり、風が強くなったりしたが、何とか無事だった。ただ、下山時、足に負荷をかけすぎたせいか、下山後、まともに立っているのが難しい状態になってしまったので(その日はずっとその状態が続いていた)、くれぐれも無理をされないよう、注意されたい。
下山時も六合目避難小屋や五合目の山の神さまのところでは、比較的長い時間滞在した。
下山時は大体コースタイム通りいったので、当初の予定より約1時間早く下山できた。
今回の登山では、ちょっと経験したことのない足の異変があったので、休みは十分にとることや、今回でもまだかなり無理をしているだろうことを感じ、一つの反省点となった。

登山中の画像
登山画像
11:40過ぎ、夏山登山道へ入山開始。今回はコース…
登山画像
13:24ごろ…五合目到着。
登山画像
ちょうど五合目には、登山の安全を願うため、山…
登山画像
13:55ごろ、六合目到着。
登山画像
六合目避難小屋。中は狭く、一人か二人泊まれる…
登山画像
六合目避難小屋の休憩中に、視界に入った景色を…
登山画像
比較的最近、六合目避難小屋・頂上避難小屋に、…
登山画像
14:45ごろ。七合目到着。この七合目と八合目の間…
登山画像
15:54ごろ…やっと頂上避難小屋(目的地の山小屋)…
登山画像
災害の関係で、本来の頂上である剣ヶ峰まではい…
登山画像
標高1729mに位置する、実際の大山の頂上である剣…
登山画像
こちらは、弥山と呼ばれる、現在の実質上の頂上…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器、シュラフ、マット(個人用)、ストーブ、カップ、コッヘル
【その他】 携帯電話
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

CMLみらいさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 休暇村 奥大山~大山
    休暇村 奥大山
    夏山登山道支障なし。登山道各所で夏の花が咲き揃いました。ユートピア方面は推奨しません
    20年08月01日(土)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

CMLみらい さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年8月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました