登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
日光白根山&シロヨメナ咲く奥日光 日光白根山(関東)
img

記録したユーザー

やぎやぎ さん
  • 日程

    2014年9月14日(日)

  • パーティ

    2人 (やぎやぎ さん 、だんな さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:東北道・日光宇都宮道路経由・清滝IC【国道120号】…中禅寺湖・竜頭の滝・湯滝・菅沼…
    日光白根山・丸沼高原スキー場駐車場(無料)…ロープウエイ利用にて山頂駅へ
    ロープウエイ往復料金:大人2000円・こども1000円・ファミリーパック大人2名+小学生1名4200円…etc

  • 天候

    晴れ時々曇り、寒暖差が激しくなってきた…
    [2014年09月14日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

山頂駅(9:00)~ロックガーデン(5分)~登山口入口[鳥居](9:10)…二荒山神社(9:15)…
大日如来(9:30)…七色平分岐⑤(9:35)…森林限界(10:35)…白根山山頂(11:00)昼食休憩30分…
弥陀ヶ池(12:30)…御座山分岐(12:45)…七色平(13:05)…避難小屋(13:10)…七色平分⑤(13:12)…大日如来(13:15)…登山口(13:40)…山頂駅(13:45)

シロヨメナが観たくて…奥日光を訪ねました。すると・・日光いろは坂の道路脇に発見、なんと日光全域で咲いているポピュラーな花のようでした。フジバカマの紫もたくさん咲いていました。一先ず、戦場ヶ原入口の竜頭の滝に駐車(7:00)。周辺を散策(20分)しました。気温もだいぶ下がっているようでフリースを羽織って丁度良い程でした。
戦場ヶ原の先、湯滝周辺の樹林下には笹に混生するようにシロヨメナが白い絨毯を広げ、大々群生していて見事。
あやうく通過してしまいそうなところ駐停車してもらって写真に収めました。だいぶ寄り道をしたせいか…丸沼高原駐車場に着くと第1駐車場は満車。第2駐車場に停めました。サマースキー・ボード目的の方も多く来てました。
山麓駅では昼間の月と太陽の黒点を見せてくれてました。太陽を望遠鏡で見るのは初めてで、黒点は磁力の強さによるものだと教えてくれました。月の表面にはクレーターが綺麗に見えました。ロープウエイからはキャンプサイトにテントがたくさん張られているのがみえました。(周辺の木々は紅葉がはじまり)
山頂駅を降りるとロックガーデン。6月中旬ならばシラネアオイが観られます。すっかり秋の花に衣替えしたようで、シラネアザミやシラネニンジン・エゾリンドウ・トリカブト・ヨツバヒヨドリ・アキノキリンソウ・フジバカマ・オミナエシ・ハンゴンソウなどがみられました。
登山口の結界のような門(鹿の侵入防止)をくぐると二荒山神社があり、安全登山祈願をして歩きだします。ここから不動岩の手前(標識③)までは比較的平らになっていてシラビソの森林浴を楽しみつつ山頂駅へ戻る自然散策路コースがあります。(標識④)を越えるとだんだん登りが多くなり、大日如来を過ぎて七色平分岐(標識⑤)を境に白根山登山ルートへと分かれていきます。林の下にはカニコウモリの白い花(終盤)やイワカガミ(6月)が大群生していました。三連休の中日とあり人出も多く渋滞もしましたが、急登がつづく場所でも息が上がらずに楽に登ることができました。視界が開け森林限界を超えると、景色は火山らしい荒々しさを感じさせ、ザレた急登は足をとられて歩きにくかったです。山頂へ続く人の列をとらえた時は「富士山かよっ」と呟く声が聴こえました。山頂手前の祠へ着き、山頂方面を見ると写真撮影待ちの列が渋滞していて近づくのはちょっと無理そうな気配。昼食を先に済ませることにしました。関東以北最高峰であり360度の展望が望めますが、撮影は諦め左巻きに山頂付近を通過して、弥陀ヶ池へ下りました。山頂直下は崖のような岩場の下りなので、全身を使って慎重に足を運びました。暫く行くとエメラルドグリーンの菅沼が眼下に見える広場があり、ここで休憩とればよかったなと思わせました。飛び込むように下る道はガレ場とザレが続き手ごわいです。足をとられて転ぶ人が多かったので充分注意が必要です。シャクナゲの群落が多くありました夏(July)が楽しみです。
弥陀ヶ池・御座山・七色平分岐から弥陀ヶ池(透明な綺麗な池でした)へピストンし七色平へ向かいます。御座山経由する人が多いらしく急に淋しくなりました。森林の下、階段を下りきると七色平への分岐(標識⑥)に出て、七色平ではヤマハハコやエゾリンドウが電気柵に守られて咲いていました。避難小屋を過ぎ、大日如来へ来ると自然散策する人が多く登って来ていました。
二荒山神社へ戻ると気温が上がったように感じました。ロックガーデン・天空の足湯へあがる階段わきには、(初)キレンゲショウマが咲きかけていました。
帰路、関越・沼田へ向かって直ぐに事故で通行止めになり下道も大渋滞。結局、赤城ICから帰りました。
急な下りはじわじわと脚にダメージを与えたようで、膝に違和感を感じました。

登山中の画像
登山画像
竜頭の滝…紅葉の時期は近寄れないだろうな・・・
登山画像
シロヨメナ
登山画像
湯滝周辺・・シロヨメナの大群生
登山画像
ロープウエイ…テントの花
登山画像
日光白根山
登山画像
ハクサンフウロ
登山画像
トリカブト
登山画像
ゴゼンタチバナの赤い実
登山画像
結界のような門…登山口
登山画像
カニコウモリ
登山画像
大日如来
登山画像
森林の隙間から展望が…
登山画像
ハンゴンソウとヤマハハコ
登山画像
森林限界手前
登山画像
山頂へつづく人の列・ザレた砂礫を登る
登山画像
遮る物がなくなると風がでてきた…
登山画像
山頂手前の祠…昼食休憩
登山画像
山頂は写真撮影待ちの列が…
登山画像
標識だけ一応ね
登山画像
山頂からすぐ岩場の急な下り
登山画像
紅葉の始まり?!
登山画像
エメラルドグリーンの菅沼
登山画像
コケモモの実
登山画像
弥陀ヶ池とシラネアオイの群生地(黄緑)
登山画像
飛び込んで行くような印象の岩場の下り
登山画像
シャクナゲの大群生地・・多分ハクサンシャクナ…
登山画像
弥陀ヶ池分岐
登山画像
弥陀ヶ池
登山画像
イワカガミとシャクナゲ
登山画像
七色平分岐への下り…カニコウモリの群生が目立つ
登山画像
熊の爪とぎ跡?!…ひぇ〜ぃ
登山画像
分岐標識⑥
登山画像
七色平
登山画像
エゾリンドウ
登山画像
ヤマハハコ
登山画像
避難小屋
登山画像
七色平分岐・標識⑤
登山画像
キノコの山
登山画像
エイゴリアンに出てきそうなキノコ
登山画像
標識③
登山画像
二荒山神社
登山画像
シラネアザミ
登山画像
ヨツバヒヨドリとヤマハハコ
登山画像
キレンゲショウマ…初めて観ました
登山画像
天空の湯・展望台…浅間山~草津白根~武尊岳~燧岳
登山画像
ヨツバヒヨドリ
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ツエルト、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、行動食、マット(個人用)、カップ
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

やぎやぎさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

やぎやぎ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!