登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
日本第二の高峰 南アルプスの盟主 北岳一泊二日 北岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

japan007 さん

この登山記録の行程

【1日目】
広河原(06:50)・・・大樺沢二俣(08:10)[休憩 20分]・・・八本歯のコル(12:25)[休憩 10分]・・・北岳山荘(15:00)

【2日目】
北岳山荘(07:20)・・・北岳(08:50)[休憩 75分]・・・北岳肩ノ小屋(10:30)[休憩 20分]・・・小太郎尾根分岐(11:00)[休憩 20分]・・・大樺沢二俣(12:20)[休憩 20分]・・・広河原(14:15)

総距離 約13.0km 累積標高差 上り:約2,091m
下り:約2,091m
コースタイム 標準:11時間46分
自己:12時間20分
コースタイム倍率 1.05
【ルートについて】
①八本歯のコル上部が大雨の影響で荒れているという記事を直前に見て不安でしたが、荒れていると思った箇所はありませんでした。
②行くまでは八本歯のコルが一番の難所と思っていましたが、実はトラバース道の一部箇所が私には一番?怖楽しかったです。
③降りの右俣は、とんでもない急登で、昭和大学医療部のパーティー(失礼。仕事ですもんね。)に着いて降ったら脚を使い果たし、その後広河原まで悲鳴を上げながらの下山になりました。

【山の感想】
①1年越しの計画での山行になりましたが、好天に恵まれて、楽しい山行になりました。
②広河原から目標の山頂が見えて、また振り返ればいつも広河原の場所が把握できて、全体のペースがつかみやすいと感じました。
③登りは写真ばかり撮っていて時間が掛かりましたが、かえって小休止をたくさん取ったのと同じ事になったのか、登りで辛いと感じたのは釣尾根分岐直下の急登だけでした。
④私は、八本歯の前後と、トラバース道が楽しかったです。

【山小屋・駐車場の感想】
①金土で行きました。北岳山荘は3人で布団2枚で、隣の人も地元山梨の3人組で良い人たちでしたので気楽でした。しかし、とんでもなく暑くて消灯から数時間は眠れなかったです。自分が暑くて眠れなそうと隣同士で話していたら、向かいの7人くらいの会社のパーティーの中にはっきりした性格の若いお姉さんが居て、暑いですよね~と話しかけてくれ、有言実行で窓を開けて寝てくれたので、暑さと臭さから少しでも救われたと思ってます。ありがとう、若いお姉さん。
②下山中の方とお話をしたところ、木曜日は一人に布団一枚で、しかも布団がたくさん余っていたそうです。
③木曜日の芦安の駐車場は4時30分に第一駐車場が空いていました。着替えようとした瞬間、登山靴忘れに気が付いて自宅に戻ってしまいましたが・・・今回の唯一の反省点です。

登山中の画像
登山画像
お決まりの、広河原の吊り橋。北岳にはここから…
登山画像
北岳は、八本歯の取り付きより下部はずっと南ア…
登山画像
鉄の橋は2回渡ります。
登山画像
ミヤマシシウドのお花畑から、北岳バットレスを…
登山画像
大樺沢の第2ガレ場にある雪渓。8月に、それも…
登山画像
八本歯のコルへの登り。ほぼ直角な場所もあり。…
登山画像
八本歯のコルに到着!
登山画像
ここから上が本当に楽しかった。絶対こっちのコ…
登山画像
八本歯のコル少し上部の尾根に、タカネビランジ…
登山画像
タカネビランジのアップ。
登山画像
トラバース道に行く予定が釣尾根分岐についてし…
登山画像
夕暮れ
登山画像
夕暮れ
登山画像
黎明の変な雲。UFO?
登山画像
日の出
登山画像
トラバース道の梯子の上に咲いていた・・・何と…
登山画像
到着!
登山画像
昨年登った仙丈ケ岳をバックに、北岳山頂看板。
登山画像
山頂の全容
登山画像
山頂から北岳方の小屋経由、小太郎尾根分岐に降…
登山画像
地蔵岳のオベリスクは、小太郎分岐あたりkらが…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、カメラ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、シュラフカバー、マット(個人用)
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

japan007さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 南御室小屋 ~鳳凰三山
    南御室小屋
    朝の気温は6.6℃まで下がりました。稜線ではまだホウオウシャジンが満開ですが、草紅葉も始まりつつあります
    19年09月13日(金)
    白根御池小屋~北岳
    白根御池小屋
    北岳も少しずつ秋色に。防寒着を忘れずにお越しください
    19年09月12日(木)
  • 甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    台風15号の影響はありません。黒戸尾根に支障なし。昨日は夕立あり早めの出発を
    19年09月11日(水)
    南アルプス市 北岳山荘~北岳
    南アルプス市 北岳山荘
    最低気温が8度を下回る日が多くなりました。稜線ではウラシマツツジの紅葉が始まっています
    19年09月09日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

japan007 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年9月19日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて大町市に移住した2つの家族。移住の経緯や大町暮らしの魅力を聞いた。移住体験会では参加者を募集中!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!