登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
南八ヶ岳縦走 編笠山・権現岳・赤岳・横岳・硫黄岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

とんぷう さん

この登山記録の行程

【1日目】
観音平(04:50)・・・雲海(05:30)[休憩 21分]・・・押手川(06:19)[休憩 17分]・・・編笠山(07:47)[休憩 16分]・・・青年小屋(08:25)[休憩 36分]・・・権現岳(10:22)[休憩 51分]・・・キレット小屋(12:31)[休憩 40分]・・・赤岳(15:17)

【2日目】
赤岳(04:31)・・・赤岳天望荘(04:51)・・・横岳(05:54)[休憩 20分]・・・大ダルミ(06:40)・・・硫黄岳(07:00)[休憩 18分]・・・赤岩ノ頭(07:28)・・・赤岳鉱泉(08:15)[休憩 25分]・・・堰堤広場(09:19)・・・美濃戸(09:46)・・・美濃戸口(10:28)

総距離 約20.3km 累積標高差 上り:約2,399m
下り:約2,477m
コースタイム 標準:15時間25分
自己:12時間20分
コースタイム倍率 0.80
●八ヶ岳行きの登山バスは1台きりだった。花期がすでに終わっているからでしょうか?
●薄明を待ってから出発、途中から太陽が顔を出した。編み笠の登りはキツイが早朝意外に涼しい。
●今回は久しぶりに編笠山にも登ってみようか…と、寝不足の頭で考えてしまったのが、後になってキツさを増す要因になってしまった。
●編み笠からは行く手の権現・赤・横はよく見えたが、アルプスの眺望は得られなかった。
●水量豊富で冷たくおいしい乙女の水で3ℓ汲み、つごう4.5ℓになり、荷物は重くなる(キレット小屋・赤岳頂上山荘とも雨水なので、赤岳鉱泉に下るまでの水が必要)(暑いのと時短でストーブ・コッヘル不装備とした)(小屋でペットボトルの水を買えば済むのですが…)
●朝以来行動食もとっていなかったので、権現分岐に着くころにはシャリバテ寸前、疲れすぎたのかおにぎりがなかなか入っていかない**カンカン照りだったがゆっくり休む。ここから頂上山荘に携帯電話が通じない。
●権現岳頂上の山名プレートが折れボロボロになっていつもより少し下に落ちていた。
●登るうち雲が湧いてきたが、なぜか暑さにめっぽう弱い私の歩くところだけしっかり暑い陽射しがついて回る**
●人出は少なめだが、キレット越えになるともっと人がいなくなり、キレット小屋に着くまで誰も見かけなかった。
●先日の台風の影響か?旭岳周辺の岩のホールドやスタンスに小石が乗っていたり、浮石も多かった。
●キレット小屋直前の登山道は相変わらずワイルド
●赤岳の登りに入ると前に人がいた。追いつくとラクが降ってくるのを途中で前に出していただいたものの、梯子を見落とし道間違えしたり、新教寺尾根分岐を過ぎひと登りで頂上に出るところで座って休んでしまった。(その休止はキレット小屋の休止に加算して計上)
●頂上山荘は布団1枚ずつ、大部屋満杯。眺望は近くの山が見え隠れだったが、夕日、ブロッケン見えた。夜半より朝まで霧に覆われ、星・眺望ともなし。この小屋はなぜか珍しくいつもぐっすり眠れる!
●早朝濃霧、南峰から北峰見えず。ゆっくり下り始めるが、6月ごろと違い全くザレていない。それはこの先のどの登山道でも同じだった。
●横岳・硫黄岳も段々晴れてきたものの、眺望は近くのみ。赤岳は厚い雲に隠れたまま姿を見せてくれなかった。ブロッケンは見えた。
●硫黄岳山荘付近のお花畑は、コマクサが枯れかけてウラジロタデと共演していた。
●赤岳鉱泉には意外に人出があった。ここの水も冷たい。荷物の中の食料をお腹に詰め込む。ここから先は登りの対向者と多く出会う。
●美濃戸から先、ショートカットしようと思い、わき道に入ったら下れず、結局入ったところよりも戻ったところに出てしまった**
●八ヶ岳山荘で入浴させていただき、さっぱりとして帰ることができた。(通常¥500・行きあるぺん号利用だと割引券いただけるので¥300となる)
●花は夏から秋に変わりつつあった。赤岳南の岩場と横岳岩場には多くはないがきれいに咲いている場所があった。

登山中の画像
登山画像
観音平
登山画像
雲海
登山画像
押手川
登山画像
編笠山
登山画像
編笠山より権現の向こうに阿弥陀・中・赤岳
登山画像
乙女の水
登山画像
のろし場
登山画像
権現岳頂上山名プレートが壊れて落ちてしまって…
登山画像
イブキジャコウソウ
登山画像
チシマギキョウ
登山画像
ミネウスユクソウ
登山画像
権現分岐より来し方を望む
登山画像
源治ハシゴ
登山画像
ツルネ???
登山画像
赤岳
登山画像
キレット小屋
登山画像
ミヤマダイモンジソウ
登山画像
イワオウギ
登山画像
赤岳
登山画像
赤岳南峰より夕日
登山画像
赤岳南峰より北峰
登山画像
霧の中からやっと朝日が顔を出した
登山画像
タカネナデシコ
登山画像
イブキジャコウソウ
登山画像
日の岳ツクモグサやオヤマノエンドウはもう跡形…
登山画像
トウヤクリンドウ
登山画像
横岳奥院
登山画像
ブロッケン
登山画像
イワヒバリ
登山画像
シロバナも枯れかかっていた
登山画像
夜露に濡れて
登山画像
ウラジロタデ
登山画像
硫黄岳
登山画像
硫黄岳より
登山画像
赤岳鉱泉
登山画像
ミヤマトリカブト
登山画像
堰堤先のこの橋を渡ると林道が始まる
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

とんぷうさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 硫黄岳山荘~硫黄岳・横岳
    硫黄岳山荘
    降雪はやみましたが、お昼には10cmの積雪になりました。冬期入りし 登山口から登山道にかけて滑りやすくなっています
    18年12月14日(金)
    赤岳鉱泉~八ヶ岳・赤岳
    赤岳鉱泉
    稜線はへルメット&軽アイゼンやチェーンスパイクの携行を。冬に近い登山装備が必要。車は赤岳山荘までOK。
    18年11月21日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

とんぷう さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年12月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは?
軽登山靴に合う登山用靴下の選び方とは? 「山の道具研究者所 アウトドアソックス編」をリニューアル! 今回は登山スタイルに合わせた靴下の選び方を特集します。第一弾...
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す
細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。北海道・十勝岳で、凝った作りの寝袋、ニーモの「ラムジー15」をチェック!
NEW 年末年始は山小屋で過ごしませんか?
年末年始は山小屋で過ごしませんか? 冬季・年末年始の山小屋営業情報をピックアップ! 年末年始を年越しで過ごしたい登山者のみなさま、ぜひご活用ください!
NEW 年末年始の山小屋は・・・? 体験ルポ掲載中!
年末年始の山小屋は・・・? 体験ルポ掲載中! ライターの小野泰子さんが山小屋の年越しイベントを初体験! 年末年始の赤岳鉱泉と行者小屋の模様をレポートしました。
NEW 富士登山についてのアンケート
富士登山についてのアンケート 富士登山についてアンケートのお願いです。抽選で富士山グッズをプレゼント! 富士山未経験の方もぜひご参加ください。
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ―― 紅葉シーズンは残り僅か。秋を堪能した人は、その美しい山の情景を紅葉写真コンテストにご応募ください!
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!