登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
赤岳(美濃戸~赤岳) 八ヶ岳(赤岳)(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

栗ノ木山脈 さん
  • 日程

    2018年8月6日(月)

  • 利用した登山口

    美濃戸  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:美濃戸の赤岳山荘の駐車場を利用。1日1000円で、早朝出発時の場合は支払を促す付箋を運転席窓ガラスに貼ってくれますので下山後の支払いOK。林道は6月に整備したらしいが、うちのシエンタでは3ヶ所ほど車底部を擦りました。

  • 天候

    晴れ
    [2018年08月06日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

美濃戸(05:07)・・・行者小屋(08:12)[休憩 13分]・・・赤岳(10:32)[休憩 53分]・・・行者小屋(12:50)[休憩 27分]・・・美濃戸(15:30)

総距離 約10.4km 累積標高差 上り:約1,234m
下り:約1,234m
コースタイム 標準:7時間20分
自己:8時間50分
コースタイム倍率 1.20
初めての赤岳でした。山頂からの360度の景色は最高で、先々週登った北アルプスの奥穂高岳も見え感動しました。途中から一緒に行動した赤岳リベンジに燃える群馬の山ガールさんと楽しくおしゃべりしながらの下山だったので美濃戸までのダラダラしたところもあまり苦になりませんでした。
台風13号が来なければ、阿弥陀岳~赤岳~横岳~硫黄岳と一泊で縦走したかったので残念でしたが、帰りの高速では前線の影響で豪雨と落雷に見舞われましたので日帰りにして正解でした。
ただ、美濃戸口~美濃戸の林道は、上りが斜度がキツイところがありFFなどの前輪駆動のトラクションコントロールが標準装備されている車だとシステムが働いてしまいいくらアクセルを踏んでも出力がタイヤに伝達されなくて登れなくなってしまいましたのでOFFにして通過しました。やはり車高の高めで四駆の車の方が良いと痛感しました。

登山中の画像
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール
【その他】 スマホ(山と高原地図アプリ)、スマホ用予備電池、アマチュア無線機(430Mhz)
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

栗ノ木山脈さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

栗ノ木山脈 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

雨のち曇
(日本気象協会提供:2018年12月10日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す
細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。北海道・十勝岳で、凝った作りの寝袋、ニーモの「ラムジー15」をチェック!
NEW 年末年始は山小屋で過ごしませんか?
年末年始は山小屋で過ごしませんか? 冬季・年末年始の山小屋営業情報をピックアップ! 年末年始を年越しで過ごしたい登山者のみなさま、ぜひご活用ください!
NEW 2017年の年越しを山小屋で過ごしました
2017年の年越しを山小屋で過ごしました ライターの小野泰子さんが山小屋の年越しイベントを初体験! 年末年始の赤岳鉱泉と行者小屋の模様をレポートしました。
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ―― 紅葉シーズンは残り僅か。秋を堪能した人は、その美しい山の情景を紅葉写真コンテストにご応募ください!
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!
雪山の学び場、八ヶ岳へ
雪山の学び場、八ヶ岳へ バラエティに富んだコース、アルペンムード漂う山々、そして営業小屋。雪山を学ぶなら八ヶ岳がオススメだ。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?