登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
2018 新穂高温泉~槍ヶ岳~大キレット~北穂高 大キレット(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

tarky さん
  • 日程

    2018年8月14日(火)~2018年8月16日(木)

  • 利用した登山口

    新穂高温泉駅   上高地バスターミナル  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:新穂高ロープウェイst近くの無料駐車場がいっぱいのため、第2ロープウェイ駅近くの鍋平駐車場に車を置いて登山道へ向かう。登山道の入り口まで大体30分位遊歩道(といっても中々ハードな道でした)を歩いて登山道へ。

  • 天候

    初日:晴れ時々曇り 12:30より雨             2日目:晴れ 13:00より雨時折強く降る  3日目:嵐のような雨のち普通の雨 
    [2018年08月14日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
新穂高温泉駅(05:40)・・・穂高平小屋(06:30)[休憩 10分]・・・奥穂高岳登山口(07:17)・・・滝谷出合(08:36)[休憩 10分]・・・槍平小屋(09:50)[休憩 15分]・・・千丈沢乗越分岐(12:30)[休憩 15分]・・・槍ヶ岳山荘(15:00)

【2日目】
槍ヶ岳山荘(04:00)・・・槍ヶ岳(04:25)[休憩 45分]・・・槍ヶ岳山荘(05:30)[休憩 60分]・・・中岳(07:40)・・・天狗原稜線分岐(08:30)・・・南岳小屋(08:55)[休憩 15分]・・・A沢のコル(10:52)[休憩 15分]・・・北穂高岳(12:15)[休憩 10分]・・・涸沢のコル(13:10)[休憩 10分]・・・涸沢岳(14:35)[休憩 5分]・・・穂高岳山荘(15:00)

【3日目】
穂高岳山荘(05:35)・・・ザイテングラート取付・・・涸沢(07:00)[休憩 5分]・・・本谷橋(08:22)・・・横尾(09:10)[休憩 5分]・・・徳沢(10:02)[休憩 5分]・・・明神(10:35)・・・明神池(10:40)[休憩 10分]・・・河童橋(11:50)[休憩 10分]・・・上高地バスターミナル(12:05)

総距離 約38.2km 累積標高差 上り:約3,706m
下り:約3,310m
コースタイム 標準:25時間35分
自己:22時間45分
コースタイム倍率 0.89
1日目:本当は5時には新穂高温泉駅の登山口から出発したかったが、近い駐車場に空きがなく、鍋平高原駅近くに車を置くことになり、登山口に5:40にたどり着く。
 しばらくはアスファルトの道路を歩き足が慣れてきたころから登山らしい道の状態に変わっていく。この日は非常に暑く、完全にバテてしまいペースが思うように上がらない。何回か渡河(登山道から少し登ったところの、渡りやすいポイントを教えてくださった方、ありがとうございました)をし、槍平小屋へ。ヘバッていたので予定より少し長めに休みをとって再出発。そこからは、遅めがらも安定してある歩けるようになってきた。
 13:00をすぎたころから頭が少しボーっとしてきた。考えてみれば1100mから2900mの上まで一気に登ろうというんだから、軽い高山病になってもおかしくはないかと納得。そこからは300歩歩くごとに深呼吸をしながら登る。
12:30過ぎ、雨が降ってきて慌てて雨具を用意。黙々と歩く。
15:00無事槍ヶ岳山荘に到着。宿泊の受付(翌日のお弁当の注文も)、着替え、濡れものを乾燥室で乾かす。乾燥室が広いうえに2弾になっているので干す場所探しをせずに済み助かる。携帯の充電をするタップが少なく、困った。こんな山の上なのに、水の補給は無料。加えて自販機があり、冷えたビールが飲める。(飲まなかったけど)
2日目:明るくなる直前に起きだして槍ヶ岳へ。気温4℃、昨日の格好にⅯパーカーで登り、日の出を見届ける。その後山荘に戻り、携帯の充電をしながら荷物の整理。1時間後に出発(後から思えばこのノンビリがマズかった)順調に大喰岳、中岳、南岳(南岳の山頂で山荘の弁当を食べたが、中華おこわは本当においしくて、感激)と進み、大キレットに入る。高度感がすごく、飲まれそうになりながらも楽しんで進む。
 A沢のコルを過ぎたあたりで曇ってきて、北穂山荘についたころには、霧で景色が全く見えない状態になる。
12:25朝の天気予報では3時頃から雨と出ていたのでそのまま出発。
 が、13:30頃より無情の雨。濡れた岩,鎖、杭すべてがとにかく滑る。14:25ヒヤヒヤしながらどうにか涸沢岳に到着。少し降りたところで雷鳥に出会う。この際だからと写真を撮りつつ休む(もうこれ以上濡れるところがないってくらいのズブ濡れだったので気にならない)。そのまま下りのガレ場を慎重に下りて穂高岳山荘に到着。ここはご飯とおかずがおいしかった。ただ、乾燥室が狭い。
3日目:ほかのみなさんと情報交換をしていたら、白出沢は増水していて渡れないだろうと判断(実際、もっとおとなしい降り方だったのに渡れなかった経験をした人の談)。ジャンダルム、白出沢方面はあきらめて、一度上高地におりて、バスで新穂高温泉を目指すことに。嵐の中、滑るガレ場を慎重に下りていき、一昨年お世話になった涸沢山荘につく。一息ついてそのまま下っていくが雨は強くなったり弱くなったりでやむ様子がない。休憩なしで横尾まで付くとだいぶおさまってきていたので休憩をとる。その後、徳澤、明神と来て時計を見るとまだ10:30過ぎだったので、少し遠回りになるが、行ったことのない梓川の右岸を通ることに(木道が滑る。中国人がいっぱい)。無事バスターミナルに到着も、直で新穂高温泉に行くバスはないとの事。一度平湯温泉に行き(1160円)、そこで乗り換えていく(860円)という。上高地と平湯温泉でそれぞれ40分と45分待ってようやく新穂高温泉に到着。そのままロープウェイで一駅(400円+荷券100円)。下りるとまた大雨。気にもせず駐車場まで10分ほど歩き帰宅。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

tarkyさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

tarky さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年4月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。