登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
夏の金峰山・北奥千丈岳・国師ヶ岳 大弛峠から往復 金峰山 北奥千丈岳 国師ヶ岳(関東)
img

記録したユーザー

ムラチャン さん
  • 日程

    2018年8月17日(金)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:大弛峠峠の登山者用駐車場利用。11月18日までの土日祝日には塩山駅北口から大弛峠までバスの便あり。問い合わせは栄和交通、電話0553-26-2344

  • 天候

    快晴、朝のうち霧
    [2018年08月17日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

大弛峠駐車場(06:55) ・・・朝日峠(07:15)・・・朝日岳(07:50)[休憩 15分]・・・賽ノ河原(08:50) [休憩 10分]・・・金峰山(09:15)[休憩 35分]・・・賽ノ河原(10:05)・・・朝日岳(10:55) [休憩 5分]・・・朝日峠(11:25)・・・大弛峠(11:55)[休憩 10分]・・・夢の庭園(12:15)・・・前国師(12:45)・・・三繋平分岐(12:50)・・・北奥千丈岳(12:55)[休憩 15分] ・・・三繋平分岐(13:15)・・・国師ヶ岳(13:20) [休憩 30分]・・・大弛峠(14:25)


総距離 約11.1km 累積標高差 上り:約894m
下り:約893m
 さわやかな青空のもと大弛峠に車を止め、金峰山と北奥千丈岳、国師ヶ岳を往復。富士山をはじめ八ヶ岳や南アルプス、奥秩父方面の雄大な大展望を楽しんだ。
 早朝の甲府盆地は晴れていたが、大弛峠の駐車場に着いたときは雲の中、車の温度計は7度を指していた。長袖シャツの上に雨具を着込んで出発、金峰山に向かった。北の風が強く寒い。朝日峠に向かう登山道は古い木製の階段部分が通行止めとなっていて南側に新ルートがつけられていた。朝日峠と朝日岳前の好展望地である露岩も雲の中、真っ白で何も見えなかったが朝日岳で雲が切れはじめ、雲の間にやっと富士の姿を望むことができた。
 朝日岳を出発すると次第に雲が切れはじめ青空がのぞいてきた。稜線の賽ノ河原に着いた時には快晴。眼下の瑞牆山の向こうに八ヶ岳連峰が見事な雄姿を見せてくれた。北の浅間山方面から東にかけては雲がかかっていたが、富士の姿もくっきりとしたシルエットを見せ、南アルプスから中央アルプス、そして御嶽山もその山頂をのぞかせてくれた。
 金峰山頂の登山者は早朝のせいか20名ほど。風を避けて五丈岩の南に出て、富士と南アルプスを眺めながら休憩した。金峰山のシンボル五丈岩であるが、先日のNHKの番組で「五丈石」と呼んでいた。昭文社の「山と高原地図」では「五丈岩」と表記されている。長年五丈岩で親しんできたが、念のため深田久弥の「日本百名山」を確かめたら「五丈石」と記されていた。どちらが正しいのだろうか。
 往路を大弛峠まで戻り、北奥千丈岳と国師ヶ岳に向かった。こちらは距離も短く登山道はしっかり整備され初心者でも安心して歩けるハイキングコースである。大弛小屋の前を通り登山道に入るとすぐ立派な木道と木製の階段となる。この木道と階段は前国師の中腹まで要所要所に設置されている。大弛小屋から15分程で夢の庭園。シャクナゲが多いのでシーズンには見事な花園になることだろう。南アルプスや金峰山が美しい(残念ながら富士は北奥千丈岳に隠れている)。
 登るにつれて八ヶ岳が姿を表し、富士も見えてくる。前国師では北から東にかけての展望が開け、甲武信岳が間近に望める。奥秩父の最高峰である北奥千丈岳では西側の展望が楽しめるが、この日は風が強くとても寒かった。三繋平の分岐まで戻り国師ヶ岳へ。ここからは富士と大菩薩から奥多摩、丹沢などの山々が望める。遠くビル群が確認できたが横浜のようであった。登山者は少なかったが休んでいるうちに小学生を連れた家族連れが登ってきていっぺんに賑やかになった。

登山中の画像
  • 早朝の大弛峠駐車場。区画部分のほぼ8割が埋まっていた
  • 朝日岳手前の露岩。雲の中
  • 富士が顔を出した。朝日岳で
  • 朝日岳の下山路で雲が切れた
  • 五丈岩が見えた
  • 瑞牆山と八ヶ岳連峰。賽ノ河原から
  • 御嶽山
  • 賽ノ河原からの富士
  • 金峰山山頂からの南アルプス
  • 山頂からの富士と五丈岩
  • 富士と五丈岩
  • 五丈岩の南側。甲斐駒ヶ岳を望む
  • 朝日岳を挟んで左が甲武信岳、右が北奥千丈岳
  • 三宝山、甲武信岳、木賊山。朝日岳の露岩から
  • 大弛小屋
  • 立派な階段と木道が続く
  • 夢の庭園
  • 夢の庭園から金峰山
  • 夢の庭園から南アルプスと金峰山
  • 北奥千丈岳山頂。
  • 北奥千丈岳からの展望。金峰山と南アルプス
  • 北奥千丈岳から国師ヶ岳を望む
  • 国師ヶ岳山頂
  • 大菩薩連嶺の向こうに丹沢の山々。国師ヶ岳から
  • 大弛峠。昼頃の駐車場は満車、長野方面の林道にまであふれていた
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ムラチャンさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    いよいよシャクナゲ(石楠花)の季節到来です。富士見平小屋横のシャクナゲが咲きだしました
    19年05月24日(金)
    富士見平小屋~瑞牆山・金峰山
    富士見平小屋
    小屋前のシャクナゲは満開になりました。金峰山へはまだ残雪あり、軽アイゼンがあると良いでしょう
    19年05月24日(金)
  • 甲武信小屋~甲武信ヶ岳
    甲武信小屋
    シャクナゲ咲き始めました。今月中は軽アイゼンの用意を。小屋の予約はお早めに
    19年05月24日(金)
    瑞牆山荘 ~瑞牆山・金峰山
    瑞牆山荘
    今年は残雪多めで花も遅れ気味。金峰山は軽アイゼンの用意を。気温上昇とともに熱中症対策も
    19年05月23日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ムラチャン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月25日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...