登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
20000819-20栂海新道→白馬 親不知、栂海新道、白鳥山、犬ヶ岳、サワガニ山、黒岩山、長栂山、朝日岳、雪倉岳、白馬岳、小蓮華山、白馬乗鞍岳、天狗原(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

244 さん
  • 日程

    2000年8月19日(土)~2000年8月20日(日)

  • 利用した登山口

    自然園駅  

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:新大阪1930-サンダーバード43-2251富山2257-能登-2335泊2342=タクシー=2400親不知・栂海新道登山口
    栂池自然園1010=ロープウェイ=1016栂大門・栂の森1023=ゴンドラ=1043栂池高原1215=バス=1238白馬1250-スーパーアズサ8-1349松本1404-ワイドビューシナノ16-1620名古屋1623-ヒカリ325-1723新大阪
    栂ノ湯

  • 天候

    8/19・8/20とも晴

この登山記録の行程

【1日目】
栂海新道登山口(00:32)・・・尻高山(02:03)[休憩 2分]・・・坂田峠(02:28)[休憩 7分]・・・白鳥山(04:00)[休憩 20分]・・・菊石山(05:28)[休憩 34分]・・・栂海山荘(07:10)[休憩 23分]・・・犬ヶ岳(07:39)[休憩 3分]・・・サワガニ山(08:32)[休憩 13分]・・・黒岩山(09:35)[休憩 31分]・・・アヤメ平(11:25)[休憩 12分]・・・照葉ノ池(12:09)[休憩 8分]・・・千代ノ吹上(12:47)[休憩 11分]・・・朝日岳(13:18)[休憩 14分]・・・水平道分岐(13:57)[休憩 23分]・・・雪倉岳(16:34)[休憩 14分]・・・雪倉岳避難小屋(17:03)[休憩 9分]・・・鉱山道分岐(17:44)・・・三国境(18:14)[休憩 1分]・・・白馬岳(18:57)[休憩 7分]・・・白馬山荘(19:10)

【2日目】
白馬山荘(06:00)・・・白馬岳(06:10)[休憩 13分]・・・三国境(06:37)・・・小蓮華山(06:57)[休憩 13分]・・・白馬大池山荘(07:45)[休憩 28分]・・・天狗原(08:51)[休憩 55分]・・・自然園駅(10:05)

総距離 約44.6km 累積標高差 上り:約5,414m
下り:約3,667m
コースタイム 標準:33時間55分
自己:17時間2分
コースタイム倍率 0.50
2000/8/19-8/20
 暑い夏が続く2000年8月の第三週末、北アルプス最北端の縦走路、親不知→栂海新道→朝日岳→白馬岳→栂池のコースを1泊2日で踏破してきました。97年8月にも栂海新道1泊2日山行をやってみたのですが、この時は明るい内に朝日岳にたどり着けず、朝日岳直下でビバーク、翌日北又小屋に下山という顛末でした。
 今回は天気にもまずまず恵まれて大分遅くはなったものの、初日の内に白馬岳までたどり着くことができました\(^_^)/。

8月18日(金)、19日(土)
 大阪からスーパー雷鳥、能登を乗り継ぎ、泊駅に到着。タクシーで親不知の栂海新道の登山口に真夜中に到着(\5030)。身繕いの後、海岸線まで下りて記念写真を撮り、海水に触れてから出発、長い一日の始まりだ。
 いきなり樹林帯の急登、風は通らず夜中なのにすごく暑い。心拍数が170近くに跳ね上がり、ペースを落とす。入道山を越えると少し涼しくなった。満月過ぎの月が明るいが、樹林帯ではその恩恵は残念ながら無かった。
 車道を横切り、尻高山を越え、林道の通る坂田峠(3年前は林道は無かったと思う)を過ぎるとロープの張ってある急登。傾斜が緩むとシキ割りのテント場と水場だが、水量は少なく、パイプから流れ出てなかって水の補給は断念。
 辺りが明るくなりかける頃、白鳥山到着。2階建ての避難小屋には何人かの登山者が丁度起き出す頃だった。
 1241mP手前の鞍部付近で朝日が昇るが地平線近くは雲が多かった。菊石山を越え、黄蓮の水場で水の補給。水量は少なく、1lの水筒を満たすのにも結構時間がかかった。この辺りから昨夜栂海山荘に泊まったパーティと幾つかすれ違った。
 黄蓮山、1384mPはいつの間にか越え、急登を過ぎて樹高が低くなってきたかと思うと、栂海山荘の前に飛び出す。ここで初めて朝日岳を望めたがまだまだ遠い。黒岩平までの稜線もアップダウンが厳しい。しかし、この先は潅木の稜線で周囲が開け日差しは結構あるが涼しくなった。北又の水場は今回はパス(すれ違った人の話だと水量は少ないが黄蓮の水場より多かったとのこと)。サワガニ山を過ぎると黒岩平とアヤメ平の間くらいまで朝日小屋に泊まったと思われるパーティ幾つかとすれ違うようになった。文子の池付近が最初の湿原、心がなごむ。黒岩山頂上には男性単独行者がおり、シャッターを押してもらった。
 黒岩山から一下りでようやく黒岩平の最下部に到着。ここからは百花絢爛のお花畑がほとんどずっと続くことになる(^_^)。「黒岩平」「幕営禁止」の看板のある裸地のすぐ近くの沢で休憩、水を補給。
 アヤメ平を過ぎて更に登るといつしかあたりはガスの中。長栂山からはマツムシソウがたくさん咲いていた。照葉ノ池を過ぎしばらくで、蓮華温泉への分岐の千代ノ吹上ノコル到着。蓮華温泉から登ってきた登山者2パーティ3人が休憩していた。その内の男性二人組は今日は朝日小屋に泊まり、明日一気に親不知まで下山するとのことだった。その健脚二人組に追い立てられるかのようにして朝日岳到着。3度目の朝日岳はガスで今回も展望無し(;_;)。しかも、ブヨが多い!
 予定よりも1時間位遅いが、時間はまだ早く、体力も気力も大丈夫、天気もどうにか大崩は無さそう、ということで、白馬は無理かもしれぬがとりあえず雪倉岳避難小屋を目指すこととした。健脚二人組から水1lを分けてもらい、出発。
 一気に標高差約350mを下って木道のある水平道分岐で休憩していると、天狗山荘から来たという男性単独行者がやってきた。木道の敷かれた小桜ヶ原を順調に進む。途中女性二人組ともすれ違った。急登手前の3、4本目の沢で水を補給、水場の無い雪倉岳避難小屋での宿泊に備え合計2lの水を持つことにした。
 ツバメ岩を過ぎ、雪倉岳への約600mの登りが始まる。この頃になると疲れと眠気が出て足が重い。休憩に座るとそのままウトウトとすることが2度ほどあった。それで少しは元気が出て、ボチボチ登っていく。頂上の手前で、男性単独行者とすれ違った。やっとの事でガスの雪倉岳頂上に到着。風があまりないのでガスの中この時間でもTシャツ、ランパンであまり寒くはなかった。
 雪倉岳避難小屋までは一気にかけ下る。小屋には男女二人組が今日宿泊するようだった。入り口付近に座っているとトイレの臭いが気になる小屋だった。ここまで来ると俄然白馬まで行こうという気になってきて、しばし、休憩後出発!
 折しもガスが晴れてきて白馬頂上方面や雪倉、朝日方面が時々望めるようになり、気も晴れる。鉢ヶ岳の巻道を快調に歩き、白馬岳に向けて最後の約500mの登りを頑張る。三国境を過ぎ、馬ノ背に出るとさすがにTシャツにランパンでは風が冷たい。
 にせピークに幾つか騙され、苦闘18時間半の末、ようやく黄昏迫る無人の白馬岳頂上に到着\(^_^)/。しかし、寒いし感慨に耽る時間も無い(;_;)。記念写真を撮り、三角点に触れ、そそくさと白馬山荘に向けて下った。
 白馬山荘では、「到着が遅い」と怒られはしなかったが、夕食の時間は過ぎており、レストランで高価な焼き肉定食(\1780!)を食べることとなった。一泊朝食付きで\7150だった。

8月20日(日)
 この日は当初は唐松岳まで行ってから下山の予定だったが、筋肉痛と疲労感が強く、天気も今一、気力も湧かない、ということであっさり計画変更し、栂池に下りることとした。
 御来光はガスで見えず、のんびり朝食を食べ、6時出発。頂上もガスの中だったが、上の方には青空が時々見えていた。風は弱いのでTシャツ、ランパンでもそれ程寒くはなく、人いっぱいの白馬の頂上でガスが晴れるのを待つが、晴れそうで晴れない。
 結局ガスはなかなか晴れそうにないので下山開始。快調に駆け下る。白馬大池への下りで雲の下に出たが、稜線のガスは結局晴れなかった。
 ハイカーの多い天狗原から栂池自然園までの道をとっとと下り、ロープウェイ、ゴンドラを乗り継いで栂池高原に下りて、ゴンドラ駅の隣にある栂の湯(\600)で一風呂浴びた後、帰阪した。

 到着が遅くなって白馬山荘の方々には迷惑をかけたかもしれませんが、今回はどうにかこうにか一気に日本海から白馬岳まで踏破することができ、自分では大変満足することができました。前半は樹林帯のアップダウンの続く尾根道、後半はお花畑や湿原が広がる縦走路、変化に富んだ登山道は白馬岳までは人も少なく、静かな山を思う存分味わうことができました。翌日は疲労の色が濃く、安直に栂池に下山しましたが、まだ二日続けて頑張れる体力も気力も無かったという感じです。

場所     LAP 計画 実際
海岸 0:00 01:00 0021
登山口 0:05 01:05 0027 0032
車道の峠 1:35 02:40 0139
坂田峠 0:50 03:30 0228 0235
シキ割り 0:40 04:10 0309 0313
白鳥山 1:00 05:10 0404 0420
黄蓮の水場 1:10 06:20 0537 0611
栂海山荘 1:20 07:40 0710 0733
北又の水場 0:20 08:00 0802
黒岩平 1:30 09:30 1003 1032
「長栂山」 2:00 11:30 1209 1217
千代ノ吹上 0:30 12:00 1247 1258
朝日岳 1:00 13:00 1318 1332
雪倉岳 2:30 15:30 1634 1648
鉢ヶ岳南鞍部 1:00 16:30 1738
三国境 1:10 17:40 1814 1815
白馬岳 0:50 18:30 1857 1904
白馬山荘 0:05 18:35 1910

参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

244さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

244 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年6月19日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...