登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
180913茶臼岳・上河内岳1泊2日テン泊 茶臼岳・上河内岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

Polaris さん
  • 日程

    2018年9月13日(木)~2018年9月14日(金)

  • 利用した登山口

    沼平  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:畑薙湖沼平駐車場に駐車。駐車台数は20台ほど止めれそう。
    沼平は手前とゲートすぐ手前の2箇所止めることが可能。往路は県道27号を使い井川ダムまで進むが車線が狭く険道。夜間走行であったためカモシカ、鹿、ウサギ、オコジョ、野ネズミ、狐と多くの動物に遭遇した。復路で使った県道189号60号のほうが印象は良い。

  • 天候

    1日目:曇り、2日目:雨のち曇り雨
    [2018年09月13日(木)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
沼平(05:59)・・・畑薙大吊橋(06:32)・・・ヤレヤレ峠(07:22)・・・ウソッコ沢小屋(08:00)・・・横窪沢小屋(09:04)・・・樺段(10:29)・・・茶臼小屋(10:54)[休憩 83分]・・・横窪沢分岐点(12:28)・・・上河内岳(13:38)[休憩 3分]・・・横窪沢分岐点(14:22)・・・茶臼岳(14:35)[休憩 6分]・・・横窪沢分岐点(14:51)・・・茶臼小屋(14:57)

【2日目】
茶臼小屋(06:00)・・・樺段(06:16)・・・横窪沢小屋(06:54)[休憩 5分]・・・ウソッコ沢小屋(07:46)[休憩 8分]・・・ヤレヤレ峠(08:23)・・・畑薙大吊橋(08:57)・・・沼平(09:31)

総距離 約23.3km 累積標高差 上り:約3,076m
下り:約3,076m
コースタイム 標準:13時間35分
自己:10時間44分
コースタイム倍率 0.79
登山口から上河内岳まで標高差は1500m程度しかないが、沢への下りと上り返しが多く往復の累積標高で3000m程と標高差よりかなり高い標高を上り下りすることになる。
今回はテン泊装備のためザック重量は15kg程、犬を連れて行ったため結構な荷物となった。
ただ、水場がかなり充実しているため持ち歩くべき水量は少なくてすむ。
茶臼小屋も水はかなり豊富。テン場のほとりに小さな沢が流れていて、そこでタオルを洗ったりもできるためかなり便利。トイレも大変きれい。小屋付近はDocomoは間欠的に電波が入る程度であった。

天候は、初日は何とか雨は降らずにいたが上河内岳と茶臼岳での眺望はほぼなし。翌日は生憎の雨であった。当初翌日に茶臼岳と仁田岳辺りにでも行こうと計画していたが、雨のため断念し翌日はそのまま下山した。
気温は割と暖かく初日・翌日とも日中20度近くあったのではないかと思われる。夜はテント内で#5のダウンシュラフにて就寝したが、特に寒さを感じることはなかった。

テン場は小砂利と砂状でテントは割りと張りやすかった。
連日の曇りの影響か初日はヘリによる荷揚げがあるかもしれないとのことで、テント設営は15時以降とのことであった。天候次第では翌日早朝にヘリが来るとのことで、その場合は翌朝5時までに撤収してくれとのこと(ちょっと厳しいw)。
幸い初日の晴れ間にヘリが飛び翌朝のテント撤収は必要なくなった。

コースは、若干注意を要するトラバースはあるものの安全なコースではないかと思う。ヤレヤレ峠を過ぎると5つある吊橋は所々踏み板が痛んでいる箇所があるので少し注意が必要。
ウソッコ沢を過ぎた辺りから本格的な登りが始まり、ここから茶臼小屋まで1300m程を一気に登る事になる(しかし途中で何度か高度を下げるw)。
途中に横窪沢小屋があるが、この日は無人となっており水場の蛇口があったが水は出なかった。
横窪沢小屋を過ぎると樺段の水場(夏季枯れることあり)までないので、
その前のウソッコ沢小屋を過ぎたところにある水場で入れるのが良い。

スポーツドリンク:2.0L
食料:6食分(予備含む) 残:3食分

登山中の画像
  • 登山指導センター 入山/下山届け提出ポストあり。
  • ゲート
  • 畑薙山 かなり崩落してる。
  • 奥にこれから渡る畑薙大吊橋が見える。
  • ヤマケイのコースタイムより緩い設定となっている。
  • 水場ルート上に3つ。樺段の水場を足すと4つありかなり潤沢。
  • 畑薙大吊橋:この登山の象徴
  • うちのワンコも恐れているw 行きは抱っこしないと渡れない。
  • 結構な高度感。 走ると揺れるのでゆっくり行くのがよい。
  • 対岸に到着。
  • ヤレヤレ峠:ここまではそれほどきつくない
  • ウソッコ沢 水がきれいで魚釣りができそう。 今度挑戦したい。
  • ウソッコ沢に架かる計5つのつり橋:1つ目
  • 2つ目
  • 3つ目
  • 4つ目
  • 4つ目+ワンコ
  • ウソッコ沢小屋:井川山岳会管理しているようであった。
  • 5つ目
  • 中の段手前
  • 中の段
  • 中の段:割と良い雰囲気
  • 横窪沢小屋まであと10分
  • 横窪峠:ここから横窪沢まで結構下ります。
  • 横窪沢小屋:とてもきれいです。当日は小屋番さんはいません。
  • 横窪沢小屋:水場?蛇口ひねっても出ない。
  • 倒木ベンチ:横窪と茶臼小屋の中間地点らしい。
  • 水場:夏は枯れるらしい。この日は割りとしっかり出ていた。美味しくいただきました。
  • 樺段:ワンコも休憩。
  • 小屋まであと10分。もう少し。
  • さすがに疲れてきたみたいです。
  • 茶臼小屋:大変綺麗な山小屋です。屋根付き炊事スペースもあり設備が充実している。
  • 茶臼小屋:デッキからいい眺めです。晴れていればどれ程良い景色か。残念。
  • 上河内岳へ向かう途中の富士山。
  • 横窪沢分岐点に向かう途中のハイマツ帯
  • 聖岳:今回はワンコがいるので聖は行きません。次回是非行きたい。
  • 茶臼小屋へ向かうヘリ。松本から飛んできたとのこと。何とか荷降ろし出来たようでよかった。
  • 聖岳と手前右手に上河内岳。
  • 一度広い草原に出ます。向こうに上河内岳。
  • 上河内岳頂上:ワンコは疲労していそうだったので茶臼小屋からザックに入れて登りました。結構重いw
  • 上河内岳頂上:かろうじて富士山が雲の上に頭を出しています。
  • 茶臼岳頂上。天気はどんどん下り坂。
  • 茶臼岳頂上。まだ15時前なのに暗くなってきた。
  • 茶臼小屋にてテント設営。ワンコはさっさと寝てますw
  • 夕暮れ時。雲海に山が頭を出しています。この後、翌日下山まで雨が降りました。
  • 翌日下山時に見つけたタマゴダケ。ワンコ巨大化するかw
  • 畑薙ダムの林道まで戻ってきました。遠くに先程渡ってきた畑薙大吊橋。帰りはワンコも自分で橋を渡りきりました。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、コッヘル
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Polarisさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Polaris さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年2月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ