登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
八幡平と裏岩手ミニ縦走 八幡平(東北)
img

記録したユーザー

イケ さん
  • 日程

    2018年9月19日(水)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:田沢湖から国道341号線を北上し、秋田県側の八幡平アスピーテラインを通り、八幡平頂上駐車場へ
    バスターミナルの駐車場は有料(500円/1回)
    100m程岩手県側に降りると無料の駐車場もある。

  • 天候

    晴れ
    [2018年09月19日(水)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

八幡平山頂駐車場(07:00)・・・ガマ沼(07:18)・・・八幡平頂上(1,613m (07:30))・・・鏡沼(07:45)・・・八幡平山頂駐車場(07:55)・・・樹海ライン歩き・・・裏岩手縦走路登山口(08:05)・・・畚岳分岐(08:19)・・・畚岳(1,578m (08:26))・・・畚岳分岐(08:34)・・・諸桧岳(1,516m (09:14))・・・石沼(09:41)・・・前諸桧(1,481m (10:14))・・・嶮岨森(1,448m (10:41))・・・休憩(約30分)・・・嶮岨森(11:20)・・・前諸桧(11:45)・・・石沼(11:56)・・・諸桧岳(12:22)・・・畚岳分岐(13:07)・・・裏岩手縦走路登山口(13:19)・・・樹海ライン歩き・・・八幡平山頂駐車場(13:35)


総距離 約16.0km 累積標高差 上り:約804m
下り:約804m
 八幡平頂上は学生時代に何度か訪れたことがあり、今回は30年振りの頂上でした。立派な展望台ができていて、頂上周辺の状況を見ることができました。
 『ドラゴンアイ』で有名な鏡沼を巡る遊歩道は説明の掲示板も真新しく、登山道もコンクリートなどで舗装され、とても快適でした。
 裏岩手縦走路は、ウイークデイにもかかわらず、十人ほどの登山者とすれ違いになり、人気のコースであることを改めて実感した。
 晴天であったこともあり、畚岳からの眺めは360度見渡すことができ、森吉山、鳥海山、岩手山などすばらしい眺めでした。
 また、前諸桧のピークを過ぎたところからの眺めは最高でした。これから行く嶮岨森や大深岳、そして岩手山へと続く山並みが、一大パノラマとなって目の前に広がってしばし見とれてしまいました。
 嶮岨森には一度下ってからまた登りとなりますが、眺めがすばらしく足取りも軽く登ってしまいました。
 日帰りの登山だったので、そこからまた来た道へと引き返しましたが、いつかは大深岳、三石山、松川温泉までのコースを挑戦してみたいと思って、戻ってきました。

登山中の画像
  • 八幡平頂上駐車場、駐車場協力金500円です。
  • 頂上レストハウスの開店は8時半から
  • 八幡沼 木道の周回コースがあり、高層湿原となっており、6月から7月にかけて様々な高山植物が咲き乱れるとか・・・
  • ガマ沼
  • 八幡平頂上(1,613m)、立派な展望台が設置されている。 周辺は平らで、アオモりトドマツに囲まれており、頂上の表示がなければ、頂上とは思われないようなところ
  • 残雪の頃、”ドラゴンアイ”で有名な鏡沼
  • 裏岩手登山道の入り口 目の前に畚岳(モッコダケ)のピークが見える
  • 畚岳への分岐点 畚岳の頂上へは裏岩手登山道を西側に少し入ったところにある。
  • 畚岳(1,578m)頂上 森吉山、鳥海山などの山並みも見える絶好の天気でした
  • 畚岳の頂上から降りて裏岩手登山道に戻る
  • 石沼周辺はイタヤカエデやヤマウルシなどが色づき始めていた
  • 前諸桧(マエモロビ)のピークから嶮岨森(ケンソモリ)、大深岳方向を眺める
  • 前諸桧のピークを少し降りると、岩手山や八幡平リゾートスキー場方向の一大パノラマが目の前に広がる、しばし、感激で足がしばし止まる
  • 嶮岨森のピーク 八幡平にあっては珍しく、鋭利な岩峰となっている。
  • 嶮岨森のピーク 手前のピークではなく、その奥のピークが嶮岨森の頂上
  • 嶮岨森(1,448m)のピーク 岩手山や森吉山、乳頭山など周辺の山々が見え、すばらしい眺望でした。
  • 前諸桧ピーク
  • 石沼
  • 諸桧岳(1,481m)
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

イケさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

イケ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年2月17日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。